ここから本文です
続・山神のブログ 2
邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

書庫全体表示

一夜限り山神のブログ2 復活ですw
本来なら新・山神のブログ2はてなブログ)で紹介すべき温泉ですが
今回のみヤフーブログにて紹介します
特別深い理由はありません
強(し)いて言えばこちらのブログの方が実際訪問者が多く、たくさんの方に見てもらえるからです
今回の温泉は是非皆さんにも行っていただきたい温泉です
非常にマイナーな温泉でして、地域の方のお蔭で存続してます
こちらの温泉も廃業したよその温泉と同じく高齢化問題が発生しつつあります
是非とも今後とも存続を願うにあたり紹介させていただきます

長野県下伊那郡阿南(あなん)町にある和知野(わちの)温泉
県道430号 和知野川沿いにある、とても小さな温泉施設です
場所こちら
イメージ 1

イメージ 8

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 3

和知野大橋のたもとにある和知野生活改善センター
公民館のようなこの地域のコミニティセンターの中に温泉があります
イメージ 4

ここを目指すには二瀬(ふたせ)キャンプ場を目安にすると良いでしょう
イメージ 9

イメージ 5

イメージ 6

国道151号からですと炭焼沢(すみやきざわ)大橋のたもとから急坂を下り
和知野川を目指す方がわかりやすいかも知れません 場所こちら
イメージ 10

イメージ 11

さて実は以前にここを一度訪ねたことがあります
こちらに伺ったところ閉まってまして、おや?と思い
近所で地域の方に聞いたところ

月・水・金は休み
基本夕方5時から入浴可能
(当番の人が早ければ4時から可能)
入るとその後4時間は体が暖かい
近くにある川路温泉よりはましだ!w

との情報を得ました
再度時間と曜日を合わせてここを訪ねてみました

ちなみに近くの川路温泉ですが、わたくし以前そちらを廃業温泉・休業温泉にて
ブログ4にて紹介したのですが
イメージ 12

実はこの日、川路温泉のマイクロバスが走っているのを見掛けました
申し訳ございません 川路温泉はまだ営業中でありました
関係各位にお詫び申し上げます

さてこの日時間も早く4時前にはここに着いてしまいました
まだ当然開いているわけもなく、しばし寝て待つことに・・・
寝て起きますと、知らぬ間に車の後ろに軽トラが停まっており
センターが開けられてました
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

センターの裏側からはボイラーの音も聞こえますし
中では当番の方がいそいそと準備されているようです
まだ準備中らしく、しばし再び待つことに・・・
もうそろそろかな?と思い中の方に声を掛けてみました
『お風呂よろしいでしょうか?』
『いや、まだだから中に入って待っててくれる?』
当番の方に正面入り口を開けてもらい、中で待たせていただくことに・・・
イメージ 16

イメージ 17

こたつに入ってしばしお風呂が沸くまで待たせていただきます
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

こたつ部屋の壁にはご近所の方の置き入浴セットがずらり
温泉分析書もちゃんとありました

営業日 火曜・木曜・土曜・日曜のみ(年末年始は休み)
      (お盆期間はその年ごとに休みがあるようです)
料金   大人400円 小人200円
時間   午後5時〜9時

しばし当番の方とお風呂が沸くまでテレビの相撲中継を見ながら歓談ですw
お茶菓子まで用意していただきありがとうございます^^

こちらは平成元年より2・3年前に、この和知野大橋横の駐車場らしきところを
工事の際、掘ったところ温泉が見つかったとのこと
すぐさま温泉を!と思ったそうですが、すぐに枯渇する可能性もあるとのことで
2・3年待って、再度調べたところ自噴が続いていたそうです
ならばと温泉施設をこの場所に造ったそうです
開業当初はこのあたりに温泉も少なく、多い日には100人ほどお客が来たそうです
その時は自噴の量が追い付かず水も混ぜたと言ってましたw
二瀬キャンプ場のお客さんやあちこちからお客さんが来たそうです

月日は流れこの辺りにもいくつかの温泉施設が出来、ここも段々客が減ってゆきます
また開業当初、開業に携わった方々も年々歳を取られ
当番制で管理していたのですが、それも厳しくなり
現在は5人の方が交代で当番をされているようです
(このため営業日が週に4日になったそうです)

こちらは冷泉でして沸かしています
年に灯油代が30万円ほど掛かるそうです

この近所の温泉の話しもさせていただきました
やはり竹下総理ふるさと創生一億円事業でこの近くに温泉がいっぱい出来たそうです
阿南温泉かじかの湯下條温泉昼神温泉茶臼山温泉
天龍温泉おきよめの湯等)
お蔭で近くにあった温泉宿にはお客が減り
また交通の便も良くなったお蔭で、泊り客が減ったそうです
と言うことでこの近くの川路温泉や南宮温泉は閑散となった模様です

この日の前日、昼神温泉に天皇陛下がお見えになられたようで一泊されたようです
沿道の方々は日本国旗を一体いつ用意していたのか?配られているのか?
警備の自衛隊の方々は野営テントに泊まっていたなど
楽しいお話しをこのあと見える当番の方の奥さんともどもおしゃべりさせていただきました

さてそうこうする内にお湯が沸いたようです
こちら玄関側にあるのが男湯 こたつ部屋の奥が女湯です
イメージ 22

イメージ 23

簡素な脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!
イメージ 24

わたくしの予想では小さなステンレスバスがぽつんとあると思っていたのですが
何が!何が!2・3人は足を伸ばして入れる大きなユニットバスでした
ところが入ろうとするとめっちゃ熱いです
当番のおじさん!沸かし過ぎですw
一緒に一番風呂に入ったおじいさんも『これは熱過ぎだ!』と叫んでみえましたw
二人してしばしお湯を混ぜることとなります
もちろん水も入れさせていただきました
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

↑湯温計なんと!58度を指してますw 多分壊れていると思えるのですが・・・
しばし混ぜること・・・やっとどうにか我慢して入ることが出来ました
ほんのり硫黄臭がいたします
一緒に入ったおじいさんは熱すぎるのか?ちょっとしたらもう出て行ってしまいましたw
残念ながらここからは景色は一切ありません
ただただ温泉に浸かるのみです
もっとぬるければ最高なんでしょうが、熱いのが苦手なわたくしには辛かったw
でもとてもいいお湯でした

お風呂の後もこたつ部屋にお招きされちょっと歓談
その後真っ暗となった夜道を帰ったのでした

こちらとてもアットホームな温泉です
他人との会話が苦手な人には向きませんが、ほっとさせていただける温泉です
是非地域の方が守られ続けている内に、一度訪ねて見て下さい
スーパー銭湯や立派な温泉もいいですが、たまにはこんな温泉もいいですよ

なお、シャンプー等はご自分で持ち込み下さいませ

追記
近くの阿南(あなん)町道の駅 信州新野千石平にあった阿南町案内図
イメージ 28

イメージ 29

↑こちらにはちゃんと和知野温泉が紹介されているのですが
隣りにあったメインの湯めぐり街道案内図↓には残念ながら和知野温泉は紹介されてません
理不尽ですねw
イメージ 30


この記事に

  • 顔アイコン

    山神様 温泉探査御疲れ様です。

    ここ全然知りませんでしたよ
    ピンクバーの温泉みたいなもんですかね〜。

    天皇陛下の警護は警察だけでは無くて、自衛隊も居るとか初めて知りました!

    しかし自衛隊テントとか?暑い時や寒い時は大変ですね…。
    キャンピングカーとか、借りたら良いのにね〜。 削除

    [ ザビエル ]

    2016/12/8(木) 午後 10:32

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事