大人の水遊び(岐阜市近郊の沢登り)

「家族に迷惑をかけない」奥美濃の沢登り
イメージ 1
morningパパッと散歩」のスタートは
チャージ&新鮮野菜のゲットから。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
下のほうがムズムズ

イメージ 6
サンライズだって拝めるさ。

イメージ 7
踏み跡を無視して少々の藪を突入すると、
ロープアトラクションだってできる

イメージ 8
短くても、ピリッと気持ち良い朝。時計と反対回り
イメージ 9
290325(晴)0618駐車場発−(西岩尾根経由)−0715稜線−(沢経由)−0741駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
鏡岩谷の前哨戦。
イメージ 2
いい朝になりそうだ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
これが、サンダルで登れる市民の金華山だろうか。

イメージ 8
快適なクライミングの後は、直登不能な大滝。
下るなら、懸垂下降。
こうじさんは右岸の藪岩に突入。
僕はもう少し左へ。するとリッジ。
落ちたら長良川へドボンできそうな、

イメージ 9
怖楽しさと高度感で目が眩み、写真撮れず。

イメージ 10
谷を抜けると、春の風。
気持ちと身体がピリッと引き締まる。
イメージ 11
PKAPは金華の季節にしましょうか。時計回り
イメージ 12
290320(晴/水量なし)0624河川敷駐車場発−(かじか谷経由)−0740めい想の小道合流−0808金華山peak0850駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

三峰山のハイキング

地元の方の整備に感謝しながら。
イメージ 1
ミモザ。

イメージ 2
今日は日の出に間に合う。

イメージ 3
帰りは違うルートで。
3月は厳しいの〜。水浴びがしたい。290319(晴)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
この三連休はいろんな山場がある。
乗り切れるかなぁ。

イメージ 2
日の出に間に合わず。

イメージ 3
シドニーだって行けそう。

イメージ 4
美味しいモーニングコーヒー。

イメージ 5
展望台の赤色のセンスに拍手。290318(晴)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

三峰山のハイキング

イメージ 1
JC姫と。

イメージ 2
展望良すぎ。

イメージ 3
少しは抜けたかな。
290311(晴)0620中央登山口駐車場発−0655peak0734駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

なにもこんな雪の日に行かなくても。
イメージ 1
こんなところに神社あり。

イメージ 2

イメージ 3
左股。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
右股。

イメージ 8
手が冷たいけど、みずみずしい。
沢登りというか谷歩き。短すぎるかも…。時計回り
イメージ 9
290308(小雪交じりの雨/水量なし)1000駐車場発−(洞山谷左股経由)−1032洞山peak−(右股経由)−1100駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
松尾池側から松籟団地側へ行く途中、
イメージ 2
251が気になって登ってみるが、展望なし。

イメージ 3
顔っぽい

イメージ 4
真福禅寺西の墓地奥にある西山4号墳がよくわからない。

イメージ 5
この谷最大の6m滝を記念に直登してみるが、緊張。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
谷はカラカラで、ビブラムソールが効きまくる。

イメージ 9
冬の陽だまり散歩状態。
Peakで熱いモーニングコーヒーを楽しみにしていたが、

イメージ 10
peakは大人気。春だの〜。時計回り
イメージ 11
290305(晴 水量なし)0744松尾池駐車場発−0818(・251)−0913西山谷取り付き−0954稜線−1034百々ヶ峰peak1126駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
3月だけど、H₂0に浸かりたい。
片知渓谷なら雪はないだろう。
地図を見ると、本流300から西方面へ向かう沢が
キレっている気がする。植林っぽいが。
イメージ 2
300出合。水量まあまあ。すぐに310で二股。
矢坪ヶ岳に上がる沢は量が少なく、期待外れ。
迷わず右股。

イメージ 3

イメージ 4
ビブラムソールは滑りまくり、奥美濃の沢シーズンでは役立たず。

イメージ 5

イメージ 6
ほ〜。
出てくるとすると、地図を見る限り380付近か。

イメージ 7

イメージ 8
ビンゴ。380にナメ滝。

イメージ 9
470二股は左股。

イメージ 10

イメージ 11
隠れ名藪渓⁉

イメージ 12

イメージ 13
520二股は右股。
空は青く、岩と水と光が混ざる芸術。
沢とせせらぎと鳥の鳴き声。
すべてが正しく思えてくる。

イメージ 14
藪さは増すが、水量と小滝は途切れない。
雪渓が出てきたので引き返し。
帰りはなんとなくの踏み跡を辿り本流まで。

イメージ 15
本流を遡行してみるが、巨岩だらけで頭を使う。

イメージ 16
H₂0に浸ってみる。痺れる〜。
本流の遊仙橋から岳水橋までは、

イメージ 17
姫たちと夏の水遊びにいいかも。
早くコイコイ水遊びシーズン。
イメージ 18
290304(晴、水量少なめ)0711駐車場発−(遊歩道経由)−0739300左股出合)−0902650引き返し)−0950300左股出合)−1022駐車場着

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事