ピタゴラ装置のブログ

週末は、MOTOGUZZIとDトラッカーで出かけましょう!
物凄く久々の投稿ですが、生きてます。
そして、バイクも以前と同様のペースで乗っており
愛車MotoGuzzi V7Racerも、現在60,000km!

イメージ 1

目指せ100,000km!!
あと地球一周ですね(笑)

--x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x--

さて、最近周りではキャンプブームのようなものがきております。
しかし、用具の無い人も多いので、まずは外に泊まろう!
ということで、コテージ泊のキャンプツーに行ってきました。
2日間のルートはこんな感じ。

イメージ 2



今回のグッツィは旅仕様!
ホムセン箱+モトフィズのツーリングキャンプバッグ2に銀マット装着!
V7Racerにこの装備をする人は、なかなか居ない!?

イメージ 3



道の駅あしがくぼと、富士のほうで
群馬、埼玉、東京、愛知組と合流し
総勢12名でキャンプ場を目指す。

イメージ 4

イメージ 5

メーカも車種もバラバラ。
ハーレー2台、スズキ2台、ヤマハ3台、ホンダ2台、カワサキ1台、トライアンフ1台、モトグッツィ1台。
翌日は、カワサキ1台とヤマハ1台追加!
オフロード、クルーザー、メガスポーツ、SS、ツアラー、ネイキッド、カフェレーサー・・・。
毎度の事ながら、面白いメンバー!


マックスバリューで肉と酒を買って、本日の宿である
PICA富士西湖へ。

イメージ 6

今回の目玉は、モンゴルの住居である「パオ」に宿泊できること!
思ったよりも中は広く、快適そのもの。

残念ながらドンチャン騒ぎの写真は無し。
毎回思うけど、最も楽しかったところって何故か写真や動画に残っていない・・・。
でも、そこがいいのかも?(笑)



イメージ 7

夜は枕をつき合わせ、夜が更けるまで語り合う。
なんだか、大人の修学旅行みたい!
楽しい!!


--x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x----x--

翌日も天気は晴れ!
強烈な晴れ男が居る模様!?
一体誰かな?(笑)

イメージ 8



富士山もくっきり見える、すばらしい天気!
暑くなる前の、梅雨の合間のひと時。

イメージ 9



なんだかんだで初めて食べる、富士宮やきそば。
「まごころ」というお店で、目玉焼きトッピングの大盛り注文!
魚粉がかかっていてうまし!

イメージ 10




近くにあった、若獅子神社。
戦車兵の供養のために建てられたものだそう。
大変手入れが良く、想いが伝わってくる神社でした。

イメージ 11




食後の運動でワインディングを走り、高速でズバッと帰宅!

楽しい気分でツーリングが・・・・

と、今回ばかりは終わりませんでした!!





イメージ 12

グッツィのシフトペダルのリング部ボルトがせん断!!
足ではシフト操作できなかったので、まさかのハンドシフト(^^;
2速ホールド状態でバイク屋まで30km・・・!
なんとか営業時間中にたどり着きました。


これまで、走行に支障を及ぼすことは無かったので
グッツィ購入以来の最も大きな不具合かも??


たいした部品じゃないけど、早く治って欲しいな〜!




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

http://blogs.yahoo.co.jp/wtydf801/34583430.html

友人のハーレーが盗難にあいました。
見つかる可能性は低いかも知れませんが、拡散をよろしくお願いします。

以下、情報です。

イメージ 1





6月23日 20時〜6月24日 6時

群馬県太田市宝町
のアパート

ハーレー ダビッドソン
XL1200CB リミテッド

平成 26年式

ナンバー
群馬け9309

よろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(3)

 
日曜日の朝。
 
 
平日よりも大分遅めに起床するも、布団の誘惑に勝てずゴロゴロ。
とは言っても、眠い訳でもない。
寝返った時、視界に飛び込んできたライダーの法典
「ツーリングマップル」を、徐に手に取る。
 
