FPVレーシングドローン〜目視外飛行申請書の原本送付依頼 

前回の「修正依頼」のつづきです

2月7日(火)にメールが来ました

修正ページの送付が4日(土)でしたから、週明け6日(月)に受け付けられたとして、翌7日(火)にはお返事をいただいたことになります

文面

●申請書原本送付依頼「国土交通省航空局」【整理番号:11824-C】

あにやん 様
お世話になっております。
ご申請頂いた件について、審査手続きを終えましたので、お知らせ致します。

つきましては、申請書の原本一式を以下の宛先まで郵送してください。
※点線部分を切り取ってご活用ください。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
| 〒100-8918              |
| 東京都千代田区霞が関2−1−3    |
| 国土交通省 航空局 安全部 運航安全課  |
| 無人航空機審査Cグループ 宛     |
|                    |
| 整理番号:  11824       |
| 調整済み申請書在中          |
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<郵送の際のお願い>
1.申請書の日付(申請日)は、「平成29年1月24日」であることをご確認ください。
2.申請書所定の箇所に押印してください。
 (【申請書1頁目】及び【無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書】)
3.当局が修正を依頼した箇所以外は修正を行わないよう、お願い致します。
4.宛先とともに、本メールの件名に記載されている整理番号、及び、「調整済み申請書在中」とお書きください。
  また、返信用の封筒(宛先を記載し、簡易書留分の切手を貼ったもの)を同封してください。
 (郵送申請等で既に返信用封筒を送付済みの方は再度送付頂く必要はありません)
5.簡易書留により送付致しますので、通常郵便料金(定形内封筒なら82円、定形外封筒なら120円)と
 簡易書留代310円分相当の切手を貼って頂きますよう、お願い致します。
 (簡易書留分の310円の切手のみを貼り、料金不足となるケースが多発しておりますので、ご注意ください)
6.許可承認書に誤記がありましたら速やかにご連絡頂けると幸いです。直ぐに修正致します。


申請書原本が届き次第、許可承認書の原本を返送いたします。
それまでの間は、添付の許可承認書の写しを携行して飛行させてください。

なお、申請書の原本の送付がない場合、正式な申請と認められず、
許可が取り消される場合がありますので、ご留意ください。

 ★ご案内★
 ・飛行後の飛行実績報告については、実績報告アドレス:<hqt-mujinki.jisseki@ml.mlit.go.jp>
  までお願い致します。

 ・新規の申請及びお問い合わせについては、受付アドレス:<hqt-jcab.mujin@ml.mlit.go.jp>
  までお願い致します。

お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

*******************
国土交通省航空局安全部運航安全課
無人航空機審査Cグループ
電話:03-5253-8111 内線:50157、50158
E-Mail:<hqt-jcab-shinsa-c@ml.mlit.go.jp>
*******************

以上です

とても親切で、丁寧な文面です
・・・お互い、少しでも早く手続きを終えたいですから、たいへんありがたいです


そして、文面にあるように「許可申請書の写し」が添付されていました

写しはPDFですが、原本が送付されるまでは、写しを携行すれば飛行可能と言うことです

つまり、この時点で「目視外飛行が許可された」ということになります

1月24日(火)に申請書を送付して、2月7日(火)に許可をいただいたので、
足かけ15日間で申請・許可ということになります


イメージ 1

もちろん、速攻で申請書原本を印刷し、指示通り簡易書留で送りました

イメージ 3


原本は、2月12日(日)に簡易書留で無事到着しました〜


イメージ 2



以上で、長らく続いていた「FPVレーシングドローンへの道〜野望編」全巻の終了・・・となります

次回から、「FPVレーシングドローンへの道〜実行編」に・・・進みたいです


.


みんなの更新記事