ここから本文です
Guitars & Beers
大好きな音楽とお酒とラーメンのお話し。 ギタリストの和田アキラさんには特別な思い入れがあります。

書庫GUITAR

趣味のギターについて。

ギター収集が趣味ではございませんので記事は少ないです・・・。
記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

なんちゃってV。

11月29日(日)

晴れでした。

明日は30日。

明後日からは12月っすか!?




さて。

何の幼児じゃなくて用事もなく。

なので昨日の続きを。

はい。

Vくんです。



イメージ 1


まずはトラスロッドカバーを白に塗って。

スプレー缶でしたが、

まづまづの出来。


イメージ 2


方向転換して、

エスカッションは白じゃなくて黒にしました。

ピックガードにキリで穴あけ。




イメージ 3


こんな感じに仕上がりました。



で、弦を貼って。

イメージ 6



フロイドじゃないのでめっちゃ楽〜。



イメージ 4



はい。

一応、

なんちゃってVの完成。



イメージ 5


裏はこんな感じ。


で、早速音出してみたんですけど・・・・。

やっぱ弾きにくい。

Vですからね?

座って弾けない。

指板のスキャロップもそんなには違和感なかったというか?

鈍感なんでせうか?


で、音はちょい硬いかなぁ〜。

ちょっとマルチのセッティング変えなきゃでせうか?


まぁ色々試してから。



今日2曲目。

Micheal Schenkaer


Coast to Coast


このちょっとコモッた感じの歪みが良いわけです。

ワウの使い方もポイントですか?



この記事に

開くトラックバック(0)

11月29日(日)

晴れるかな?

さて。

昨日退院してきたVくん。

Aria ProⅡ FV-650D。

大学の時にはコレと同じ白を使っていました。

30数年ぶり。

懐かしい1本ではあるわけです。


イメージ 3


先に退院したワテクシは部品交換はなく、

不必要なものを取り除いたメンテだけでしたが?

Vくんは、そういうわけにもいかず。


イメージ 4


汚かった指板とフレットを磨いてもらって、


イメージ 6


RearのBill Lawrenceは見た目も好きじゃなかったので、

Pick Upを交換。


イメージ 7



手持ちのSeymour Duncan JB-Jを、

Rearに取り付け交換。



イメージ 5



ヘッドも汚れてまして。

トラスロッドカバーも白に交換したくて・・・。

何店か楽器屋さんを廻ったのですが、

合わない!?

本家Gibsonのものもダメ。


エスカッションも着けたくて、

探したのですが、

これもレスポール用でアーチがついたものが多く、

フラットなものは無い・・・。

取り寄せだと10日くらいかかるらしく?

フラットのエスカッションは、

Frontは黒。

Rearはクリーム色。

コレしか無くとりあえず入手。


イメージ 1


そうだ!!

塗ってしまえ!!

というわけで、

トラスロッドカバーとエスカションはスプレーで塗ることにしました。


イメージ 2


楽器屋でレモンオイル。


つやなし白のスプレー缶、

スプレーが塗りやすいようにヤスリ、

ナットも少し削りたいのでダイヤモンドヤスリ、

そしてエスカッションをつけるためにピックガードに穴を開けるためのキリ。

ホームセンターで買ってきました。



ピックガードを外してFront PUを見ると、

Aria ProⅡ FV-650Dである証しの、


イメージ 8


DiMarzio Super Distortion®

ほんとはコレが2発だったんですけどね?

 

イメージ 10


エスカッションを仮着け。


イメージ 9


やっぱ、エスカッションが着いてたほうが好みだなぁ〜。

良し、今日白く塗って本着け。

ボリューム、トーンのつまみも交換済みです。


指板が普通なら好みな1本になったろうになぁ〜。

ちょいと残念なVくんです。





で、以前に記事UPしました、

Prism Liveでお世話になったLive Huseでいただいた、

ネックはねじれてるわ、ペグは壊れてるわな、

超JUNKなEpiphoneのLes Paul スラッシュモデル。
 

イメージ 11


今日、Pick Upを外してみたら、

 
イメージ 12


なんと!?

FrontはSeymour Duncan 59N?


イメージ 13


おぉ〜!?

RearはSeymour Duncan TB-4じゃぁあ〜りませんか!!


嬉しぃ〜。

PUだけでも儲けものでしたぁ。


また、ギターポチっちゃったら取り付けよっと。


今度は、

メーカーはこだわらずに、

マホガニーボディ&マホガニー普通ネックの

白かワインのVを狙うか。



Flying Vといえばやっぱこの人でせう?

今日の1曲。


Micheal Schenker feat. Graham Bonnet

大好きな曲です。


Desert Song



32・3年前にこの組み合わせのLive見たかったですねぇ〜。

この記事に

開くトラックバック(0)

11月21日(土)

晴れ。

昨日来ました。


イメージ 2


黒のFlying V。


イメージ 3


フロントのPUは、

多分、DimarzioのSuper Distortion。

なので、

AriaProⅡのFV-650Dでせう。



以前の持ち主の誰かが余計なことを2つしてくれてます。



ひとつはコレ ↓


イメージ 4



スキャロップなんてシロモンでは無い!!

