デJya秘ブ

ホンネっぽくいいかげんで緩めにやっていきます。
さていよいよ秋葉原

この日はネットワークプレーヤー
や最先端の送り出し関係イベントをされていてちょうど客さんが4F島さんの所から降りてくるところでした

まずは6回東店長のところで

アナログやデジタル、どんどんかけて頂きながら、最新情報やら、お話をお聞きします。
今日はこれから忘年会、寺島さんもいらっしゃいますとお話ししたら、
吉祥寺のパルコ時代にずいぶんお世話になったと。
疲れて、忘年会は顔を出せませんが、会いたいなーと。寺島さんもお誘いすればよかったと(^-^)



ピエガの美しいスピーカーです。

巨大なヒートシンクがついたパワードに見えますがパッシブのスピーカー

木製の拡散効果の棚がついている

アナログ、デジタル聞かせていただきました。

非常に耳障りが良く、ゆったりと楽しむ感じです。

以前聞かせていただいたFMとつながるところもある気がします。
奥ゆかしいというか唯ものではないと言う音かな。

あ、お断りしておきますが、変なことやってる小生の感覚ですので、多分間違えもあり。ご参考にならないご参考まで。(*≧∀≦*)



イメージ 1

かっこいいですね。カートリッジは確か170万と言ってたような。

イメージ 2

端正、美しい。
思わずきき入ります

イメージ 3


7階、川又 店長の HAL5555
お客様がいたので、時間をおいてお邪魔しました。

スピーカはもちろん廣中さんのダブルウーハーです。

最新鋭のエソテリックで固めたハイエンド!

電源は

こちらはトランスペアレントの、確か200万近いものが二台

これを前段に入れて、
ありなしで聴かせていただきます。

物凄い効果です。コク出るというか、深みが増すというか。

そのような比較を含めて、いろいろな音源を解説付きでかけていただき、ミニマラソン試聴会状態。
音もプレゼンも素晴らしい。

イメージ 6


すばらしいバランスです。
正しいオーディオ、理詰めの極致、
日本の美、膳の世界かな?

虚を排し、ミニマルの中に∞のスケール

オーディオとはこういうもんだと言う感じですね。
これが素晴らしのはわかっております。
わかっつちやいるが
なぜか?気がつくと、
邪道やっている
埼玉マイクロアリーナな家とは世界が違いますね。


ハイエンドの機材、究極の性能を出すためにセンシティブなモノです。
実はこの日、こちらもパワーアンプがちょっとトラブって、本来のシステムではない状態でした。

ここで特筆したいのは、スピーカーを鳴らし出したら、さっと、廣中さんが、ミスラスピカ(Siriで自らスピーカーと言うとこんな風になります面白いので残しました)。の所へ行き各ユニットの音を確認します。
そして、打ち上げ、

リカバリーの速さはさすがの川又店長!

確認と対応、プロの一面です。

と感心と反省。

まぁアンプがかけたのはお互い様(笑)シンクロニシティー、
世の中つながってますね。
って、うちはスイッチ入れわすれただけですが(T-T)



イメージ 7


演奏中

誰もが口を開かず。
これだけのメンツ、普通ちょっと引っかかるところがあるときかなくなってしゃべり出しますが(^-^)

聴き入っております

イメージ 4


代表の廣中さん
また新たな目標がひらめいているのか!

望年会に備えてお休みしているのか?

イメージ 5


そして、忘年会へ移動です。川又店長から忘年会参加の、評論家の皆様などに、よろしく、お店の方にも来てくださいとのメッセージをいただきました。

お伝えいたしました。

(^-^)
そして忘年会スタートです。
主賓の野間さんは男性率95%と言う会場、アタック防止でSPを配置しております。向こうは横須賀の極道sp

イメージ 8

新人カメラマン大活躍です
忘年会の企画人
マイクロファラッドの
通称コゾウカメラマン

この遠近法を完璧なまでに無視する人たち
顔ちっちゃくとってねと言っても有能な高橋カメラマンをもってしても厳しいかな

エミライの島さんは小顔効果を狙ってます。
本当はVですよ(^-^)

イメージ 11





野間さんガード
こちらがわを固める
nazo_otoko会長sp
乾杯!

