まさみの整備日記

あなたの車 放っておくと 大変なことになりますよ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

LLC その3

メルセデスベンツのクーラントについて



メルセデスベンツに 通常の日本車用クーラントを入れると何故か故障します。
1年ほど経つとウォーターポンプが逝かれるのが多いように感じます。
何故なんでしょう?

これは今までの私の経験でもたくさんありますし、中古車の雑誌にも書いてあるので
統計を取れば 日本車用LLCを入れたために故障した可能性が大きいかと思います。

あるLLC(クーラント)のメーカーに直接訴えたら 「調べたが、そんなことはありえない」と答えました。
しかし、個人で調べると 違いを見つけました!
エチレングリコールは90%以上で同じなんですが 残りの添加物が違うんですねぇ〜

いろいろあるんです、違いが。
日本車にはない温度上昇の早い特性を持っていること(すこしでも早くエンジンを温めるため、メルセデス乗っている人は感じているともいますがヒーターの効き他の車より早く効きますよね〜。)
他にもありましたが忘れちゃいました(^_^;)
ごめんなさいm(__)m


大きな違いを書いておきます。
これはメルセデスだけでなく 日本車に入っているLLCはもちろん
今販売されているすべての車にも当てはまりますので よく読んでくださいね


アミンタイプ(亜硝酸塩と反応すると発ガン物質の変化するためヨーロッパでは 禁止の国が多い) と ノンアミンタイプ(発ガン性の可能性がないもの)があります。

この二つは 混ぜると 変化して すぐにダメになってしまうんです!

アミン・ノンアミンの見分ける方法はありません。
あえて言うなら新品の入れ物に必ず書いてありますのでそれで知る方法しかないです。
すべての車メーカーの純正のLLCはノンアミンです。しかしながら一般に売られているのは両方ありますので補充時にはご注意してください

☆色で分けているから大丈夫と言う人がいますが、それは間違いです!
法律上クーラントには色をつけなくてはならないからつけるだけであって、色には意味はありません。
赤でもノンアミン・アミンが存在しますし、緑色にも両方存在します。ご注意を!
整備士でも知らない人間はたくさんいます。いえ、知っている人の整備士のほうが少ないないはずです。
無知とはいえ そんな整備士に 整備依頼しないようにしてください。(大手の整備工場でも知らない整備士多いです)



LLCは 通常2年毎で交換を!
(但しトヨタスーパークーラント・ホンダeクーラントなど特殊クーラントは省く)

あなたの車のクーラント交換してますか?
新車(十数年前から)のクーラントはノンアミンタイプですよ。
ガソリンスタンドで補充したときアミンタイプのクーラントで補充されてませんか?
車検のクーラント交換のとき 本当にノンアミンタイプを使ってますか?
自分の工場の使っているLLCがアミン・ノンアミンのどちらか知らない整備工場いっぱいありますよ〜

それから
メルセデスベンツは 必ず純正クーラントを使ってください!
高いからケチると 大目玉くらいますよ!
(1本2500円×通常3本 ←純正LLC代のみの値段)


あなたの車 本当に大丈夫?
放て置くと大変なことになりますよ〜

この記事に

閉じる コメント(1)

アバター

誰かこういうブログに質問してくださいな(笑い)

2005/7/21(木) 午後 10:08 まさみ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事