春日井市

すべて表示

アケオメ コトヨロ

新年あけましておめでとうございます。
年末から新年にかけ、何と晴天が続いています。
いっときの夜間降雨などあったものの、かれこれすでに2週間以上にわたり晴天続きは私の記憶にございません。
さらにさらに、11月末の底冷えや北日本の降雪により、スワッ!今年の冬将軍来週は早いぞ!と心していたのが、なんとも肩透かしのぽかぽか陽気の連続が重なっている。
その時に車のタイヤをスタッドレスに交換してしまったことから不平不満を述べているのでなく、過ごしやすいことはいいことなんですが・・・・。
日本は春夏秋冬がまぎれもなく訪れる国。やはり夏は夏らしく、冬は冬らしくあるほうが安心できます。
 さて、昨年末に中部大学との共同研究がスタートした。なぜ大学と?何を研究?と、❓印が頭の周りをグルグルしているでしょう。
実は早めのスタート。学生時代いつもやっていた直前一夜漬け勉強ならぬ手遅れになる前の事前準備なのです。
研究課題は、「廃棄自転車による愛岐トンネル内 エコ通行システムの研究」。
さらに研究参加団体は、中部大学・県立春日井工業高校・名古屋市立工芸高校に我々トンネル委員会の4者による研究会です。当然、高校生が参加、春からは大学教官のほか大学生も参加の予定です。
愛岐トンネルにはたくさんのトンネルが存在しており、現在通行できるトンネルだけでなく、今後通れるようになる(かもしれない)トンネルもあります。
現状では、6号トンネルをテーマに、徒歩ではなく、簡易式ガイドレールを設置して自転車による通行方法の研究を目指しています。2〜3年後には設置する工程を考えていますが、まずは、今年もしくは来年に、中部大学キャンバス内にリニア実験線ならぬ「自転車通行システムの実験線」の設置を目指します。
一難去って、また一難!毎年何か動きがあるのが愛岐トンネルです。決して飽きさせてくれません。
 

.


みんなの更新記事