イメージ 9





完全に酔っパライ
真鶴のFUJIYAMA噴火に向けて飲む!
Mマイスターは酒は薬だと(^-^)飲む!
田口音響さん、去年はイベントが入りキャンセルでしたが今年は参加!飲む!

イメージ 10

寺島さんにありがたいお言葉をいただき

イメージ 12


傅さん(先生と言ったら医者じゃないんだからと言われ)ウィット溢れるご挨拶。

イメージ 13


楽しいいちにちでした。

さて〜
ワンが心配なので家に飛んで帰った夜でした。






この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)



前日、上原ひろみのライブを聴きに行きました。

イメージ 5




演奏は最高、すごく楽しめました。
が、以前松本隆 コンサートもそうだしだが、やはりあそこはちょっと音
が(//∇//)ね



前段のスイッチ入れたところで動物病院へ駆け込んだので残りのPC立ち上げ 
アンプのスイッチバチバチバチっと入れて


最初は
いつもは耳タコ音源ですが、この日は上原ひろみ。


もうお迎えにあがる時間なので
椅子に座らず、機材の前で、ちょっと
きいたら低音が膨らみ中高域が薄い。

あまり聴いてない音源だから、
にしても、変な気がしなから
とりあえずちょっといじって

時間だ


そして重鎮
三銃士の登場。

ヒロアコースティックの廣中さん
先日お伺いした福島のヒデさん、
恵比寿の怪人 Tadshinさん

イメージ 1

まずは上原ひろみを聞いていただきました。



廣中さん、
コメントも言わないまま、女性ボーカルかけてとのリクエスト。



椅子の位置も調整しておらず、ちょっとずれるとおかしいので、Vo
大体真ん中に来てますか?と聞いたところ、なんか頭の上に?が、ある感じ。

(手にぼかしが入っているのはエッチな写真を持ってるからではありません。ぶれているだけです)

イメージ 2


家の音、
廣中さんには初めて聴いて頂くので、
まあ、こんなんだろうと優しい心遣い。

いんじゃないと。

普段頭の位置はどの辺?とのと質問され、まあ、つつがなく長時間そのまま聞いていただき、

イメージ 3


これはアマゾンで発見!



ライブ盤は出てないはず。
謎板な残り1枚で売られていたもの。

何故か家からポチれなかったのでTadshinさんに代理で購入いただいたロシアの海賊盤(らしい)モノ

この日に届けていただいた。

イメージ 4


中身は
会場の宅アウトからくすねたらしきものやら、客席で録音したらしきモノやら、CATV (?)配信されたものやらいろいろな音が入っている感じなバラバラです。


海賊盤だけど、結構イイから真ん中で聴いてみてと、Tadshinさん。

初めて椅子に座ったら!

?定位が全然わからない。
中高域もおかしい。

海賊盤なので録音ががひどいんだろうと思いたい。

慌てて、通常のアデルをかけてみたら
やはり酷い。

もう後の祭りだが慌ててちょっと調整したが酷い(//∇//)

んと、、何処か壊れたか?

言い訳しても言い訳にしか聞こえないからだまっていた。

そして秋葉原に向かう時間になります。


恒例の流しながら1台ずつアンプを落とし、変化を聞いていただきます。

亞!あ?阿、ア?アンプが、肝なMBLの中高域のジェフローランドのスイッチを切ろうとしたらもう切れてるじゃん。


亞!あ、やってしまいました。


家のパワーアンプはカスケードで8chが1つにまとまったものが5台、
それでもスイッチが27個位かな?


