ここから本文です
本厚木駅近くの鍼灸院。あなたの体質を改善し、生命力を高
〜理屈じゃない、目の前の患者さんが良くなることが一番大事!〜がモットー!!

「坐骨神経痛」・・よく運動器系の鍼灸治療は、この坐骨神経痛に始まり坐骨神経痛に終わると言われます(少なくともうちの師匠たちはそうです)。
それくらい患者さんも多く、また鍼灸による治療も難しいのだと言うことでしょう。


発症する原因は様々で省きますが、坐骨神経痛は症候群であり、いわば通称です。


「やった人でないとその痛みや無力感は分からないよ」という患者さん、「痛すぎて伝えきれない・・」と言う方も。


私も坐骨神経痛を治療してきましたが、「肋間神経痛」・「三叉神経痛」とともに、その患者さんの人格さえ変えてしまいかねないと感じたこともあります(-.-;)


「この下手くそ!!もっとうまく治せねえのか!!」
と、いつも胃の不快感と全身倦怠感を治療しているおだやかな患者さんに罵倒されたことも・・(-.-;)

もちろん、治療が進んで痛みがなくなると、この患者さんは元のおだやかな方に戻っていただけましたが・・。
「あんなひどいこと言ってごめんね。もう自分を制御できなかったんだよ・・。」


このような感じになるくらい、坐骨神経痛の患者さんの中には痛みや精神的なツラさを味わう方もいらっしゃるのです(´;o;`)



ポピーのたけが行う経絡治療のはりは、皮膚表面の感覚を大事にします。
皮膚から浅い部分にこそ「治すポイント」があると、修行中から強く感じていましたし、師匠の教えもそうでした。

しかし、例外はどのような分野にでもあり、「坐骨神経痛」のはり治療は、それにあたると考えます。
この症状をなんとかしたいと、理論を研究し、臨床で工夫も重ねました。また、大きな出来事も・・。

そして、はりの深さと方向などについて、ある一定の確信を得ることができたのです(^o^)


もちろん、患者さんは一人一人違います。その体格や脈の状態によって、もうひと工夫を加えますが。


さて、大きな出来事とは(・・?


「たけ」の修行中に、うちの師匠が感冒にかかり、続いてなんと!!坐骨神経痛を発症したのです(*o*;
うそのようなタイミングですが、事実なんです!!


師匠、喜んでるわけじゃないのよ。誤解しないでねm(__)m
でも、申し訳ないのですが、坐骨神経痛を研究中の最高のタイミングでした(^O^)

なにしろ、最高の先生が目の前で、自分の身をもって指導していただけたのです!!
「ここはセオリー通りじゃなく、何段階かに深く鍼を入れて響きを与えろ!!」
「そこは鍼を斜めじゃなく、真下に直刺しろ!!○○にあてるんだ!!」
「そのツボじゃない!!○○の際のツボを狙ってみろ!!」

などなどとまあ、実際の臨床を10人分経験したような感じでした(^O^)

この大きな出来事により、苦心していたことが、一気に解決したこともあるのです!!


「師匠、2週間もかからないで治ってよかったわね!?」


「まぁ早く治ってよかったが、お前喜んでたろ〜!?」


「そんなことないわよ!!もう心配で心配で・・(o^―^o)」


「笑ってるじゃねえか!?しかし、いつもながら嫌になるな〜」


「私はやったことないんだけど、坐骨神経痛って相当痛いのね!?」


「そうだな。お前流に言えば『これがまたツラいのよ〜(´;O;)』って感じだ。」


だそうです(-.-;)


このように、坐骨神経痛については大きな経験と自信があります。

急性でも慢性的でも、坐骨神経痛でお悩みの方は、ぜひ一度ポピーのはり治療を試してみてください(^O^)

この記事に

開くトラックバック(0)

ビックリ!!


昨年9月に頂いた蘭が咲きました!!
イメージ 1
いただいた後に枯れてしまい、もう咲かないかと思っていましたが・・・


東京の桜の開花(3/21)と共に、咲いてくれました〜〜


これでポピーも頑張って行けそうです

この記事に

開くトラックバック(0)


「はりで治せるって、ホントだったのね〜!?」

と、先日また患者さんに言われてしまいました(-.-;)



ポピーちゃんの院内に置いてある「はりの適応症」についてのチラシを見てご来院い
ただいた患者さんなのですが
どうやら完全には信じていられなかったようです( ;∀;)


「だから!!治せるアテもないのに、案内に書いたりしないわよ!!」と、この言葉も何回目かな〜( ;∀;)


この患者さんは、2年以上「更年期障害」という症候群で悩んできた人です。
いろいろな訴えがありましたが、それを一つ一つ解消していきながら、体質の改善が
進んできています。


しかし、2ヶ月もたってからこれですもの・・。最初から信じて、ゆだねていただけ
れば、もう少し早く良くなったかもしれないのにな〜( ;∀;)


この患者さんでも、診療の経過中、何度か繊細なところでモタつきがありました。
やはり、信頼していただけず、ゆだねていただけてなかったのかな〜・・・。


またうじうじと反省しなくては・・・。


と、こんな感じの日記を書こうかなと考えていた、まさに今日です!!

「ホントにはりで治せるんだな〜」
と、ポピーの開院前からお世話になっている患者さんに言われてしまいました
(´;O;`)


「だから!!治せもしないのに、大事な患者さんを治療したりしないわよ〜!!」

「そりゃそうだな。チラシにもかいてあるしな。」

「そうよ!!自分で自分の首を絞めてどうするのよ!?治せもしないのに、案内に書いた
りしないわよ〜!!」


「たけ」の魂の叫びでした・・おねえ言葉で(^o^)
ポピーの診療は、積み上げてきた理論と臨床経験からの工夫を実践するのみです!!

