巡礼倶楽部 <にっぽん巡礼改め/エキゾチック・ジャパン見聞録>

☆東日本大震災の被災者の方々が笑顔を取り戻されるまで、共に末永く応援し続けましょう。

全体表示

[ リスト ]

@群馬・みなかみ町月夜野(旧月夜野町)

「矢瀬遺跡」〜縄文時代後期〜晩期の集落跡なり〜

旧:月夜野町(現:みなかみ町)は、遺跡の宝庫のようです。
『深沢遺跡配石遺構』・『梨の木平敷石住居跡』 については
既に取り上げましたので、今回は、『矢瀬遺跡』 の紹介です。

イメージ 1

矢瀬遺跡(やぜいせき)

道の駅・矢瀬親水公園として整備されています。駐車場からトンネルを抜け出ると、
集落を再現した広場に出ます。まるで縄文時代にタイムスリップしたかのような演出です。
トンネル内には土器が幾つか展示(写真)されていますが、この遺跡からの
出土物(遺物)は、すぐ至近の 「月夜野郷土歴史資料館」 に保管されています。
「深沢遺跡配石遺構」 や 「梨の木平敷石住居跡」 と併せて見学するとよいでしょう。

―国指定史跡―

・指定年月日=平成9年3月17日
・所在地=利根郡みなかみ町月夜野矢瀬
・種類=集落跡
・時期=縄文時代後期〜晩期
居住域(住居群)
祭祀場域(立柱群・祭壇)
水場作業域(水場・石敷・水路)
墓域(配石墓群)
概要

先人たちの生きた証・・・

この遺跡は、平成4年に発見された縄文時代後期半ばから晩期末(約3500〜2300年前)のムラの跡で、

上毛高原駅の北東に位置し、標高約393メートルの地点に立地しています。

矢瀬遺跡からは、縄文宗教によるお祭りを行う場所を中心に複数の家屋、墓地広場、そして水汲み場や

共同作業など5000平方メートル内にコンパクトにまとまったムラが発見されました。

その中で全国唯一の四隅袖付炉(ヨスミソデツキロ)、巨木柱列(キョボクチュウレツ)、三つの立石と特殊な石敷による

祭壇、水路と立石列を伴う水場など大変貴重なものが見つかっています。

また、土器群や石器類、装身具及び呪術・祭祀用具など、膨大な数量の遺物も出土。

特徴として、人面や目の字を表現した土器、特殊な香炉形土器、2000点を越える石鏃(ヤジリ)、人物などを

描いた線刻石(センコクイシ)、細長い管玉(クダタマ)、クリの木を半裁したり溝を加工した太い木柱根、

アスファルト状の接着剤が付く石鏃、ヒスイの勾玉(マガタマ)、岩版(ガンバン)、三波石の石棒(セキボウ)

同じく三波石の石剣(セッケン)、黒曜石製の石器など貴重な遺物があげられます。

このように矢瀬ムラは、生活の糧を目前の川と背後の山に依存し、独特な空間デザインで計画的に創り出され、

地域の中核として発展しました。しかし、縄文文化の衰退とともに消滅、埋もれてしまいました。


☆矢瀬遺跡に関しては下記のサイトが詳しい!
【矢瀬遺跡】→*→ http://www2.odn.ne.jp/mcr/yaze/

☆アクセス →*→ JR上越新幹線上毛高原駅から徒歩10分

   http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/80/42/qazxswedcvfr2004jp/folder/1471387/img_1471387_41138771_16?2007-01-30

この記事に

開く コメント(19) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(1) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事