ここから本文です
SYMPHONIC SHIPS
Please do not use any images on this site without permission.

書庫PIL

シンガポールの船社、パシフィック・インターナショナル・ライン(PIL)の記事です。
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

特徴的なグリーンがきれいなRickmersの2,200TEU型。現在はPILの運航で、汎用性の高いギア付きが重宝される東アフリカ航路で活躍中です。

“ANDREAS”
IMO:9152777
ex:CGM RENOIR, ANDREAS RICKMERS
船籍:リベリア
総トン数:26,131
重量トン:30,723
全長:195.57m
全幅:30.20m
喫水:11.00m
エンジン:B&W 7S70MC
出力:20,874kw
速力:20.0kt
TEU:2,230
建造:CSBC-Kaohsiung-Taiwan
竣工:1998年

開くトラックバック

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

なんとなく特徴に乏しいシンガポール船社PILのコンテナ船ですが、マスト、クレーン、ラッシングブリッジなどが黄色で統一されているのがPILの証し。これに青いコンテナがずらっと乗ればPILカラーの出来上がり、ということになるのでしょうけど、欧州航路でもない限り、なかなかそうはいきません。

今回はCKYHの北米航路、China Longbeach Expressでの寄港です。このループ唯一のPIL船ですね。

PILは、八戸市に住んでいたときにもよく見かけた船社さんなので、こうして久しぶりに見られて感慨深いものがあります。

“KOTA LAMBAI”
IMO:9351024
船籍:シンガポール
総トン数:39,906
重量トン:50,596
全長:260.67m
全幅:32.20m
喫水:12.60m
エンジン:MAN-B&W 8K90MC-C
出力:36,560kw
速力:24.2kt
TEU:4,253
建造:Dalian New Shipbuilding
竣工:2008年

開くコメント(10)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

いままで横浜にしか寄港しなかったPIL最大の“L”シリーズ、ちょうど1年前に竣工した新造船が東京に初入港しました。川崎汽船とPILの協調サービスには数種類あるようですが、今回は北米西岸航路(PNW)での寄港でしょうか。この航路に参加している唯一のPIL船が本船のようです。

それにしても・・・共同配船という雰囲気は皆無で、ほとんど川崎汽船のチャーター船状態。PILは青いコンテナが特徴なんですが、この船は赤いコンテナで埋め尽くされています。ただ、MOLとの共同配船で横浜に来る船よりコンテナの絶対数が多いのは事実です・・・。

“KOTA LAMBANG”
IMO:9351036
船籍:シンガポール
総トン数:39,906
全長:260.61m
全幅:32.25m
喫水:12.60m
エンジン:MAN-B&W 8K90MC-C
出力:36,560kw
速力:24.5kt
TEU:4,253
建造:Dalian New Shipbuilding
竣工:2008年5月

姉妹船
Kota Lagu 2006
Kota Lahir 2006
Kota Laju 2007
Kota Latif 2007
Kota Lambai 2008
CSAV Laja 2008
CSAV Lauca 2008
MOL Dedication 2009
MOL Delight 2009
MOL Destiny 2009

開くコメント(6)

開くトラックバック(1)

イメージ 1

1月14日、“MONA LISA”初寄港以外の理由でもこの日はちょっと楽しみでした。Wan-Haiからチャーターしている“KOTA SALAM”(WAN HAI 507)をのぞけば、PIL(Pacific International Lines/シンガポール)最大のコンテナ船“L-クラス”が横浜にやってくるから。

だから何?って聞かれると困っちゃうんですが、多分初寄港だし、4,200TEUの大型船だし、いままでのPILとは違うゾ。これでこのブログにもPILの3つのタイプが揃うぞ・・・などど考えながらシンボルタワーへ。

この“KOTA LATIF”、PIL最大だけあって最近まで中国-欧州航路(FES)で活躍していたのですが、今回は転配直後だったのでしょう。・・・なんとなく予想はしていましたがコンテナがスカスカ・・・!!。これじゃあ大型船の迫力は感じられないかなあ。一応これでも4万トンなんだけどなあ・・・。このタイプは積んでいる時と積んでいない時のギャップが本当に大きいんです。たっぷり積んでるときはこんな感じでなかなかなんですが。

で、今の時期、浚渫船が堤防脇に停泊しているので、シンボルタワーからのお楽しみであるベイブリッジをバックにした船の写真が撮れないんです・・・。で、苦し紛れに左側にぎりぎり寄って・・・こんな写真を撮ってみました。
イメージ 2

次回はもっと積んでるかな?というより、次回ってあるのでしょうか?

“KOTA LATIF”
IMO:9340764
船籍:シンガポール
総トン数:39,906
全長:260.61m
全幅:32.25m
喫水:12.60m
エンジン:MAN-B&W 8K90MC-C
出力:36,560kw
速力:24.5kt
TEU:4,253
建造:Dalian New Shipbuilding
竣工:2007年

姉妹船
Kota Lagu 2006
Kota Lahir 2006
Kota Laju 2007
Kota Lambai 2008
Kota Lambang 2008
CSAV Laja 2008
MOL Dedication

開くコメント(10)

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

PILの新鋭3,000TEU型である“Kクラス”をようやく見ることができました。

PILは最近まで全長200m以下の中・小型コンテナ船のみを運航していましたが、(Evergiftedさんの記事によると、昔は中古船ばかりだったようです)2002年から2003年にかけて就航した2,500TEU型の“Gクラス”(全長214m)で200mの壁を突破し、2005年から2006年には3,100TEU型であるこの“Kクラス”(全長233m)を4隻建造。さらに並行して2006年からは4,250TEUの“Lクラス”(全長263m)も追加されています。本格的な大型コンテナ船がどんどん加えられていっていますね。

なお、日本の新来島ドックはPILの船を大量に建造しており、“KOTA”(コタ)を冠する船だけでも20隻ほど造ってます。

カタチ的にはなんのことはない普通のコンテナ船ですが、船体にロゴがない代わりに、PIL特有のカラーリングである黒と黄色の組み合わせが鮮やかです。PILからはカレンダーをいただいたこともあり、以前から思い入れのある船社だったのですが、なかなかタイミングが合わず、去年は結局一度も見ずに終わってしまいました。

すぐそこに来ているのになかなか見られない、そんな船に出会えるのはうれしいものです。商船三井との共同配船ということで、MOLのコンテナをたくさん積んでいます。

“KOTA KARIM”
IMO:9307425
船籍:シンガポール
総トン数:31,070
全長:233.17m
全幅:32.30m
喫水:11.70m
エンジン:B&W 7S70MCE
出力:21,735kw
速力:22.0kt
コンテナ積載能力:3,081TEU
建造:新来島ドック
竣工:2006年

開くコメント(7)

開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事