超個人的中年映画劇場

最近の映画はよく知らないが昔の映画は知っているおじさん映画ファンが綴る、映画にまつわるノスタルジックな思い出語りです。

全体表示

[ リスト ]

深海征服(1973/米)Part4

 
また「深海征服」ネタですいません。
 
イメージ 1
 
もう神の領域(あらゆる意味で)、深海征服のイラストです。
 
 
でもなぜまた「深海征服」なのか?
その訳は、このあいだYOUTUBEで・・・ついに見つけたのです。
「深海征服」のメインテーマを、どなたかがアップロードしてくれていました。
 
私にとって、これは衝撃的でした。
なぜかというと、昔々テレビで「深海征服」が放映された際に、いつものようにカセットレコーダー<パナソニックMAC-GT>のマイクをテレビのスピーカーに押し当てて、タイトルバックに流れるメインテーマを録音して、長い間宝物の様に聞いていました。
 
そして月日は流れ、当ブログを始めた頃、当時のカセットテープを探してみたのですが、知らぬ間に処分してしまった様で、探しても探しても無いのです。
まあ、三十年以上前のテープなのであるわけ無いか、とあきらめていたところに、先日ふとYOUTUBEで検索してみると・・・アップされていたのです。
 
何度も何度も聞きました。
聞き惚れました。
涙が出ました。
 
よろしかったら聴いてみて下さい。
ラロ・シフリン作曲の「深海征服」メインテーマです。
↓ ↓ ↓
 
おそらくこの映画を知らない人は、全然頭の中に入ってこないくらい個性の無い音楽ですね。
どちらかといえばジェリー・ゴールドスミス風な感じの音楽です。
でも「深海征服」ファンの私にとっては、それがまたいいところなのです。
この文章を書いている11年10月段階で、アップされて八ヶ月以上経つのに再生回数が100回にも満たない圧倒的な不人気も、私にとっては逆に何となくうれしくなってくるのです。
 
それだけファンが少ない・・・やはり世間の目は正直だ、でも私は好きなんだ・・・と、何か私だけのカルト映画の様に思えてくるのです(言い換えれば<不肖の息子>みたいな感じですか。いつもの様に大袈裟ですが)。
 
久しぶりに聴いていると頭の中には、映画の冒頭のタイトルバックシーンが蘇って来ました。
今回は背景が海外版ポスターと思われる静止画ですので、もしかして映画のタイトルバックの動画をだれかアップしてないかと思って、検索してみましたが・・・そこまではありませんでした。
 
そこで、別にそこまでしなくてもいいのですが、私の覚えている限りの記憶を元に、イラストレーターでタイトルバックを再現してみました。
たぶんこんな感じだったと思います。
 
 
イメージ 2
 
ほんとはもうちょっと荒くれた海原だったような気がしますが、
まあイメージとしてはこんな感じだったと思います。
 
 
そして想像は妄想に変わり、もし「深海征服」がリメイクされたらどんなに幸せか、というとんでもない妄想をしてしまう私なのです。
でも昨今のネタ切れ気味のハリウッドでしたら、もしかしてリメイクされてしまうのではないか、という希望もあるかもしれません。
 
「深海征服」が超大作として蘇る!
 
THE NEPTUNE FACTOR 
 
イメージ 3
 
リメイク版「深海征服 〜THE NEPTUNE FACTOR〜」のポスター
 
 
当然<3-D>。
しかも懐かしの<センサラウンド>との合体で、腰を抜かすくらいの超迫力の<飛び出す映像+振動する音響>映画が実現しました。
 
ですので、映画化権を持っている20世紀フォックスとセンサラウンド方式の権利を持っているユニバーサルの共同制作です。
製作・監督はスピルバーグにお願いし、こころよく引き受けて頂きました。
別案でマイケル・ベイ&ブラッカイマーのコンビにお願いしようかという構想もあったのですが、どうやら過去の失敗作のリメイクにはあまり乗り気ではないようなので、正式オファーはしませんでした。
本来なら、監督はジョン・ギラーミンかマイケル・アンダーソンにお願いしようかとも思ったのですが、お二方とも高齢のため第一線を退かれており、断られました。
ジェームズ・キャメロンは元から構想に入っていませんでした。
ヒットメーカーなので本来ならお願いしてもいいのですが、制作費がいくらあっても足らないような気がしたからです。
 
