ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2
【画像】初のオープン戦で4回無失点に抑えたブキャナン。



5回裏
伊志嶺 1死満塁の3-1から押し出しのフォアボール【ロ1-0ヤ】
鈴木 1死満塁の0-1からセンターへの犠牲フライを放つ【ロ2-0ヤ】
6回裏
江村 1死1,3塁の3-0からタイムリーヒット【ロ3-0ヤ】
8回裏
加藤 1死満塁の2-1からレフトへ2点タイムリーツーベース!【ロ5-0ヤ】


スワローズのスタメン
1(遊)大引啓次
2(中)坂口智隆
3(左)鵜久森淳志
4(右)雄平
5(指)畠山和洋
6(一)グリーン
7(三)西浦直亨
8(捕)中村悠平
9(二)谷内亮太
先(投)ブキャナン

マリーンズのスタメン
1(右)荻野貴司
2(左)伊志嶺翔大
3(二)鈴木大地
4(指)パラデス
5(三)ダフィー
6(一)高濱卓也
7(遊)中村奨吾
8(捕)田村龍弘
9(中)岡田幸文
先(投)スタンリッジ



オープン戦3連勝で貯金1となりチームも上向き始めたところでした。
この日は7勝1敗1分とオープン戦絶好調のマリーンズが相手でしたが、結果的には相手の勢いばかりが目立ってしまったようです…。
まあさすがオープン戦首位と言いましょうか。
この時期の結果についてはさほど重要視はしないことにしましょう。


ただ2回無死1塁ではグリーン、4回無死1,2塁では雄平がそれぞれ併殺打に打ち取られ、5回も無死1塁で西浦の二直でグリーンが飛び出して戻れずにやはり併殺となり…。
しかもこの3イニングはいずれも四球で出た走者で、先制点のチャンスをことごとくつぶす形となりました。
そうしているうちにその裏に2番手の村中が崩れて先制されています。
この日のチームの安打数もわずか2本です。
連勝中も決して打線がつながっていたとは言えません。
確かに山田、バレンティンがWBCで抜け、川端がケガのために不在というのはありますけど、果たしてそれだけを理由にしてよいのでしょうか…。
(夜に山田が2HR3打点で大活躍し復調を感じさせたことが、この日打つほうで唯一の明るい話題だったと言えそうです。)


また投手陣では2番手で登板した村中が5回から登板して2回3失点、4番手の中澤が0.2回2失点…。
記事のタイトルはちょうど1週間前の甲子園での試合記事を拝借したものでもあります。
またまた左腕2人でチームの全失点を記録しました。
しかもやはりどちらも四球が絡んでのもので…。
その前回の3回7失点に続いて今回の中継ぎ登板で結果を出せなかった村中はもちろんながらも、前回よかった中澤も崩れたのも残念でした。
しかもどちらもドラ1でもう若手とは言えないです。
「また貴重な左腕がダメなのか」とも思うと余計寂しさが増します。
あまり助っ人をとりすぎてもよくありませんが、左腕の外国人は1人はとっておいた方がよかったのではないでしょうか。
左投手の層があまりにも薄すぎますね…。


ただそんな中でまた先発候補が好投しました。
オープン戦初登板でもあった新助っ人のブキャナンは4回無失点。
奪三振はわずかに1ながらも、被安打2、四死球1にとどめ球数はわずか44球でした。
「去年のデイビーズのような軟投派」というような声もブキャナン入団時には聞きましたが、球速はこの日最速149kmで140中盤も多かったようですね。
それで四球で大崩れしないタイプでこの日のような投球をされたら、オーレンドルフと同じく期待そうです。


問題なのはオーレンドルフに同じく新助っ人の守護神候補のギルメットに、そして2年目となるルーキに、野手のバレンティンとルーキ。
軒並み助っ人が好調でも助っ人枠の問題がどうしても付きまとってしまうことでありますが…。
一時期のカープみたいに助っ人枠争いも活発というのが理想でしょう。
そうなるとあのバレンティンでもちょっとでも緩慢なプレーや不調に陥るようだと1軍安泰とは言えなくなるでしょうから(笑)
ブキャナンも日本で成功してくれることを願います。
その他3番手のドラ2星は課題の四球を出さなかったのはよかったと思います。
明日はようやく神宮でのオープン戦となりますが、今日みたいな試合にならないことも合わせて願うばかりであります。



【順位表】スワローズ 5位:9試合4勝4敗1分 勝率.500
イメージ 3

イメージ 4




【最後に】当ブログをご覧いただき、心より感謝申し上げます。
よろしければ、
「訪問の証」にブログランキングのクリック(↓)お願いします!

 
 


もう一つ、よろしければこちらもお願いです!(↓)

 
 

この記事に

  • アバター

    puroさん、おはようございます♪
    YouTubeでブキャナンのメジャー時代の動画を観ましたが、ツーシームとチェンジアップで打たせて取るタイプとみました。
    その手のスタイルは制球力の良さがあってこそですけど、その点についてはだいじょうぶそうですね^ ^

    それにしても、村中と中澤は…
    今年も左投手の層の薄さに悩まされそうで。
    早くも今シーズンオフの補強ポイントが露呈した感じがします(苦笑)

    yossuy

    2017/3/15(水) 午前 7:05

    返信する
  • 顔アイコン

    村中くんもいつまで経っても世話の焼ける子みたいですね(^^;
    本来ならとおに石川から「左腕エース」を奪っていてもかしくないハズなのですが…。

    昔から外国人獲るのはうまいですね。ブキャナンも戦力になる…いた中日にとって天敵になる可能性が大ですな(笑)。

    哲人くん、WBCを経てさらに大きくなって帰ってくるかもしれません!!><

    ナックル

    2017/3/16(木) 午前 0:07

    返信する
  • 顔アイコン

    よっすぃーさん、おはようございます。
    ツーシームとチェンジアップですし、カープのジョンソン並にやってくれると面白いんですけどねぇ(笑)
    まあそこまでは出来すぎとしても、自滅する可能性が低いというのはやはり見ていて安心しますし。
    左投手については本当に石川だけになりつつありそうで…。
    寺島に頼るのはまだ早いでしょうし、なんとか現状の中から一人でも出てきてくれるといいんですが。
    こうなると余計成瀬の補強は何だったんだ?ってなってしまいますけど…^^

    puro

    2017/3/19(日) 午前 5:40

    返信する
  • 顔アイコン

    ナックルさん
    やっぱ制球に難がある投手は、歯車が狂いだすとこうなってしまいがちです。
    村中は球威が持ち味ですけど、それも消えかかりつつあるとなると…。
    ドラゴンズに強いかどうかまでは何とも言えませんけど、カープやジャイアンツにも通用する投手になってくれれば…と思います。
    少なくとも去年のデイビーズよりかは期待していますが(笑)
    山田は去年の死球以降あまりにも不調期間が長すぎました。
    ちょっと時間はかかりましたけど、よいタイミングで復調してくれましたね。

    puro

    2017/3/19(日) 午前 5:41

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事