 
現在、10時ちょっと前。
これから準備して日帰りできる場所を探す・・・。
目に入ったのは、以下3つ。
 
 
 ①、落差30mの黄金の滝が圧巻! 『竜ヶ岩洞』
 ②、静岡を代表する美しい棚田 『久留女木棚田』
 ③、浜松市街と遠州灘を一望 『滝沢展望台』
 
 
流石、ライダーの法典。
見れば見るほど、信じれば信じるほどに
見所を紹介してくれます!
有難や有難や。
 
 
 
〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜
 
ルートはこんな感じ。往復でも、ざっと200kmちょい。
 
イメージ 1
 
行きは左から出発し、行きは北側のルート。
右側の見所を堪能して、新党名→東名で帰ります。
 
 
 
ウォーミングアップは、先週も来たような気がする
R301→作手手作り村。
 
イメージ 2
 
今日はいっぱい居ますね!
家族連れも多く、フランクフルト屋さんは大繁盛!
ガッチリサンデーです(笑)
 
 
皆さんの流れに便乗して、フランクフルトを食べたら
本宮山スカイラインで食後の運動。
一人なのでのんびりペースです(笑)
R301→県道68号へ入り、竜ヶ岩洞を目指します。
 
イメージ 3
 
三ケ日周辺は、みかん畑があるので背の低い木が多い景色になってます。
清々しい気持ちになれるので、結構好きですね。
ちなみに、ここまでの道は良かったですが・・・
この先からは、道幅狭く苔生す、所謂「険道(けんどう)」となりました。
 
 
 
なんやかんやで、第一目的地の「竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)」に到着。
 
・・・したのは良いんですが・・・実はここ来たことがあったって事に
着いてから気づきました(笑)
なので、立ち入らずに華麗にスルーします(笑)
 
 
 
第二目的地は、久留女木の棚田です。
R257→県道47→県道359→県道299と進みます。
ちなみに、この県道299は、舗装が綺麗で凹凸も無し。想いがけず良い道でした!
 
イメージ 4
 
美しい!
 
ここへ来るための案内板は、文字が擦れた「←棚田」が1個あっただけで、
物凄くわかりづらい場所にあります。
折角、1999年に農林水産省が全国134地区を「棚田百選」に選んだのに
そしてそれを今も連綿と維持しているのに・・・ちょっと勿体ない気もします・・・。
 
一部、機械化されているのかもしれませんが、決して効率は良くないでしょう。
物凄くマンパワーが必要そうなのも、素人目に伝わってきます。
「日本の風景として棚田を守るべきだ!」と、軽い気持ちでは言えません・・・。
 
 
 
第三の目的地は、滝沢展望台。
これもまた、民家の中を抜けていく、とてもわかりづらい所にあります。
「展望台」の看板も小さいのが一つだけ。
静岡の名所は、あまり観光して欲しくないのかも?
 
イメージ 6
 
到着したのはここ。
新東名高速道路の浜松サービスエリア付近から見える
大きな風力発電設備。
その風車の足元が、展望台となっているのでした!
 
 
 
イメージ 5
 
ちょっと湿度が高いのか、景色は霞んでます。
斜めに通る灰色の直線が新東名高速道路で、その先が浜松市街地と太平洋です。
 
お役所の人が、地図に定規で「ここに高速道路を作ろう!」って線引いたら
きっとこれが出来たんでしょう(想像)。
 
 
 
棚田にも、高速道路にも言えるのは
ものづくりを支える現場の人は凄いってこと。
ものをつくり、維持するってのは、言うは安しですが
「やる」のが如何に大変かってのは、想像に難くないですね。
そして、決めた以上は遣り通す。
そういう、一人ひとりの地道な努力が見えた気がします。
 
 
しかし、小さな島国だと思ってた「日本」って場所は
観る場所が一杯ですね!!
 