 
バカじゃないかとお思いでしょうが、私が死ぬまでに誰かリメイクしてくれないかなあ、と夢に見る中年映画ファンのひとりごとですので・・・。

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

こんにちは♪
凄い×2!!
1つは、サントラ聴いてきました、よく探し出しましたネ♪壮大な雰囲気を想像します!…でも、qjq*m*60さんのオモチャのような画像も思い出しました(笑)ムフフ、楽しい♪
2つは、この画像です!!凄いです、特にポスター!
そのままリメイク版で使用されても違和感無いです!想像でも、そこまで考えてしまうのが映画通のサガですよネ♪分かります、その気持ち♪私もたまに考えますもん(笑)

2011/10/16(日) 午後 1:56 [ レジェンド ] <<コメントに返信する

顔アイコン

こんばんは。レジェンドさん。
いつもありがとうございます。

メインテーマ聴いて頂けましたか。
これがラロ・シフリンかと思うくらい、フルオーケストラ的な壮大な音楽ですよね。このテーマ曲で始まって、映画の中身は例のアレですから、私の怒りもお解かりいただけるのではないかと思います。

ポスターお褒めに預かり光栄です。実は昔ちょっとだけデザイン関連の仕事をしていたことがあり、その時にイラストレーターを扱っていました。
今回ガマン出来ずに、久しぶりに擬似ポスターを作ってみました。
妄想の中で、あれこれ色々考えていると非常に楽しいです。
でもリメイクしても、まずヒットはしないでしょうけどね。
レジェンドさんなら、まず「ベンジー」のリメイクをお考えではないでしょうか(もしかして「フレッシュゴードン」の方かも)。

2011/10/16(日) 午後 8:32 [ qjq*m*60 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

わっはっはっは!
これは笑いました!!

さぬがに、スピルバーグも嫌がるでしょうし、
この作品のリメイクを請けたら評判が下がると思います。
とは言え、オリジナルを超える作品に成るのは間違いないと思います。
-オリジナルより悪くなったら、観客が「ぼーどー」を起こすと思います。--
(もっとちゃちいミニチュアを使うとか、水槽のガラスが丸見えとか)

ああ、オリジナルがみたいですねぇ!
漢局あたり放送しないかなぁ!
私はとても好きなのですが… 削除

2011/10/19(水) 午後 8:51 [ ダムダム人 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

まず最初にqiq*m*60さんに謝罪を・・・。

私yahoo映画レビューで「深海征服」の評価を低くしているのです。この場をお借りして謝罪させていただきます・・・。

とはいえ、qiq*m*60さんに底なしの妄想を抱かせる映画が存在する事実がうらやましい限りです。私には「深海征服」級の映画が存在しないのが残念でなりません。

もしあるとすれば、やはり60・70年代の映画がそんな存在になるんだとは思いますが・・・。でもリメイク、いつか本当に実現するかもですよ。夢はかなうものです!

2011/10/21(金) 午後 0:16 [ mallorcagogo ] <<コメントに返信する

顔アイコン

おはようございます。ダムダム人さん。
いつもありがとうございます。喜んで頂けたでしょうか。

やっぱりスピルバーグはこの話嫌がるでしょうねえ。
それでは監督料を50億円出しましょう(と、まだ妄想が続いている私です。もうええわ・・・ひとりツッコミです)。
オリジナルより悪かったら大変なことになりますね。というか、確信犯的にわざとヘタレな映画にして話題を作るとか。

私は決して「深海征服」がキライではないのです。。好きなのです・・・大好きなのです。
その点ではダムダム人さんと同じなのです。
私も死ぬほどオリジナルが観たいのです。
今観たら、どういう風に感じるか楽しみですね(おそらく卒倒するほどツッコミどころがあると思いますが)。

漢局ならもしかして放送するかも・・・。
しかし私の住んでいるところでは、ネット局があるのはあるのですが、たぶん放送されないと思います(田舎ですので)。
でも・・・放送してくれる可能性は・・・ゼロに近いでしょうね。

2011/10/22(土) 午前 8:51 [ qjq*m*60 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

