電車マニアのつぶやき@函館

スパムがひどいので承認制という形にさせていただきます。すみません。

いつ最後になるのか

機会を見つけては300系新幹線に名残乗車している私です。就活もひと段落したところですが、就活中は時間が合えば片っ端から300系のひかりを指名していました。

先日もJ56編成のひかり512号に乗ってきたばかりです。

イメージ 1


EX予約でモーター直上の席を指名するのも慣例と化しつつあります。

イメージ 2


そのほかにもうひとつ、品川と並ぶJR東海最後のMR20を拝んできました。券の方はベーシックな学割乗車券ですが、木古内で特急を降りて、函館手前で途中下車したため、綺麗に残りました。(そのため加工しています)

ほかにも、さくらライナーとか、近鉄硬入とか、えいでん!とか、けいはん!とかネタはいろいろ収穫してきましたが、また後ほど...

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

割引きっぷあれこれ

新幹線に各種割引の特急券で乗るようになって早半年。まぁ券面の賑やかなこと。乗継割引とその他割引を考慮して一番安くなる形をあれこれ考えてから発つようになりました。

イメージ 1


JR東海の予約サービスで特急券単体を予約したものです。それなりの割引率となっています。区間によって航空機との競争を意識しているのか、割引額に差が出ます。

イメージ 2


東海道新幹線の、ICカード利用の早特割引で、わざわざ切符を受け取って乗車したものです。3日前の予約・変更制限で先述の特急券の割引よりも得になりますが、このIC早特では都区市内が適用されないこともあり、場面に応じて使い分ける必要はあります。会員制ということもあり、ひかり早特きっぷの代替になりきれるかは微妙なところです。

イメージ 3


こちらはえきねっとで新幹線特急券単体を予約し、券売機で受け取ると割引になるものです。距離に応じた一定額が割引になるものの、そんなにお得感は感じられず、むしろ乗継割引を使用した方がベターなケース(北海道連絡、北急、羽越線、etc)がよく見受けられます。

当然ながらエクスプレス予約、えきねっと割引ともに乗継割引が適用されないので、よく考えて切符を買わないと損をすることに。。しかし東海の予約サービスは新幹線完結以外の予約をネットで受け付けていません。ビジネスに特化してるといえばそれで済みますが。。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

EF510の北斗星がどうのこうのという記事を書いてから半年以上たっていますが、またご勘弁ください。

何が要らないのかって?この画像をよくご覧ください。

イメージ 1


北斗星・カシオペアの経路となる青い森鉄道線の営業距離が、昨年12月の八戸・青森移管により100kmを超えたため、学割が設定されました。JR側で通過連絡の学割乗車券を買う場合、片道ですと画像のように「鉄社学割」、往復割引が効いて「復割鉄社学」の印章が印字されます。

JRのみの学割券でおなじみ、「証明書を携帯してください」の文字がないため、幾分か懐かしく見えます。
「証明書不携帯」を推すわけではないので、念のため。でも、この間某S園駅で学割乗車券を購入しようとしたら学生証の提示を求められましたorz

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事