最近はクロスチェックするようにしてましたがこの日は全く吹っ飛んでました。

しかも入れ忘れた状態でいろいろジタバタいじってしまい。

せっかく先日調子いいなと、
鳴ったところなのに、また壊してしまいました。

つまみ30個位のほんのちょっとの回し方の掛け合いなので短時間ではリカバリできません。

撃沈(??ω?? )
まぁうちはこんなもんですよ(??ω?? )

秋葉原、まずはダイナミックオーディオで廣中さんのスピーカーでちゃんとした音を聞きましょう。それから忘年会。




さて再発防止。教訓。

びよーいんに担ぎ込んだりは別として、

去年、12月に喉が超痛くなり、数日間つばも飲めない状態。今年も同じことが起こりそうな調子の悪さでしたので、
昼間換気のためにちょっとドア分けておいたらまたまた猫が2匹で侵入
大運動会を開いてくれたたのが数日前


またつまみが廻っちゃったかなと
慌ててまたつまみを回した。






きよーくん1


スイッチの入れ忘れは問題外。


猫たちをまっ先に疑わない。
自分のほうがよっぽど信用できない。



きよーくん2


猫の力を甘く見ない





ドアを半開きにし、車のバッテリーで止めていたがそんなもの突破した。
(??ω?? )




ダイナミックオーディオと
、忘年会はまたあげます。











この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

トイプ回復

ご心配をかけしました。
皆様、暖かいコメントいただきありがとうございました。

生肉のせジャーキーを
催促するまで元気になりました。
やたらと水を飲んでは吐くこともなくなりました。

元気になるぞワン!

イメージ 1


この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

続き

相変わらず書いた記事が途中で切れてしまいます。全くなくなってしまうことも。
腹立たしい。

続きです

待合室はお犬様満員

ご高齢の犬が多い。人間とおんなじ

皆様お昼ぐらいまでかかってしまうのでは?


駐車場も満車

イメージ 3

家に帰ると猫たちが心配して出迎えます

イメージ 1



食べないし、ぐったり、とりあえず安静に寝かせ

いつもはくっついて寝ないのに今日は添い寝

イメージ 2



慌ててパワーアンプのスイッチを入れて

ボリュームをちょっと上げて、音出たなあと

自分で聴き確認する時間がもうありません

、皆様到着の電車の時間に遅刻


ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

続く

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

トイプ 病院 へ

昨日は秋葉原でオーディオ忘年会です。


秋葉原に来られる途中、
都内、福島、静岡からついでに
ちょいッと家に聴きに来られる。

先日の京都のまつさん以来、11日ぶりのオーディオ

さて   

前段オン、PCを立ち上げ、演目はどうしようかなと考えつつ、、トイプをみたら

ん?グッタリ


病院に担ぎこみました。

レントゲン撮影したら、肺血栓らしいと。




最近、やたらと水を飲むし、
部屋の中でオシッコするし、
数回、ゲロしてたり、


でしたから、おかしいなと
(´・Д・)」


かなり危ない。
ベロが紫で、人間だったらもういっちゃってる。
と。




診察終わり、待合室に出たら
whao

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

続編でございます

参拝も終了しおみくじを引きました。


大吉!  な音源のオンパレードです。

イメージ 1

Sさんは、1本前の新幹線で来られ、温まる前の音を聞いています。


我々が聞いた時は最初からかなりのものです。


マークレビンソンに限らず、大出力のアンプ等は電気入れたて
また、小さい音ではなかなか本来の音がしない。


こちらはなかなかの音量で、十分に時間をかけてならされたアンプが部屋を適度にあっためてくれます。


夏は大変。


本領発揮したアンプの音は
低音は締まって弾力もともなう。
非常に早い高域は、指向性が強いが広い場もともなっている。


相反するはず。
と言うのがホーンスピーカーのイメージかと思いますが、
こちらは両立させています。

そう、とら食堂のラーメンのような、弾力と腰、シンプルなシステムながら奥深く、広い場です。

場の広さは、

例えば写真に写っている窓の辺にピアノが聞こえたりして、ライブ盤などリアリティがあり、楽しい!

