ここから本文です
続・山神のブログ 2
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

書庫長野県

今回も遅らせばながらのアップの温泉です
長野県木曽郡南木曽(なぎそ)町にある 滝見(たきみ)温泉 滝見の家 です
こちら昨年11月に信州物味湯産(ものみゆさん)手形を利用してお邪魔しました
手形についてはこちらを参考に http://www.monomiyusan.jp/
この日午後3時過ぎにお邪魔しました
その直前に電話したところ入浴時間が4時までなので一人かグループなのかを聞かれました
一人だと答えるとどうぞお越しくださいとのこと・・・
グループだと断れたかもしれません・・・
さてこちら以前お邪魔したホテル富貴(ふき)の森(アップ済)と同じ地区にあります
同じ地区(総じて貴畑(ふうきばた)高原温泉郷と呼ぶらしい)にもうひとつ
床浪荘(とこなみそう)があるのですがこちらも手形を利用することが出来ます
イメージ 1
 
が、床浪荘は過去3回お邪魔してるのですがいつも休業中・・・
こちらの露天風呂に入りたかったのですが残念です・・・
(実は昨年10月1日より休業してるようです 本日HPで知った・・・ が〜〜ん
詳しくはこちら http://tokonamiso.com/ )
 
さて以前と同じルートで滝見の家に向かいます
イメージ 2
イメージ 3
 
国道256号 橋を越えて看板のところを左折
そのまま道を行くと二手に分かれています
イメージ 4
 
右に坂を上って行くと ホテル富貴の森と床浪荘 へと行けます
左に行くと目的地 滝見の家 です
道なりにちょっと行くとすぐに到着します
イメージ 6
イメージ 5
 
右手駐車場に車を停め施設へ入って行きます
ちなみにこちら売りは一日一組限定の宿です
イメージ 7
 
あえて部屋にはテレビも時計も置いてないとのこと
わたくしにはそんなこと耐えられないが、その良し悪しは別として一日一組だから
夫婦二人でやっているかと思いきやちゃんと従業員(パート?)の方がみえましたw
駐車場は5台ほどスペースですが満車でした・・・
うん?これは日帰り温泉客なのか・・・?
恐る恐る訪ねてみますw
イメージ 8
 
右手建物が受付らしく中に入り忙しそうにしてみえる女性に声を掛けます
手形を見せハンコをいただくのですが、入湯税100円は別途支払わなければなりません
受付後一旦外に出て左手の建物に伺います
こちらがどうやらお風呂場・客室らしいです(右手建物は主に食事処らしい)
左手建物に入り入口で下駄箱棚に靴を入れます 
イメージ 9
 
いつものようにピンボケ写真です すいません・・・
中には休憩所があり大木で作ったであろうテーブルとイスがあります
その先右手に男湯入口が・・・
男湯に入ると脱衣所は男二人でも狭いという感じ・・・w
イメージ 10
イメージ 11
 
入ったところお客が3人ほどいてとても脱衣なんて出来ません・・・
いったんここはあきらめて休憩所でお客が出てくるのを待つことに・・・
二人ほど脱衣場より出られたので交代で中へ・・・
脱衣所はかごと棚、そして簡単な洗面台のみのシンプルなところです
さっそく服を脱ぎ温泉にGO!
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
 
内湯は浴槽ひとつと洗い場のみです
肝心の湯は41度ほどに設定されているのですが
わたくし的にはそんなに熱くは感じられませんでした
もう窓の外には露天風呂が丸見えですからそちらに行ってみることに・・・
イメージ 15
 
こちらは浴槽ひとつのみ 洗い場はありません
わたくし的にはこちらの方がぬるく良かったです
両サイドを塀で囲まれ前に見えるのは紅葉した木と数本の木々
その向こうに川(谷?)と奥に二段構えの砂防堤防
イメージ 16
イメージ 17
 
堤防を清流が滝のように流れています・・・
ここでふと気づきます・・・ もしかしてもしかしてこれをと呼んでいるんではないだろうな?
まさかこれを滝に擬(なぞら)えて滝見と呼ぶのかい?
いやいやこれは違うよ!あくまでも砂防堤防じゃないかよ!
人工的に作ったの物であってこれを滝と呼ぶにはおかしいでしょ?
う〜〜ん・・・ これを売り物にして名づけたのでしょうか?いやはや不思議です・・・
まあ100歩譲っても前の木々が邪魔です
どうせならこの木々をなくして欲しかった・・・
滝を売り物にするならもっと見えるようにしていただかないとねぇ〜・・・
それ以外は塀越しに見える山の一部しか見えません・・・
まあ紅葉の時期でしたから一応紅葉が見えてはいるのですが・・・
 
後日HP http://www.takiminoie.com/ を見るとやはりこれを滝と呼んでるようです・・・
う〜〜んなんか納得できないような・・・(わたくしだけかもしれませんが・・・)
温泉はごく普通によろしかったのですが、これにはちょっと・・・
人気があるらしくたくさんの温泉客が来るようです
人の多さもありわたくしの採点は 4点 です
でもわたくしが行った時間あたりだと貸切のチャンスもあります
のどかな山の中でひとり温泉に浸かるのは最高です
目の前の滝まがい堤防を流れる清流の音を聞きながらいかがでしょうw・・・
HPにはじゃらん口コミ評価五つ星となってます(宿としての評価だと思われる)
そこからもここが人気のある施設だと窺(うかが)い知ることができますね
結果的にわたくし的にも滝にこだわった(正しくはこだわってしまった)温泉となりました・・・

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事