被害者は日本です

人は才能の前では頭を下げないが、努力の前では頭を下げるものである

全体表示

[ リスト ]

 

 中国が無法国家だと言うのは現代日本人であれば、常識だと思いますが、ここに来て、中国の人心のごとく荒廃した国土から逃れるために必死な中国のあせりと挑発が明らかになってきました。
 
 以前から、琉球は中国の属国だと主張していましたが、表立った論文がどんどん発表されているそうです。毎日新聞から引用です。
 
 
 
 

海をゆく巨龍:転換期の安保2010 中国で「沖縄返せ」の声(その1)

 ◇「琉球併合に国際法上の根拠はない」 学者ら論文、06年以降20本

 沖縄に対する中国の権利が今もある−−。こんな刺激的な主張が最近、中国の歴史学者の間で有力になりつつある。沖縄がかつて琉球王国時代に中国との交易で栄え、中国に従属する地位にあったことを根拠にしている。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で日米同盟が揺らぎ、沖縄と日本政府の関係もぎくしゃくする中、中国では「沖縄を返せ」の声が強まっている。【「安保」取材班】
 
 昨年12月、北京。中国人歴史研究者らによるシンポジウムが開かれ、「明治政府による琉球併合(1879年)も、戦後の沖縄返還(1972年)も国際法上の根拠はない」との主張が繰り返された。主催者の一人、徐勇・北京大教授は、日中関係史が専門で、日中歴史共同研究の中国側委員も務めた有力研究者だ。
 
 
 沖縄の「日本帰属」を支持するこれまでの中国の公式見解を覆す主張だ。上里賢一・琉球大名誉教授(中国文学)は「徐教授は過激な反日派ではないのに、こうした議論を展開している。中国政府も、中国共産党も、公式見解と異なる主張を黙認しているのが怖い」と話す。
 
 徐教授と知り合いの三田剛史・早稲田大特別研究員(経済思想史)によると、徐教授のような議論は戦前に多かったが、戦後は息を潜めた。
 
 現代中国の建国の父、毛沢東の場合、戦前の論文「中国革命と中国共産党」で、沖縄を「帝国主義国家」が「強奪」した「中国の多くの属国と一部の領土」の一つとした。ところが、戦後この論文が刊行された際は、関連部分が改変され、「沖縄」の字も抜け落ちた。冷戦下で、日本に対する攻撃的な主張はしない方が無難と判断したようだ。
 
 ところが、今世紀に入り、「中国は沖縄に対する権利を放棄していない」と主張する研究論文が発表され始めた。三田特別研究員によると、関連した論文は06年以降だけで一気に約20本も出た。
 
 三田特別研究員は、論文急増の理由を「研究の自由の幅が広がったからとも、基地問題を巡る沖縄の日米両政府への反発をにらんだ動きとも考えられる」と分析し、「日中関係や基地問題の行方次第で、さらに広がるかもしれない」と指摘する。
 予兆は既に5年前からあった。上里名誉教授は、05年4月18日、沖縄の地元紙、沖縄タイムスの朝刊を開いて目を疑った。上海の反日デモで「沖縄を(中国に)返せ」と書かれたビラが出たとの記事を見たのだ。
 
 後日、徐教授の主張も知って危機感を強め、同年暮れ、同紙に反論を5回連載で寄せた。「当事者を無視して沖縄の帰属を論じる大国意識は、『琉球処分』(明治政府による併合)のときの日本や、戦後の米国と同じ」と批判する。
 
 上里名誉教授は、昨年11月、中国・青島で開かれた国際学術会議の会場で、徐教授に初めて会った。直接話したのは数分間。徐教授が「今後、研究者同士で(帰属問題を)大いに議論したい」と言うので、上里名誉教授は「反論を既に書いた」と述べたが、話はかみ合わなかった。
 
 上里名誉教授らこの場にいた沖縄の研究者は、12月の北京のシンポへの招待状をもらったが参加を断った。「米軍普天間飛行場の問題が焦点化した時期のシンポジウム開催に、意図的なものを感じた」と言う。
 
 上里名誉教授は、最低限の反論は済ませたとして、今は中国側の動きを見守ることにしている。「中国は、沖縄が基地問題などで日本政府を批判するのを見て、自分たちと一緒にやれると誤解しがち。しかし沖縄に、彼らに同調する人はまずいない。他方、沖縄に日本政府への怒りがあるのも事実。この微妙なところを、本土の人たちに知ってほしい」と話している。
 
 


 
 
 沖縄と言えば沖縄タイムス。どこの国の新聞かと思うほどの反日新聞だそうですが、この新聞が沖縄県民の本土に対する恨みを書き立てているのは間違いないと思います。
 
 そもそも、沖縄県出身の女性から、
「アメリカ兵よりも日本兵のほうが怖かったんだって」
と言われた時、どうして、戦争が負けに近づくと自国民を殺すのか納得が行かなくて、ただぼんやりと
 