おはようございます。マジョルカさん。
いつもご訪問ありがとうございます。

マジョルカさんが正しいっ!と私は思います。
全く気になさらないで下さい。私の知る限り、この映画を好きなのはダムダム人さんと私と、YOUTUBEにメインテーマをアップした方だけかもしれない可能性が強いのですから(全世界で三人だけですかあ・・・少なすぎる・・・)。
それは大げさですが、私は取り立てて妄想癖があるわけではないのですが、「深海征服」など好きな映画に関しては、時々思い出した様に<もしもこの映画がリメイクされたら>なんてドリフの大爆笑のコントみたいな感じで、色々と考えてしまうのですよ。
他には「2300年未来への旅」とか「激走!5000キロ」とか。
でも「深海征服」のリメイクが一番楽しみですね。
マジョルカさんから勇気を頂きました。死ぬまでなんて思わず、強い信念を持ってリメイクを待ちますね。

マジョルカさんも、時々考えてみてください。きっと何か<コレ>という映画があるはずですよ。

2011/10/22(土) 午前 9:11 [ qjq*m*60 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

qiq*m*60さん、こんばんわ。

レンタル店のtsutayaで、お客さんのリクエストの答えてDVD化してくれるサービスがあるんです。

もちろん100%可能なわけじゃないんですが、意外な作品をこれまでDVD化してる実績があるので、一度ホームページをご覧になってはいかがでしょうか?ひょっとしたら「深海征服」もDVD化されるかもしれませんよ。

2012/1/21(土) 午前 0:23 [ mallorcagogo ] <<コメントに返信する

顔アイコン

何度もすみません。tsutaya復刻シネマライブラリーで検索してみてください。

2012/1/21(土) 午前 0:30 [ mallorcagogo ] <<コメントに返信する

顔アイコン

こんにちは、マジョルカさん。
お返事大変遅くなりましてすいません。

TSUTAYAのホームページ見ました!これはスゴイですね。
ありがとうございます。
<ええッ!>という映画がいくつかありました。「いちご白書」「電子頭脳人間」そして「世界崩壊の序曲」・・・。
これらのラインナップを見ると、「深海征服」の登場の可能性も全くゼロではないな、と希望が見えました。
首を長くして待ってみます。手始めに「世界崩壊の序曲」でも注文してみますか。
いつもありがとうございます。

2012/1/22(日) 午後 5:18 [ qjq*m*60 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

ここのサイトで一番すきなのが、ここ
死にたくなるようなつらい夜(半分ウソ)もここを見ると、生きる勇気を与えられるのです
(ほぼホント)
あれから何度ここを見ながら、人生について深く思いをはせたことでしょう。(結構マジ)

ふと思いついて「深海征服」と検索してみました。
予想どおりの「ひどい」「あんまりだ」などの意見目白押しなのですが、
本気で怒っている人が・・・・・・いない。
むしろ「楽しんでいるというか面白がっている」ようにしか見えないんですけど・・・・・

なんで「アウトレイジ」だと金返せっ!!て怒鳴りたくなるのに、「深海征服」は、力が抜けて、
まあしょーもありまへんなーですんでしまうのでしょうか?不思議だ。


実は世の中には、こんなスゴイ企画があるのでして
https://www.dreampass.jp/m11274
日本国中の「深海〜」ファン?が集合、ドデカイスクリーンに向かい、みんなで突っ込みいれたり、
指笛を吹き鳴らし、ポップコーン片手に大笑いしながらみれたら、すんごい楽しいかなって思ったりするんですけど。

2013/7/30(火) 午後 2:51 [ のぶ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

こんにちは、のぶさん。いつものことながらお返事遅くなりました。
ここ、何度も見て頂いているようですね。ありがとうございます。

今自分で見返してみると<なんてバカなことを書いたんや>なんて思いますね。でも、こうして喜んで頂いている方がいるのは、非常に喜ばしいことです。
冷静に読み返してみると、あらためて自分がいかにホントは「深海征服」を愛しているかが良く判ります。私もいろいろと難癖を付けてますが、おっしゃる通り楽しんでいるのです。
お恥ずかしい話ですが、また新しいネタがあれば、今後も「深海征服」シリーズを続けたいとおもいますので、よろしくお付き合い下さい。

それとご紹介頂いた企画、スゴいですねえ!
「深海征服」が映画館で観られるっ!ていう希望が出てきましたね(限りなく0%でしょうが)。
ワクワクしますね。「深海征服」好きが、寄ってたかってあの映画を観る図を想像すると。
<40年の時を経て、今あの名作がスクリーンに蘇る!><渡辺謙主演で東宝がリメイク化決定!>ああ、また妄想癖が・・・。

2013/8/3(土) 午後 2:12 [ qjq*m*60 ] <<コメントに返信する

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事