場の広さは前回も感じましたが、今回はさらに広く、
音の切れ、速さ、強さ、も向上。

前回とは別物と言っても良い音。
オーディオ用語で言う別物とか驚愕とか言うレベルではありません。

低音の力強さ、ズシンと重く早さもあり、細かいところも聞こえます。こちらもいわゆるぴあオーディオでいう深く沈み込むなんていうレベルではなく、体に響くSR系の低音!
と言っても、DUOからそんな音が出るはずないと思う方がいるかな?私もそうでした。(u_u)

本当に別物です。

ここに至るには、ハードの改造や、機材の追加などが主なところですが

若いオーディオオタク(笑)
が一生懸命やっているような、
いろいろなインシュレーターを重ねてみては実験するなど

非常に広く、柔軟な思想で細やかなところにも手が入っています

イメージ 2


常にどうやったら自分の求めるおとになるか?を常常常に考えている証ですね。

オスカーサウンド  音響チューンものが
アンプに貼られています

イメージ 3


写真を撮りますれましたが、DSオーディオの光カートリッジ、
その強力な低音はビブラボのステンレスのターンテーブルシートもきいているのかもしれません

イメージ 4

アクセサリーのみならず、
斜めに高くなった天井、
蛍光灯は音に悪影響をしないようにと考えられたのか柱に埋め込まれています。

リスニングポイントの後上にはアコースティックリバイブの低周波発生器

イメージ 5



良いと思う事は全部やってやる!
アスリートの世界

イメージ 6


イメージ 7


毎日怠けず練習、そうやって追い込まれた音

この日は美音Yさんにお渡しする謎な箱や、またYさん持参AKプレーヤー
これらの実験を行いましたが、
ともにスムーズな方向

力強い、スピード感あふれる勝負サウンドとはちょっと違ってしまう感じがします。

箱もハイレゾも、
つなげた瞬間はちょっと 
物足りなさを感じますが、スムーズだなぁと、
やはり良さが分かってきます。

しばらく聞いてから、元に戻すと荒っぽさは感じますが、1曲聴いていると、荒さが魅力的に感じてきます。

このシステムではやはりオリジナルの方がはまっています。

イメージ 8

コシが強く、
芯がありますね。

小生はソフトうどんかな。
まあ適当。
お土産にいただいたラーメン食べて

どういう芯を持とうかなと考えます。

だけどいつも適当にいじってる小生、たいした芯なんてできません。

アルデンテぐらいで行きます

(´-`).。oO


イメージ 9

美味しいラーメン、おみやまでいただいてしまい(^^)
ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

福島ヒデ先生邸訪問

二年ぶりのヒデ先生邸訪問です。

新白河まで新幹線
ヒデ先生に迎えに来て頂き、
まずはとら食堂


イメージ 1

行列です。
この日は程良い気温。適度に体を冷やします。
真冬に待ちはしばれそうですね。

イメージ 2


行列の時間は

イメージ 3

Poemon GOのスポットにもなっています。モンスターも行列の店

イメージ 4



チャーシューワンタン麺大盛り。すげえうまそう!

美音、美食の皆様のお話を聞き、味、ワインなど、奥行きや立体感などと言うお話をよく聞きます。

小生の舌では理解不能ですが、ちょっとだけ真似して食べてみます。

奥が深い。立体感あり。
醤油ベースで、ラードの香りと、ちょっと懐かしい味の元系の香り? (間違いかも)ハーモニーとリズムと、なんてわかったふり。

とにかくうまい。


イメージ 5



結構おおもりです。が
こちらの美味しい麺、
時間がかかっても伸びません。
芯の強い麺です。

完食!

イメージ 6



さあ、満腹

ヒデ先生邸に。


玄関には
奥様の飾りつけ

かわいいです。

イメージ 7

このざくろ
かっこいい。造花??謎です

イメージ 8

まずはおいしいコーヒーとお菓子をいただきました。写真撮り忘れ(u_u)
そしていよいよオーディオルームへ

イメージ 9



複数の部屋がつながり、斜めの高い天井にリスニングポイントの椅子も数種類、
ルームチューニングも様々な工夫が凝らされています。

後半で書きますが、オーディオ道を極めた感じのお部屋です。


まずは参拝します。
お賽銭は音源。
参拝するSさん
横におられるのはこのオーディオルームの神です。

イメージ 10



まだ続きがありますが、写真をたくさんのせて投稿すると全部消えてしまいます。

昨日あげましたが、投稿されていませんでした。

アプリのバグのようです。

もう何回も消えた
(u_u)