「へぇ〜。戦争に負けそうになると、なんで自国民を殺すんだろう? 協力して敵と戦わなければならないのに?」
 
 と言ったら、彼女も首をかしげてさあ〜? となってしまいました。
 
 とにかく、沖縄は、戦争の一番の被害者だと言う意識が強いです。確かにそうかもしれませんが、地政学上、沖縄は重要拠点で、日本で無ければ、中国であるしかないという恐ろしい場所に位置しています。だからこそ、米国は沖縄から撤退しないし、できないのだそうです。
 
 まあ、一時より相当人員の削減が進んでいると言う話ですが。
 
 
 それにしても、沖縄は中国の脅威を感じないのでしょうか? 中国人が来たら、チベット、ウィグルと同じことが沖縄で起きるとどうして思わないのでしょうか? 日本人虐殺が起きた通州事件でも中国人の殺し方は猟奇的で、殺人そのものを楽しんでいるとさえ言われています。それに、沖縄は基地があるために補助金が相当つぎ込まれているそうです。
 
 もし、中国になったら、そのお金は入ってこないし、沖縄はどうやって暮らしていくつもりでしょうか? 彼らのDNAも日本人と同じD2系列だと聞いています。言語も言葉は中央から地方に伝播するというので、国語学者は古い日本語を調べるのに沖縄や離島に出かけると言います。確かに沖縄は、本州から離れて琉球であった、と言う思いはあるでしょう。でも、戦国時代は、本土でも領主がころころ変わりました。それとは地理的に離れていたために沖縄は一線を画していたのかもしれませんが、結局は本土で起きたのと同じことが起きただけです。
 
 彼らが中国に朝貢することで日本との距離を置いたのも領主が領土を維持するための方法のひとつでしかありませんでした。
 
 沖縄出身の本土にすむ人は、このことを良く理解しているようですが、沖縄県民は情報が遮断されているのか、それとも左巻きがわざと騒ぎ立てているのか、中国に利するような行動を取っています。
 
 
 沖縄県民に言いたいです。戦艦大和はあなたたちを救うために死ぬことを承知の上で沖縄に向かいました。最初から上陸できるとは思わなかったけれども、沖縄の浅瀬に沈没して、何とか、物資を沖縄に届けたかった。だからこそ、艦内には赤ちゃん用のミルクや女性の生理用品など戦闘に無関係なものが詰まれていたそうです。
 
 日本は沖縄を見捨てたのではない。日本は沖縄を助けられなかっただけです。沖縄を助けられなかったのは痛恨の極みですが、私たちもたくさん殺されました。私の親族も戦争や原爆などで死んでいます。国土は焼け野原になりました。
 
 
 戦争は悲惨です。でも、日本が沖縄を見捨てたわけではないことをどうか忘れないで下さい。沖縄が激戦地になったのは、日本が沖縄を軽んじたからではなく、アメリカにとって沖縄が日本占領のために必要だったからです。
 
 
 沖縄は、日本です。中国ではありません。

この記事に

閉じる コメント(5)

中国、馬鹿につける薬はない。
しかし、これも民主が中国に媚びてるからです。

中国人の強欲は筋金入りです。

2010/8/19(木) 午後 10:38 緋色 返信する

顔アイコン

こんばんは。
桜チャンネルにて。
工藤艦長の”武士道”を紹介した恵氏も沖縄の現状を憂いていました。
沖縄は、本土復帰の時、祖国復帰を願った方々を排除し、極左になってしまった感があります。

沖縄と旧中国の関係で、中国の領土である、というのはあきらかに間違いです。
沖縄は、日本国であり、それはゆるぎありません。

本日の読売新聞によると、南西諸島が侵略されたことを想定し、それを奪還する訓練が防衛庁にて計画されている、というのがありました。当たり前のことであります。
たとえ、訓練であれど、自国を護るという気概を世界に(特に、中国に)示すことは意義があります。(※その訓練は十二月に実施される)

2010/8/19(木) 午後 11:42 [ Hayabusa ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。
沖縄はコミンテルンの工作員が入っていたりするそうで
少し怖いものがあるように思いますね。

チャイナは貪欲に動いていますが、アメリカもそんなチャイナに対して
日本を巻き込んで動きたいようで、ちょっと面白くなっているように思います。

2010/8/20(金) 午前 10:00 [ -- ] 返信する

顔アイコン

民主みたいなのがいるから舐められるのです

2010/8/21(土) 午前 6:02 [ - ] 返信する

顔アイコン

鳩山のようないい加減な首相が、あのような嘘をつけば、沖縄独立派が動き出すのはしかたないこと。
怒怒怒 (`´)怒怒怒
ですが40年前、沖縄県民は本土復帰を願っていました。
すくなくともあの時点で中国へ復帰したいと希望した沖縄県民はゼロのはずです。

日本政府もうかうかしてられません。
小沢が何と言うか楽しみです。ぜひ聞いてみたいものです。

2010/8/25(水) 午後 1:46 Ddog 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事