ファミリーブック@ブログ

祈!世界平和!子供達は人類の宝です!!大人たちよ宝を守れ!!子供達の将来には自分の全てを犠牲にするほどの価値がある。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

2015年10月09日

←2015年10月8日 | 2015年10月10日→

全1ページ

[1]

 
今回は連休を利用して愛媛県新居浜市へツーリングして来ました。
新居浜市は結構ツーリングの拠点としても楽しい町であることをPRしたいと思います。
今回のツーリングのきっかけは「新居浜市観光協会http://niihama.info/
HPで5月頃に募集していましたブロガー旅なるものに応募しての訪問です。
さてさて新居浜市って?
 
まずは出発行程ですが走っていこうかと思いましたがなんせ当地の情報が少ないので
探索時間の長く取るために行の行程はフェリーを利用しました。
初めてのバイクフェリー旅行です♪
おあつらえ向きに新居浜東港に朝8:10分到着のオレンジフェリーが六甲より25時出発で出ています。
わたくし普段の仕事が大体22時終了の感じですのでありがたい設定です。
帰宅後に準備をしてママちゃんを乗せて最寄りのインターより神戸六甲アイランドフェリー乗り場へGO!
夜の走行はあまりしないうえに高速だし2人乗りだしちょっと緊張><
しかしすごく空いていて神戸まで景色もすごく良くあっと言う間に到着です。
イメージ 1
こちらのフェリーは運送運搬利用がほとんどのようで乗客は2組だけでバイクはマイNC700S君だけでした。
イメージ 3
待合も仕事の受け付けみたいな感じで飲み物の自販機のみ
イメージ 2
 
ビールやら買い込んで行きましたがとりあえずバイクを乗船させねば行かんのでガマン。
新居浜観光協会より送ってもらったパンフレットなど眺めて時間つぶしです。
沢山あったトレーラなど積み込みが終わり一番最後にバイクで乗船。
イメージ 4
 
明るい感じの船内で食堂もあります。
部屋も一人部屋の予約でしたがお客さん誰もいないので2人部屋をご提供いただきました。
イメージ 5
食堂で軽く鶏のから揚げなど頂き乾杯♪
 イメージ 26
少ししてから甲板に出てみるとなんと綺麗な景色&星空!こんな星空が見たかったのだ!!!
 しかし船は動くし振動あるしで全然上手に撮影できませんでした
イメージ 8
でもめちゃめちゃキレかった♪
しかし明日もあるので程々でZzzzzzzzzzz
 
 
 
明けて翌日。
快晴!!!!
イメージ 6
 
食堂で朝食670円を頂きます
イメージ 7
超お腹いっぱいになりました♪
 
そしていよいよ新居浜東漁港に到着。イメージ 11
 
イメージ 12
まずは港すぐそばのマリンパーク新居浜を散策。
イメージ 9
 
イメージ 10
人口浜や船の係留所やキャンプ場もあります。
イメージ 62
 
イメージ 13
夏に来たら楽しいだろうなぁ〜
 
 
公園などを散策しちょっと早いですが「新居浜観光協会」へご挨拶に伺います
新居浜駅前に観光協会はあります。
駅前全体もあかがねをイメージした配色になっています。
イメージ 14
 
 駅前のビルにある観光協会です
担当の吉本さんに到着のご挨拶しました。
新居浜観光の際は是非情報収集にお立ち寄りくださいませ♪
イメージ 15
 
まずは駅前から近い広瀬歴史記念館へ
イメージ 17
 
イメージ 18
当時の豪商のお屋敷ですね。
観光協会HPより拝借
イメージ 16
中はこんな感じと資料館が一緒になっています。
イメージ 64
 
イメージ 63
広瀬公園と隣接して無料の駐車場がありますので是非一度お立ち寄りください。
 
 
お次は今回のメインの見どころ別子銅山へGO!
イメージ 19
親しみを感じる山根公園
別子銅山記念館が隣にありますが後回しにします。
ここから別子ラインを上がります
イメージ 65
景色の良い気持ちのいい快走路です
 
マインとぴあ別子。
ここは道の駅なんですねェ
イメージ 20
色んな展示やレストランもあります。
イメージ 66
 
イメージ 67
2642万円><
 
イメージ 21
 
イメージ 22
ここから11時にでる1200円也の送迎&解説付きのバスで東平ゾーンへ向かいます。
※この便に間に合わせようと記念館を素通りし後回しにしました
 
ちょっと時間があるので砂金探しをしてみます。
イメージ 23
 いやはや結構おもしろい♪
イメージ 24
結構獲れるしめっちゃ面白い30分600円。ありです!
獲れた砂金や宝石はお持ち帰りOKです!
800円のキーホルダーに詰めてくれました。
イメージ 68
 
そうこうしているうちに11時。
5人以上で運行と言ってましたが満員やん><
イメージ 25
このマイクロバスで30分です。
イメージ 27
ループ橋抜けていよいよ東平へ
イメージ 28
行き違いも厳しい道です。
乗客は皆さんキャー!とか言ってますがいつもの見慣れた水曜ツーリングの道です♪
 