まぁそういうの多いからこのアプリは中止になるのでしょうかね。


と言う話は置いといて(u_u)

なので、数回に分けます。

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

京都の松さん襲来

前回の続編です

それはそれは美しいY邸から家へ移動です。



薄暗くムラサキな部屋へ御案内


ガッン  ポコん



つまずいたり頭ぶつけたりしながら。

何とか部屋に入っていただきm(_ _)m


最初に簡単にご説明。簡単にというかいい加減にですm(_ _)m



前段です。

イメージ 1


スピーカーユニットはたくさんあって、
主に凸方向、平面振動板を使うような構成で、
、紙、箱は極力少なくし



同軸にはこだわらず、ウーハーは遠くに
置いてゲインは高めに鳴らし、
中高域は上下左右でチラシとにかく数がたくさん、振幅は極力減らし

タイムアライメントの数字は実測値と聞いたかんじで
いじっていき結果適当(T ^ T)



測定したら、ひでー結果が出ると思いますm(_ _)m
と。


イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



ヤマハの音場補正
4本適当に置いています
 、ライブなどでは強めに入れたり、曲によって使い分け。


ヤマハの11、1 × 3台はさみ

イメージ 12




最初はオートでならしましたが、
ボワボワ(T ^ T)
なかなかまともにならず
ジタバタ
やっとうまい使い方、調整が分かってきたかな。




というバタバタで後のスチューダC37やアナログはここんとこ
触っていません(T ^ T)

イメージ 9




イメージ 10



イメージ 11


イメージ 8



朝から前段電源は入れてありました
パワーアンプと入れて、

(T ^ T)?

音が出ませんm(_ _)m



最初ちょっと設定のコツがありまして
ジタバタ






、座った位置から目に入ってくるのは
上下左右に乱舞するユニットです。


普通に考えたら音が出た瞬間吐き気がするようなまとまりのないめちゃくちゃな音が飛び込んでくるはずです。


ですのでもしそうなったとしても、やっぱりそうでしょうと逃げられるのがうちの最大のメリットです。


さて、


聴いていただきます。
やはりガチンコ
、ご持参された音源のタイトル
分析モードの選曲です。

ーーっと

どこからビリビリってます

増殖して、1年がかりで、ようやく先週かなりうまくなってたのに(T ^ T)
やはりほんばんに弱い。

デリアンのつまみのへんで猫がおもちゃで暴れ待ってたのでボリューム回ってました(T ^ T)

こいつだ!

イメージ 13





流しながら、端で聴きながらこんなもかなと修正しつつ聴いていただきます。

うちは聞いていただいているの見て、ちょっとあげたり下げたり
いじってしまいます。

私の場合は
俺の音を聞け
なんて崇高なものではありません。

聞いていただく人が乗れればそれが1番いいと。

イメージ 2



この景色でどうしてまとまった音が出るんだろう。と(≧∇≦)

とりあえず気にいっていただけたようです。

そして


測定やクロスの設定の仕方を色々と質問されます。

業務用のプロセッサ等なので位相は0から180度まで回せますし、
クロスもゲインもスロープ設定も細かくできますが、測定や、ものの本の云々、
オーディオマニアの美学的なコトは物理的にはできなかったり
 何よりめんどくさいのでm(_ _)m

それどころかから裸で使ってるユニットなどはいろいろなプロセッサを入れて補正、音をいじっています。
そうしないと裸では上手くなりませんし。

聞きながら勝手に
しいて言えば、ユニットの1番得意とする領域を使う。自分的には引き算のオーディオかなとやっていると言うご説明をしました。

まあ、こんなことやってる方はほとんどいないでしょうから、
それなりに
面白いとこあったかなと。(≧∇≦)

またまたいろいろやりますのでまたぜひお立ち寄りいただければと思います。

近所の居酒屋でちょっと飲んで
オーディオ談義
楽しいいちにちでした。

ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事