この記事に

開くトラックバック(0)

鍼灸にい来ていただける患者さんは、その多くが慢性化した症状をかかえていられます。
ポピーにも何人かの患者さんに「たどりついて」いただけました(^^)

あっちの病院こっちの病院、この薬あの薬、その他の治療といろいろやってきて、それでもあまり効果がなく、ついに鍼灸にたどりついていただけるケースも多いのです。


経絡治療の鍼灸は、慢性化した症状にも、もちろん効果があります(^^)
ただし、急性症状(ぎっくり腰や急性胃炎など)とは違い、治癒にはそれなりの時間がかかる場合が多いです(-.-;)


何年もかかえている慢性症状を「どれくらいで治せるか!?」と問われれば、「やってみなければ分かりません」とお答えするしかないのです・・・。


5年も耳鳴で苦しんでいた患者さんが、たった3回の治療で治ってしまう場合もあるし、同じような耳鳴でも治癒するまで1年以上かかった患者さんもいるのです。


経絡治療の鍼灸を行っている「たけ」は、その患者さんの脈と経絡の状態で、いろいろな判断をします。
初診のときの状態をしっかり把握して、その状態の変化で患者さんの訴える症状を改善して行けるかも判断できるのです。


また、経絡治療の鍼灸では、その患者さんの脈や経絡の状態を診ることで、自分の診療の良し悪しまで分かります。
つまり、自分の診断が正しかったか、治療法が正しいかが分かってしまうのです(-.-;)


ほぼすべての患者さんで、治療している途中にその脈を確かめます。これを「検脈」というのですが・・。
正直に言いますと、その検脈で自分の治療がわるかった場合、ひそかに治療をやり直しているんですよ〜(´;O;`)

その場で自分の治療の良し悪しが分かってしまう・・。経絡治療の良い点であり、我々には厳しい点でもあります。
患者さんの前で、何度師匠から「何やってんだ!?」という無言の圧力を受けたことか・・(´;o;`)


話しを戻します。慢性化した症状を早急に治癒することができるとは、口が裂けても言えません!!
その診療をしてみないと、脈や経絡の状態をどのくらいで変化させることができるかは、誰にも分からないのです。


人は個体で大きな差があります。ある人が一ヶ月で治癒したから、この人元は言えません。
ただし、治療をしていて良い方向への状態の変化を感じ取れれば、期間は分からずとも「改善できますよ!!」と患者さんにお伝えします(^o^)


このような感じでお伝えするのかな!?

「先生、何年も痛い私の膝は良くなるのかしら!?」

「そうね。今日で4回目の治療だけど、良くしていける自信があるわよ。」

「たった4回で何でそれが分かるの!?」

「そうなの。○○さんの脈と皮膚の状態が変わってきてるのよ、いい方向に!!」
「この変化が大事なの!!」

あぁ、これは実際にあった会話だった(^O^)

この記事に

開くトラックバック(0)


「たけ!!もういいからこっちに帰ってきて、オレの後をやれ!!」


以前から言われてきました。が、冗談まじりで。
でも、今回はまじめに心配させてしまったようです(-.-;)


誰をって!?・・「あの人」です。この前の弱気なブログを見たらしくて・・・。



やっぱり、あまり心の中で思っていることなど、外に出してはいけませんね・・・。
前にも書きましたが、何でもかんでも正直に伝えればいいものじゃないですね・・・反省m(__)m


師匠、ごめんなさいm(__)m まだそこまで深刻じゃないの。
もう少しポピーをがんばるわよ!!よい知らせを待っててちょうだいね(^^)


それはさておき、温かくなってまいりました〜(^o^)


待ち遠しかった春は、自然とからだが動きますが、同時にいろいろな支障もでてきます。
季節の変わり目は、人間の体にとっていずれも要注意ですが、特にこの時期は変調をきたしやすいですね(-.-;)


何もしていないのにだる〜いし、春眠暁を覚えずだし・・なんのこっちゃ(-.-;)
そのほかにも、花粉などいろいろなものが漂ってるし、虫(特にムカデ)は出てくるし・・・。



アレッ!?私は春って嫌いだったっけな〜(・・?
子どもの頃は、いい季節だな〜と思ってた気がするんだけど・・。


あっちこっちに話がいってしまうので、無理やりまとめます(-.-;)


この時期は体が季節の変化に十分な準備ができていません。
以前にも書きましたが、「ぎっくり腰」や「寝違え」、「ねん挫」にご注意を!!


「やってしまった!」と感じたら、早めに治療してください。
我慢して慢性化させてしまうと、ずっとそのつらさが持続してしまいます。

そしてその時、できましたら「ポピーちゃん」を思い出してください(^o^)


また、種々のアレルギーで苦しんでいる方々には、とてもツライ季節ですね(> <)

長年の薬での対処療法や副作用にあきあきした方がいましたら、経絡治療の鍼灸で体質改善を図ってみてください。

そしてその時、できましたら「ポピーちゃん」を思い出してください(^O^)


最後に。古くから日本人て、桜を代表に春を愛でてきましたよね!?
「春霞」・・風情があるはずですが、今はただ埃っぽいだけと感じてしまうのは私だけでしょうか・・(-.-;)


とりとめのない日記でごめんなさいm(__)m

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事