ここから本文です
日記の目的でブログを開設しました。

書庫全体表示

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

160M 4SQR の準備

アフリカのペディションが一段落したので、前から少しずつ準備をしてきた160M 4SQRの設置をしようと思っている所である。

その前に、最低限 HY-Brid + 180度移送トランスの位相の確認を行う必要があると考えた。

写真はその様子で、アンテナの代わりには手元の50Ω無誘導抵抗を接続して簡易的に確認をしている。

結果としては、写真で解ると思うがほぼ希望の位相角度になっている。
 大ざっぱな性格なので細かい角度は見ていないし、細かい角度の食い違いはどう修正するのかもわからない。

確認中に修正が必要だったのは、180度の位相を生成する目的のトランスについてはHy-Bridよりも大きなインダクタンスが必要だったことである。

最初はHy-Bridと同じもの(約4.3μH)を使っていたが、現在はテフロン同軸を使用した約20μH程度のものに変えた。

 どの様になっていたかというと、90度の位相が120度+@になってしまっていた。

 市販のものでほぼ同じ構成の物もあるようなので、私の作成した物特有の問題なのかも知れない。

 写真でも解るように引き回しが長すぎるとは自分でも思っている.....。

室内での作業を終えて、いよいよ現場での設置作業の開始である。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

5U5R on 1822 Down JA

06時頃から何とか取れる信号になったが、それまではほんとにいるの?という感じだった。

その後こちらでは、0615頃から0640前まではクリアに聞こえていた。

この時期になるとやはり長時間の入感は期待できないようだ。

TU7Cは今日もQRVが無かった。

この記事に

開くトラックバック(0)

TU7C NO QRV on 160M

お目当てのTUは今日は聞こえず残念

05:45頃から出始めた1827.5の9G5Xは昨日ほどではなかったが、こちらの日出時刻の06:20には鮮明に聞こえてきた。
そして07JSTを過ぎても弱く聞こえている。 呼んでいるEUも多数....

06:00 頃から出始めた 1817 の 9N7EI は信号は強くない。こちらも07JSTを過ぎてもEUのパイルを浴びているのが聞こえている。

所で先日の 5U5R は Band New だった。

本当に昔から160Mをやっている方は懐かしい5U7M(1991-1993?)をお持ちの様だが、私は1997年から160Mを始めているので初めて聞いた5Uである。

この記事に

開くトラックバック(0)

TU7C on 1814

今日はJAでも聞こえる時間帯に出て来たが、時刻が日出後なので可能性は無かった。

それでも皆さん呼んでおられたが、聞いた範囲ではJAには応答はなかった様に見えた。

それまで静かだったバンドがその付近EUの信号で埋まるのだから、今日の所はJAは蚊帳の外だろう。

信号そのものはそこそこなので早い時刻からJA指定をしてもいらえればいいのだが...。

80Mでの様子を見てもJAとの交信を望んでいると思われるので、明日からに大いに期待したい。

EUからリポートのあった 1824 5U5R は今朝はこちらでは聞こえなかった。

夜の HR5/F2JD は今日はこちらでは比較的よく聞こえていた。

良く聞こえている分パイルもきつく、全くできそうな気がしない。

でもNew なので Active に出ている今のうちに何とかやっておきたい所ではある。


この記事に

開くトラックバック(0)

TU7C on 3775

05JST頃にEUからSPOTが上がって来てからずっと聞いていた。

良く聞こえていたが、ずっとUP5/10でEUをさばいていた。

07:20頃に3805を指定したので呼ぼうとしたら少しトラブってしまい手間取った。 

リモートなので、トラブルがあると困ったことになる場合もあるが今回は何とかなった。

QSBなのかJA指定の間少し受信状態が悪かったが、UP5指定に戻ったらまたよく聞こえるようになった。

チェックしてみると、75Mは1987年のTU2QQ以来のQSOだった。

160Mを期待している。


この記事に

開くトラックバック(0)

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事