東洋のマチュピチュ到着。
イメージ 29
 
イメージ 69
 
イメージ 30
 
イメージ 31
 
イメージ 32
 
イメージ 33
 
イメージ 34
東洋のマチュピチュは言い過ぎでは無かったです!
ここに当時小学校や中学校があり5000人が生活した!
小学生は最大700人いたそうです。
さらなる鉱脈が見つからないので廃坑になったそうですがこれは凄いですねェ
軍艦島はまだ見ていませんが匹敵するのではないでしょうか?
絶好のお天気に恵まれ綺麗に瀬戸内海まで見渡せる絶景でした。
このあとバスで13時にマイントピアに戻ります。
 
 
 
そろそろ昼食時間ですので一旦新居浜市内へ戻ります。
ランチは予約していた「すし若&旬彩わか」へ向かいます
なんとかランチのラストオーダーに間に合いました。
イメージ 35
定食のランチも美味しいけど
今回のお目当ては「ふぐざく」
10月より提供開始の旬の新居浜名物です
イメージ 36
ふぐの身に皮湯引きに皮はぎの肝を乗せたものです♪
美味しい!酒が欲しいです♪
 
昼食後は別子ラインを再び走りツーリングをしようかと思いましたが記念館に寄って無い事を思い出しました!
 
別子銅山記念館。なんか美術館見たいですねェ〜立派!
イメージ 70
 
イメージ 37
此方でゆっくりと住友のお勉強をして
100周年事業の絵葉書をいただきました。
ここはなんやかんやと長居してしまいもう山には上がらずに「愛媛県総合科学博物館」へ
プラネタリウムで「ハヤブサ」の映画が見たかったのですが間に合わず常設展示を拝見しました。
建物は有名建築家作との事で凝ってましたねェ
イメージ 38
 
イメージ 39
 
 
新居浜観光協会様のおススメはこの辺までとしちょっと街中をビューンと流します。
街の印象はもっとひなびた感じかと思っていましたがやはり住友のおひざ元か割と近代化してすっきり
道路なんかも震災後の神戸のベットタウンの様に整備されています。
駅前も新しく道路もどんどん整備されています。
雰囲気が良いのが湾岸の工場街と漁村の共生でしょうか。
イメージ 40
工場もカッコよく絵になります♪
 
そして今回のお宿の「リーガロイヤルホテル新居浜」
先日も別子の100周年事業の立ち上げで住友化学の米倉会長も来られたそうです。
イメージ 41
駐輪はフロント正面の駐車場をご案内頂きました。
バイクなので屋根付きの所が良かったですが降水確率0%なのでまぁOKです。
 
お部屋は今回7階の特別室フロアのツインのお部屋です
イメージ 42
 
イメージ 43
ゆったりしたお部屋でなかなかくつろげます。
 
部屋からのサンセットの眺め
イメージ 44
 
イメージ 45
 
イメージ 46
部屋からの瀬戸内の工場街
イメージ 47
カッコいい景色です♪
イメージ 49
 
今日の夕食は此方の8階のフレンチ「レストラン シャトウ」でのハーフディナーSP
なぜSPかと言いますと一人5000円の予算でオーダーでハーフディナーにしていただきました
なぜならばホテル以外でも地元の居酒屋などで食事をしたいので♪
イメージ 48
前菜で鯛のカルパッチョ。
この鯛がメッチャ旨い!さすが瀬戸内でしょうか
 
イメージ 50
ママちゃんは早速シャンパンです♪
 
イメージ 51
サツマイモのポタージュ。これも美味しかった♪
 
イメージ 52
大好きパン♪
イメージ 53
 
そしてメインのフィレ&フォアグラ♪
イメージ 54
当然旨いです♪
そしてここでママちゃん赤ワインをオーダー♪
イメージ 55
ギャルソン一押しのフランス産ワイン。いつものチリ産とは一味違います♪
イメージ 56
このパンナコッタとマンゴーアイスのデザートも美味しかった♪
どれもこれも美味しかったです
いつもお世話になる大阪のリーガロイヤルと遜色なし!素材はこちらの勝でしょうか。
 
食後はぶらりと街へ
お昼ロケハンした工場街を撮影します
イメージ 57
 
イメージ 58
そして食い倒れるべくぶらりと街の居酒屋へ
イメージ 59
造り旨し!わたり蟹は季節なのか結構どの店にも置いてました。
イメージ 60
 
イメージ 61
大将とお話してるとこの街は新幹線も無いし、など突飛な話をされていましたが
たしかに無いとある町の事が羨ましいものでしょうか。
でもこの人口12万の街には瀬戸内の海があるし美しき山もあります
ドライブにツーリングにときっと楽しい町です。
課題は今治から松山へ、瀬戸大橋や明石大橋から高松への旅行者をいかに宿泊誘致していくか?かな
難しい課題でしょうが街の魅力をアピールしていけば集客力はあるのではないかな?
なんか街の雰囲気としては浜田省吾さんの歌の世界の様で好きです。
 
 
今回は立ち寄りませんでしたが別子ラインの大永山トンネルの向こう側
「銅山川渓谷」「森林公園ゆらぎの森」「金砂湖」「翠波高原」「新宮霧の森」
ここいらもバイクで走り見て回るには凄くいいと思います。
次回は春にまた花々に会いにお邪魔したいと思います。
 

この記事に

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事