この記事に

開く コメント(1)

ブレーキフルード交換

昨日の浜松うなぎツーリングの帰り。
湾スカを下ってみんなと合流したときのこと。


ビビリながらブレーキ多用して下ったせいか、みんなと合流したくらいでフロントレバーの手応えがフワッと怪しい(笑)
もうすぐ3万キロ、そろそろ消耗品の面倒を見てやる時期が来たようです。


思い立ったが吉日、雨の上がった夕方から作業開始!
以下、備忘録。
※これ見て真似する人も居ないと思いますが、やる場合は自己責任でお願いします。


【用意するもの】
・8mmスパナ(フロントドレン用)
・11mmメガネ(リアドレン用)
・プラスドライバー(フロントリザーブタンク用)
・ウエス(液ダレ防止用)
・DOT4ブレーキフルード
・燃料チューブ(Φ4×Φ7)
・シリンジ(今回は30ml、大きい方が楽かも)
・適当なペットボトル(廃油用)
・パーツクリーナ(整備のお供に。)


【やり方】
1.キャリパーのドレンキャップを外す。
2.ドレンボルトにメガネレンチを装着、シリンジと燃料チューブを取り付け。
3.リザーブタンクにウエスを巻き、蓋とダイヤフラム(ゴム)を外す。
4.リザーブタンクにフルードを注いでおく(エア咬み防止)
5.ドレンを軽く緩め、レバーを握って古い油を押し出す。
6.タンクの液面がMINよりも下がったら、ドレンを締めてフルードを足す。
7.上記5と6を繰り返す。シリンジが一杯になったらペットボトルへ捨てる。
8.終わったら、蓋を戻してネジの緩みを再確認。ドレンのキャップを戻す。
9.ブレーキタッチを確認。問題が無ければバイクを押して、引きずりとタッチ確認。



ふう、一杯書きました(笑)



イメージ 1


今回はWAKO'SのDOT4オイル。
DOT5.1に近い沸点特性なので良しとしましょう!




イメージ 2


麦茶が出てきました。
コーヒーじゃなくて良かったです(笑)
DOT4は吸湿性が高いそうなので、風雨に
曝されるオートバイは早めの交換が必要ですね!



イメージ 3


最後に虫と2stオイルを洗い流して終了。
試走はまた今度。

この記事に

開く コメント(2)

浜松うなぎツーリング

 
前半からの続き。
 
【前回までのあらすじ】
本宮山スカイラインを走り、うなぎを頬張ったメンバーは
心身共に満足してし、うなぎパイファクトリーの見学は
華麗にスルーすることにしました(笑)
  ↑
前半の長い記事は、3行でまとまりました(笑)
 
 
 
〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜〜〜**〜〜
 
さてさて、満足しましたし、R1→R23を通って帰りますか〜〜
でも、明日は雨だしもう少し走りたい!?
うーん・・・じゃあ、「三河湾スカイライン(通称:湾スカ)」へ行きましょうか!
 
イメージ 1
 
結局、またもやワインディングです(笑)
 
 

R1はバイパスになっており、高架から海を眺める事ができます。
うなぎの余韻を味わい、海を見ながらののんびりツーリング。
 
 
 
・・・なのは、湾スカへ入る前までの話!
 
 
 
さて、集中力を高め、食後の運動です(笑)
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
※写真はイメージです。
 
イメージ 4
 
湾スカは、愛知の東側から近いお手軽ワインディングですが
路面状況が良くはないのが難点。
場所によっては、路面が苔生してイトオカシになってます(笑)
雑草の成育もよく、車幅の半分を占拠しているところもちらほら。
 
今回はランニングしているオッチャン(!?)やチャリダーも居ました。
車両で走るときは気をつけてください!
 
 
 
 
イメージ 5
 
最後は、「道の駅筆柿の里・幸田」でまた休憩(笑)
ソフトクリームを食べながら夕焼け空を眺め
ダベリングをして解散。
 
 
 
下道オンリー200km、ワインディングが2つもあり
なかなかボリューミーなツーリングとなりました。
 

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事