レ・ミゼラブル貧乏

『ジキル&ハイド』『エリザベート』『モーツァルト!』『ヴァンパイア』『リトルショップオブホラーズ』『GODSPELL』狂言など

全体表示

[ リスト ]

初・生劇団☆新感線です。

お盆だお盆だ〜♪

註:お盆=舞台の床に円形の切り込みがあり、水平に回転する舞台装置。
   例えば演者がずっと歩いていても、演者は同じ位置、周りの風景が後ろに流れてみえる。
   『レミゼラブル』など。

お盆の上に構築される吉原の風景・・、奥行きがあって素晴らしいです。
(1階席だと、むしろ風景は楽しみにくかったのでは・・。)
郭で客待ちをする遊女たち、花魁道中、小道をそぞろ歩く客・・。
とてもさり気なく良い雰囲気です。
繊細で美しい色合いのそれは、2階から観ると(小さく見えるので余計に)、
まるで精巧で豪奢な和風のドールハウスの中で、人形がそれぞれ動いているようにも視えて。
幻想的というか可愛いというか・・・。

手前でメインのお芝居が進行していても、ついつい奥の人々に視線を。(笑)

ボーっとして、ワクワクして、楽しい。
久しぶりに舞台美術に心酔いたしました。
(『SHIROH』の舞台装置見て、あんまり美術に期待しておりませんでした。
 スミマセヌ。)
残念といえば、前半にしかこゆニュアンスの場面が無かったコト。(シクシク)
こんな素敵な景色、ぜひ欧州でツアーでもして、自慢(笑)になって欲しい・・。

 ・ ・ ・ ・ ・ 

『・・状況は不利である。
七人の武士が、完全に円を描いて、誠一郎を囲んでいる。
更に七人の武士が、その円陣の外に、もう一つ円を作ろうと・・・』
                   【虎乱の陣】

トートツですが、殺陣です。
【虎乱の陣】実際どんな感じだろう?と。見てみたく思っておりました。
大勢で一人を二重に取り囲んで、中の円は足下を。
外の円は、中の円の人を踏み台にして跳んで、上から攻撃。
逃げ道のない戦法ですね。
原作では後ろに跳びつつ、後ろの剣士の頭踏んづけて・・・。
(や、そりゃやらんだろうけど)
   
そいや敵役・悪役の柳生義仙サン、古田新太さんがお演じになってらっしゃいますね。
「古田さんが『吉原・・』に。」
と聴いた時。
もうてっきり『剽悍で鼻の大きな悪戯っこ武士』水野十郎左衛門だと信じ込んでおりました。

古田サンといえば色々ありますが。
『僕の魔法使い』のラブラブお天気夫婦の嫁さんのほう(篠原涼子さん)と容姿が入れ替わってしまう古田さんが印象的過で・・。(スイマセン)
http://www.ntv.co.jp/mahou/

この記事に

閉じる コメント(3)

「虎乱の陣」、ワイヤーで飛んだりするかなぁ…とか思っていましたが、さすがにありませんでしたね。

2005/10/6(木) 午後 10:12 [ まり ] 返信する

顔アイコン

こんにちわ。・・ワイヤー・・。(笑)・・まあ、特に奇天烈なことをしなくても・・。ていねいに舞台創りをしていたので。ただちょっと、肝心の義仙(古田サン)とのクライマックス、インパクトが今ひとつ・・かん?、と。・・この勢いで、『捨て童子松平忠輝』も・・って、ムリか。

2005/10/10(月) 午後 2:36 [ rai**_o ] 返信する

顔アイコン

ア・・アリ??また消えちゃったのカナ・・??

2005/10/17(月) 午前 1:34 [ rai**_o ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事