教育学者がやってみた、PTA会長日記

教育学者ですが、子育ては素人同然。そんな私がどうしてPTA会長に?!

全体表示

[ リスト ]

書評「PTA再活用論」

 著者は以前この欄でも紹介した『バカ親、バカ教師にもほどがある』で、杉並区立和田中学の藤原前校長とも対談している川端裕人さんです。副題に「悩ましき現実を超えて」とあります。私も超えたいです、その現実。というわけで、最近最も関心を持って読んだ本のひとつです。

 まず本書のタイトルですが、PTAを再活用するための方策が確かに幾つか実践例として提示されてはいるものの、全体としてはPTAに対する著者自身のあるべき論という色調が濃いように感じました。また、同じようにPTA会長を経験しながらも随分と考え方に差があるなあ、とも感じました。

 例えば、作者が何故、PTA加入は任意であるべき、という点に拘り続けるのかよくわかりません。まず序章で述べ、後の章でもまた同じ話題を繰り返しています。ボランティア精神に富んだ人の多い、民度の高い地域(もちろん皮肉です)ではそういう考えもあっていいと思いますが、それほど大事なことなのでしょうか? 少なくともPTA活動の実践という点からは、優先度の低いポイントだと思います。

 某政治家との話し合いというのも(直接対決したというのは敬服しますが)、描写が淡々とし過ぎていて、内容が未消化のような気がします。当初、あれほど対立していた2人(政治家と川端さん)が、最後にどうして和解できたのか。その詳細が語られず、読者は全く置いてきぼりです。その部分をこそ、私たちは知りたいのに。残念です。

 私の最大の不満は、PTA会長として豊富な経験をしたであろう著者が、本書では自分の体験や事実を率直に書いていないことです。「べき論」では世の中動きません。PTA活動を展開する中で、当事者としてどのような問題に出会い、いかに解決したのか。PTAを再考してみようというからには、読者としてそういうことが知りたいわけです。再チャレンジを期待します。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

この本を読んで、一気に視界が開け、楽になり、また、楽しくなった主婦です。

この本のどこを読んで、PTA会長経験者と思うのでしょうか。
どこにも書いていませんよ。
むしろ、母親と同じ「現場」から叩き上げた体験のもとに熟考を重ねて書かれた論考として、感動しました。

また、著書はPTAへの加入任意であるべき、と述べているわけではありません。
任意であるのは事実であるが、それを周知すべきと述べています。

再チャレンジ?
それは、むしろ、教育学者さんに期待します。
あなたには、見えてないことがたくさんあります。

お母さん達がどんな気持ちでPTA活動をしているか分かっていますか?
会長の近くに集まってくる人たちは、比較的今のPTAの仕組みに馴染みやすい人たちです。

けれど、その背後にどれだけの虐げられているお母さん達がいることか!

著者はそのこに気付いています。
教育学者さんは、今のところ、それに無頓着です。

期待していますよ。
なにしろ、教育学を学んだ方なのですから。

よろしくおねがいいたします。

2009/2/5(木) 午後 10:34 [ mko**io ] 返信する

顔アイコン

ははーっ、厳しいコメントありがとうございます! 確かに男の私には見えていない点が一杯あるのでしょう。

1点だけ。著者の川端さんは本書以外にも様々なメディアで同様の主張を繰り返している方で、自ら会長経験者であることは明言されています。

2009/2/5(木) 午後 11:41 カイチョー 返信する

顔アイコン

これについては、誤解ではないか、と今も思っています。

わたしの手元には、この著書が書いたもので、スクラップしてある週刊文春のインタビューでは「本部役員」、朝日新聞の「視点」の記事では「役員」と書いてあります。

「日本の論点」は買っていないのですが、立ち読みした時に「副会長」と書いてあったと記憶しています。

もしも「会長」と明言されている資料がありましたらご教示いただけますか。

2009/2/6(金) 午後 10:49 [ mko**io ] 返信する

顔アイコン

さらに……「バカ親、バカ教師」が、この著者を知ったきっかけだったので、今読んでみたのですが、ここでも「役員」ですね。

でも、会長経験者かどうか、というのをつきつめて議論するのも変な話かもしれませんね。

わたしが、とにかく言いたかったのは、この著者の資質は、会長をやった、というふうな事実があるかないかにかかわらず、「現場」から叩き上げて、議論をしてくれている、ということです。

会長にとって役立つ情報があるかどうかはわかりません。
わたしも会長はやったことないですから。
「役員」はやったことがありますが。

その意味で、ひょっとすると著者と似た経歴を持っているために、共感しているのかもしれません。

2009/2/6(金) 午後 10:55 [ mko**io ] 返信する

私もこれ読みました トラバします

2009/7/8(水) 午後 4:40 naomi_shararan 返信する

顔アイコン

ナオミさん、はじめまして。ありがとうございます。今後ともよろしく。

2009/7/8(水) 午後 10:00 カイチョー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事