素人がやたら滅多に削っただけか?

みたいな・・・。

ひどすぎる。



イメージ 5



そしてリアPUもDimarzioのSuper Distortionであったろうはずが、

PUを交換してまして。


おいおいです。

メンテ屋さんで、

まずはフィンガーボードを綺麗に削ってもらって、

PUを手持ちのSeymour Duncan JB-Jに交換して。


それとも金かけないうちに、

Live Houseにおねがいして委託売りしちゃおうか?

5,000円くらいで売れればいっか。




などと、考える間なく。


今日は、

Prismご一行様をお迎えする日です。


イメージ 1



昨日までに47席中47人の予約が入り、

ワテクシと奥方足したら超満席でしたが、

昨夜遅くに2名キャンセル。

今朝またまた2名キャンセル。

まぁ想定内ですけどね・・・。

当日参加者が少しでも出てくれたら良いなぁ〜。



なにはともあれ今日だっ!!


何事も無く成功しますように!!


今回のTourのOpeningはこの曲のようです。

Prismで、

Sand Of Silence


では良き連休を!!


この記事に

開くトラックバック(0)

11月19日(木)

曇り。

お天気は回復傾向でせうか?



某オークションで、

ついついポチッとな。

って、いうか?


10,000円なら良いかな?

なんて思ってポチッて就寝。


Aria ProⅡのフライングVモデル。

なんと落ちてしまいました。



イメージ 1


交換されてるリアPUはよくわからないし?


こいつは手持ちのSeymour Duncan JB-Jに交換しよう。

エスカッションも着けて。

トラスロッドカバーも白に交換だな。

コントローラーもストラト用に交換してっと。

Michael Schenker 風にしませうか?



なんて考えていたのですが・・・・。


やっちまったかも!?

なんと、

なんと、

なんと!!


ネックがスキャロップ加工!?


マジか〜。

弾けないかもしれない?



今日届くみたいなので。

ちょっと様子を見て。



ダメならHard Offかな。



今日の1曲。


UFOで。


Let It Roll



この黒のVみたいにしたかったんだけどなぁ〜。


この記事に

開くトラックバック(0)

9月19日(土)

晴れ。

昨日、

史上稀にみる最悪だろうなぁ〜な、首相、内閣によって安保法案が可決・・・・。

何をどう考えているのか?

憲法違反?

憲法って、権力を抑えるためにもある。

と習った記憶がありますが。

どうしたモンでせうか?






さて世は白銀週間突入ですか?

今日は理由あってお仕事です。




そんな中、昨日、

ランチをしに@松原街道へ。



イメージ 5


貼ってありました。

Prismポスター。

さ、集客も本腰に!!

な気分になってきます。


で、

ランチは、


イメージ 6


氷メロンミルク・アイスのせ。

コーディネートしたわけじゃございませんが、

かき氷も緑。

タバコも緑。

ライターも緑。


で、ふと?

飾ってあったGuitarをみていると、

オーナーが、

「持って帰る?いらないし邪魔。捨てるのは忍びないし。」と。

「誰かのSignature Modelらしいよ?」。


誰のSignature Modelかはわかりませんでしたが、



とりあえずお持ち帰りしてしまいました。



イメージ 1



Epiphone製のLes-Paulモデル。


ネックがねじれてしまっているらすぃです。



イメージ 2


それに下品なステッカー。


さらに、

ペグは壊れてるし?


イメージ 3



完全無欠。

非の打ち所のないPerfect な Junk。





ところが?


イメージ 4



Pick UpがSeymour Duncanなのですよ〜。


これだけでも儲けモンでっしゃろ?


BodyもMahoganyなのでもったいないんですけどねぇ〜。

Set Neckじゃなければ、

Neck交換といきたいところですが・・・。



で、FBに写真UPすると、

知り合いが、

Guns N' Roses、SlashのSignature Modelだと教えてくれました。


ふ〜ん。

そうなんだ?

でしたけどね。



部品取りでせうか?



とりあえずは?

リペアショップのM Predで相談だ!?





さてさて。

21日はPrism Liveです。

8月1日に行くはずだったLiveには行けなかったので、

久しぶりだなぁ〜。


和田アキラさんは今日、明日金沢でのJazz Streetにご出演。

何やら?松岡直也さんの曲をやるという噂も・・・。

21日に帰ってきてその足ですぐのLiveですね。


万作、治郎さん、チェルさんにお会いできるのも久々です。

楽しみぃ〜。



今日の1曲。

なぜか?

Al Di Meolaで。



Midnight Tango


では良き白銀週間を!!


この記事に

開くトラックバック(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事