立川志ら玉の現場主義日記

落語家・立川志ら玉の何も事件が起こらない日々
いつも当ブログを御覧下さいまして、誠にありがとうございます。

さてこの度、7月5日(火)の 「立川流日暮里寄席」にて私立川志ら玉、トリを勤めさせていただきます。
膝代わりの色物には、太神楽の丸一仙若・花仙さんが特別出演致します。
お楽しみに!

下記メールアドレスにて御予約承ります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。



7月5日(火)  「立川流日暮里寄席」

出演:立川志ら玉 丸一仙若・花仙(太神楽)
 立川志らべ 立川雲水 立川志遊 立川志獅丸 立川こはる 

日暮里サニーホール   開場18:00 開演18:15

当日¥2000  前売¥1800

※当メールで御予約承っております。 raku7579@yahoo.co.jp (志ら玉)

この記事に

開く コメント(0)

曇のち雨。
正午起床。

夜、桜木町。
にぎわい座のらく次さんの会にチラシ入れさせてもらい、勉強。
トリの「井戸の茶碗」がとても良かった。
大入り袋頂く盛況。

打ち上げにお邪魔させてもらう。
H氏・らく次と乃木坂話。

らく次と意外な推し被り。
楽しくて、つい飲むピッチ上がる。

ギリギリ終電帰宅。

この記事に

開く コメント(0)

早朝。すぐに目覚めて、もう寝られず。
そのまま起きる。

6:45、ムービープラス、ジョルジョ・セラフィーニ、ジェームズ・コイン監督「ジャスティス・ウォー〜正義の代償〜」。
2013、米。
PTSDを抱えた元特殊部隊の軍人、カン・リー。
非情なマフィアのボス、ドルフ・ラングレン。
ハードなアクション映画。

舛添都知事辞職。
遅きに失す。
オリンピックに都知事が居ないことに何の問題があるのか。

夕方、落語資料コピーし、そのまま図書館で返却・貸出。
ぐるっとウォーキング三十分。

帰宅し、グリーンカレー。

ハイボール飲んで、4時に寝る。

この記事に

開く コメント(0)

11時半、電話で起きる。
そのままTBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」聴取。

夕方、新宿。
チラシ入れ。

池袋。
19時、エソラHMV、ULTRAGIRL。

バス帰宅。
進行遅れ気味の新根多覚える作業。

5時に寝る。

この記事に

開く コメント(0)

雨。ひんやりした気温。
ほとんど眠れず、早朝にすぐ布団から出る。

落語資料読書。

昼前にやっと眠くなり数刻寝る。

1時半、ムービープラス、キオニ・ワックスマン監督「沈黙の処刑軍団」。
2013、米。
スティーブン・セガール主演。
マフィア抗争を舞台にしたアクション。

4時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

二度寝して、午後に起きる。

18時、文化放送「乃木坂46の『の』」。
乃木坂46時間TVの流れで、こちらも生放送。
MC堀未央奈、秋元真夏、桜井玲香。

21時、M-ON!TV、乃木坂46二周年コンサート。
2014・2・22、横浜アリーナ。
乃木坂のライブは、武道館での「ゆび祭り」に於いて遠方から結成初期のワンステージを見たのみ、まとまった単独をきちんと見るのはこの映像が初(MCや楽曲等カット編集されてはいるが)。
口パク故に、客煽るか、レス送るか、通路やゴンドラ使って如何に客席に近付くか、が中心のステージに見えた。
生駒ちゃんの煽り、あんな頻繁に要るだろうか?責任感と役割上、率先して一生懸命やっているのはよくわかるが、画面上では耳障り。
ユニット曲などは面白さ有るが、現場への興味は惹かれない。大箱なら尚更。
私の嗜好としては、乃木坂は「在宅で楽しむもの」の考え強くなる。
これならパフォーマンス的に評判良いアンダーライブの方が見てみたい。
以上、二年前の映像を自宅で見た限りの感想。現場で、そして今現在の乃木坂メンバー達をライブ見るとまた全く違って見えるのだろう。

深夜、雨。

6時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

8時に目覚める。

昼寝。

稽古して、御徒町。
上野広小路亭「立川流夜席」。
ヒザで「六尺棒」。
トリ小談志兄「藪入り」。

ハネて、新宿。
21時、タワーレコード、つばさFLY。
メンバーのやる気感じるインストアライブ。

西武新宿線で帰宅。
生配信の「乃木坂46時間TV」、深夜から見始める。
明け方からは過去ライブ映像と「16人のプリンシパル」映像。
第一回「プリンシパル」の最終公演通し映像初めて見たが、オーディション場面壮絶。
これをやって残っているメンバーはメンタル強くなると実感。
「プリンシパル」での方向性は技術向上目指す生歌志向だろうに、現実には口パクからの脱却感じられないのは矛盾だが。
二回目の「16人のプリンシパル deux」からはゲーム性とエンターテイメント性入り、剥き出しの残酷ショーではなくなっていた。

配信はまだまだ続くが、程よいところで朝寝る。

この記事に

開く コメント(0)

久々の晴。
14時半に起きる。

夜、西武新宿駅。
19時、花園神社、唐組「秘密の花園」。
テント芝居初体験。 
イメージ 2

イメージ 1

ゴザ敷いただけの桟敷にお客がぎゅうぎゅう。
その熱気とお客の集中力。
故勘三郎が、若き頃テント芝居見て感銘受けたと語っていたが、往事とは時代大分違うがその理由わかった気がした。
地べたの「芝」に「居て」見るから「芝居」、「芝居」の原点はこの様なものだったろう、という意を語っていた。
私は、低いベンチ型の椅子に座ったがお尻が痛い。
客席に掛からんばかりに本水使ったり、舞台開いて屋外風景取り入れたり、正に平成中村座が取り込んだもの。

終わって、ゴールデン街のお店二軒。

ベロベロで帰宅。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事