ザ・バスケットボール 〜「走らずのセンター」の重箱の隅

これは、個人的考えなので、全ての人に適用されるものではありません

全体表示

[ リスト ]

捻挫したら

やはり、バスケットをしていると、捻挫は、避けて通れないようです。

そして、捻挫を、軽く考えている人が多いように思います。
                                

足首の捻挫について。

指や足首の関節は、握りこぶしが向かい合った形をしています。

その周りを、靭帯というゴムの束が覆って、固定しているイメージです。

靭帯は、多くのゴムの束だと思ってください。

捻挫すると、そのゴムが、一部伸びたり、所々切れたりしています。

そして、伸びた事によって毛細血管が切れ、内出血をしています。

腫れるのは、この、内出血のためです。

ですから、まずは、この内出血を止めなくてはなりません。

とにかく冷やすのが、原則です。

薬には、血行を良くする成分が入っている場合がありますので、使いません。

コールド・スプレーか、無ければ、水道の水を流しながら、しばらく患部に当てます。

コールド・スプレーのときは、じかに噴くのではなく、靴下の上からとか、
水でぬらしたタオルの上に噴いたほうが、効果的です。

内出血が収まると、痛みも引きます。

もし、いくら経っても痛みの引かない場合は、骨折の可能性もありますので、医者へ、直行です。

あるいは、腫れ以外で、形が違うと思ったら、これも、医者へ直行してください。


痛みが引いたからといっても、直ったわけではありません。

血管は、切れやすくなっていますし、靭帯のゴムは、伸びたり、切れたままです。

ここで無理すると、次に捻った時には、靭帯の制御が利いていませんから、
前以上に、血管が切れますし、さらに多くの、ゴムが伸び、切れます。

靭帯断裂になる可能性もあります。


痛みが引いたら、固定です。

2次災害を防ぐために、固定し、安静にします。

伸縮性の無いテープで固定するのが一番だと思いますが、とにかく、左右に動かないようにします。

そして、なるべく、足の指や、ふくらはぎの筋肉を使わないようにします。

それらの筋肉は、傷めた靭帯に繋がっていますので。

捻挫した時の、あの歩き方は、そういう歩き方です。

まあ、痛くて、あんな歩き方になってしまうんですけどね。


テーピングは、知っていたほうが、いいと思います。

この時、やってはいけない事は、アキレス腱を巻かないこと、同じ所を、2重に巻かないことです。

巻く時には、少しずらして、1回ずつ切って巻くようにします。

これさえ覚えていれば、うろ覚えでも、効果はあると思います。


サポーターは、直りかけの時の補助装具だと思います。

万能ではありませんので、過信しないように。

伸縮性のあるテープも、同じだと思っています。

初期は、伸びないテープで十分だと思います。


私は、医者ではありませんので、責任は持てませんが、経験上、
捻挫はキチンと対処すると、1週間から10日で治ると思っています。


最初の2日は、とにかく安静です。

絶対、無理しては、いけません。

ここで無理するから、癖になったり、長引くのです。

内出血を止めなければいけませんから、風呂は、シャワーですますか、
最低でも、患部を、湯につけないようにします。

お酒もいけません。(中高生は、飲む訳ないか)

唐辛子などの、刺激物も、避けます。

要は、血行を良くする事は避けよう、ということです。


3日目辺りから、内出血して固まった血を、散らしてゆきます。

もう、冷やすのは、終わりです。

今度は、暖めてゆきます。

お風呂につけたり、お酒を飲んだり(飲まない!)、辛いものもOKです。

まあ、無理に食べる必要はありませんが。

ただし、揉んだりの、マッサージはダメです。

また、出血の恐れがあります。


4日目からは、可動範囲を広げてゆきます。

ここでも、無理してはいけません。

せっかく、くっついたゴムが、切れる恐れがあります。

治るスピード以上に、早く治る訳ないのですから、気長にやりましょう。

無理すれば、治りが遅くなるだけです。


6日目辺りから、徐々に、リハビリに、入ってゆきます。

最初は、可動範囲も狭く、回数も少なめです。

次の日から、回数や可動範囲を増やしてゆきます。

この辺は、自分の状態を見ながら、やってください。


そして、8日、9日目から、練習に参加してゆきます。

全てではなく、ハードなチェンジやストップなどを伴うものは、見学です。

この頃から、ピヴォットやサイド・キックも、リハビリに入れてゆきます。

まだ不安なら、サポーターをしておくといいでしょう。

2週間くらいで、全面復帰できると思います。


この間、筋力の低下は、否めないと思いますが、
無理して、治りが遅くなれば、もっと筋力は低下します。

キチンと直すのが、一番の近道なのです。

あせらず、治療してください。


足首は、このくらいですが、ひざの捻挫は20日、腰は1ヶ月以上かかります。

たかが捻挫、ではないのです。


参照

・ケガ              http://blogs.yahoo.co.jp/postmannot/850997.html

閉じる コメント(4)

顔アイコン

いろいろありがとうございます!
試合は1点差で勝ちました!

この記事参考になります〜!

2009/5/5(火) 午後 3:18 [ aki ]

顔アイコン

こんにちは、訪問ありがとうございました。
とてもためになるサイトですねw
これからちょくちょく訪問したいと思います。
怪我とか多いので・・・(苦笑

ありがとうございましたw

2009/5/6(水) 午後 8:47 [ 誠弥 ]

顔アイコン

ホント、すごいですねぇ(Pq*゜v`)。+゜

参考になります感─☆*:;。(○`・∀´・)ゞ★*:;。─謝

ちょっと、ヶヵ゛とか多いもんで・・・
とても、役に立ちます!
ありがとうござぃます♪

2009/12/26(土) 午後 5:23 ☆Yumi☆

顔アイコン

なるほど・・・
原因は内出血だったんですかww
捻挫は5回くらいしてますが
今回したところは
2回目です。
サポーターは付けなくても
大丈夫でしょうか?

2009/12/26(土) 午後 9:42 [ 天竜流牙 ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事