ここから本文です
SYMPHONIC SHIPS
Please do not use any images on this site without permission.

書庫その他タンカー

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

本日、横浜ヘリポート周辺から艤装工事中のアフラマックスタンカーを撮影。船首のマークと大きなロゴでわかるように、本船はインドネシアの国有石油会社Pertamina(ペルタミナ)向け。インドネシアの山の名前から命名されているようです。

竣工前なので、まだあまり情報がありません。詳細がわかりしだい、データを追加してゆきたいと思います。(4月25日追記:いよいよ本船のAISが作動し始めました。)

“GAMSUNORO”
IMO:9677313
船籍:パナマ
総トン数:57,081
重量トン:104,280
全長:228.60m
全幅:42.00m
喫水:10.70m
エンジン:-
出力:-
速力:-
タンク容量:-
建造:住友重機械マリンエンジニアリング(横須賀)
竣工:2014年

この記事に

開くトラックバック

イメージ 1

潮流や風によってたえず船の向きが変化する、川崎SBM(Single Buoy Mooring/一点係留ブイシーバース)で揚げ荷役中の本船は、3本のブルーラインが目印のギリシャ・Unisea Shipping LTDのアフラマックスタンカー。

“AQUALEGACY”
IMO:9601833
船籍:リベリア
総トン数:62,908
重量トン:115,764
全長:248.97m
全幅:43.80m
喫水:14.60m
エンジン:MAN B&W 6S60MC-C
出力:13,560kw
速力:15.0kt
タンク容積:129,875㎥
建造:サムスン重工
竣工:2012年

この記事に

開くトラックバック

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

派手!(笑)

“GUI CHI”(貴池)
IMO:9611656
船籍:中国(上海)
総トン数:30,325
重量トン:48,801
全長:184.88m
全幅:32.20m
喫水:12.40m
エンジン:MAN B&W 6S50MC-C Mk8
出力:9,960kw
速力:14.6kt
タンク容量:55,035㎥
建造:Guangzhou Shipyard International/ China
竣工:2012年

この記事に

開くトラックバック

イメージ 1

赤いフォアマストが印象的なMRタンカー。以前は、船名も赤文字だったらしい。オペレーターは韓国のDaelim、船舶管理はNSDMになっています。

“LICHTENSTEIN”
IMO:9428346
船籍:パナマ
総トン数:30,006
重量トン:50,070
全長:183.00m
全幅:32.20m
喫水:13.07m
エンジン:MAN B&W 6S50MC-C(Mark7)
出力:9,480kw
速力:14.9kt
タンク容量:54.610㎥
建造:SPP Shipbuilding /韓国
竣工:2009年

この記事に

開くトラックバック

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

鹿児島の喜入石油基地と横浜根岸製油所の間をシャトルする、スエズマックス並みの輸送能力をもつ最大級のアフラマックス。2月に撮影した「かいもん丸」の姉妹船として建造された最新鋭の原油タンカーです。

このサイズなら満喫水、つまり原油を満タンにした状態で根岸航路に入れますし、タグボートも3隻ですみます。(VLCCの場合は5隻必要)手前にいる白い警戒船は、パシフィックマリンサービスの「みおかぜ」(295トン)です。

「とうきょう丸」(TOKYO MARU)
IMO:9617038
船籍:日本(横浜)
総トン数:66,071
重量トン:120,158
全長:246.80m
全幅:44.40m
喫水:15.44m
エンジン:DU Wartsira 6RTA58-D
出力:12,210kw
速力:14.5kt(最大15.3kt)
タンク容量:142,126㎥
建造:ジャパン マリンユナイテッド(JMU)呉
竣工:2013年5月

この記事に

開くトラックバック

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事