立川志ら玉の現場主義日記

落語家・立川志ら玉の何も事件が起こらない日々
残暑お見舞い申し上げます。

9月13日「志らく一門会 『シネマ落語の会』」の御案内をさせていただきます。
19時開始の「弟子による下克上バトル」に、私志ら玉出演致します。

以下のメールアドレスにて御予約承っております。
皆様の御声援、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



9月13日(火)  「志らく一門会 『シネマ落語の会』」

出演:立川志らく 『ダイハード』  立川志ら玉 立川らく次 立川らくまん  ※弟子による下克上バトル有
 
渋谷・大和田伝承ホール   開場18:30 開演19:00

当日¥3500  前売¥3000

チケット御予約メール  raku7579@yahoo.co.jp (志ら玉)

御問合せ tel.03−6904−9730(ダニーローズ)

この記事に

開く コメント(0)

曇のち雨。
台風7号の影響とか。
12:50起床。

1:05、日本映画専門チャンネル、小澤啓一監督「修羅の抗争 極道はクリスチャン」。
2001。
哀川翔主演。
石橋保・今井恵理・川地民夫。
稚拙なストーリーで特に見る所無し。
哀川翔と石橋保の兄弟分が「まむしの兄弟」感。

DVDにて、ビリー・ワイルダー監督「深夜の告白」。
1944、米。
保険金殺人ミステリー。
レコーダーに吹き込む告白形式という見せ方が、効果的。

5:15就寝。

この記事に

開く コメント(0)

敗戦記念日。
晴。
12:15起床。

歩いて、中野あくとれ。
謎のキューピー「落語家の弟子、前座。」観劇。
終演後、師匠のアフタートーク有。

駅前北口の居酒屋で、同日観覧のらく次・倉庫の二階席亭氏と軽く一杯。

19時前帰宅。

日曜日からの旅行行動計画を煮詰める。

「BUBKA 9月号」完全読了。 
イメージ 1
TIF直前特集のNegicco・アイドルネッサンスインタビューはタイムリー、良仕事。

今号ベスト記事は
・伊藤万理華インタビュー「まりっかの帰還」
アイドル的な扱いを受ける「まりっか」と、お洒落で芸術家肌の個人キャラクターとしての「伊藤万理華」。その両面の揺らぎや、「アイドル」を否定していた状態から、「アイドルとしての『まりっか』をまた見せようと思った」今を語るインタビュー。現在前向きになっているのがビンビン伝わり、読んだこちらもポジティブになった気がする。

・川本紗矢グラビア
千住のタカラ湯での撮影。夏休みに祖父母の家の銭湯を手伝いに来た、という設定が彼女にピッタリはまる。

・今泉佑唯インタビュー
「松屋」・「ゴーゴーカレー」・「CoCo壱番屋」でバイトしていた話と素顔。もし次バイトするなら「日高屋」という回答が最高!

・「月刊48グループマニアクス」
編集部によるチーム8対談。界隈では「遅い」と言われながらも、やっとチーム8熱が高まったBUBKA。今後の8情報にも注目。
結句「チーム推し」こそが熱気の原動力になる。それはプロ野球等でも同じだろう。「組閣」という名の一時のカンフル剤で、築き上げてきたチームの個性がすっかり消失してしまった。その失策に対する回答が、今のチーム8であり、乃木坂の勢いだろう。

文藝春秋、永六輔「役者 その世界」読了。
巻末の参考資料が、細かい字で16ページに渡っていて圧倒。

4:15就寝。

この記事に

開く コメント(0)

晴。
10:20起床。

昼過ぎ、両国。
14時開演、両国亭「第一回 立川志ら玉の会」。
真打になって初の勉強会、も今までと場所も構成も変わらずであるが。
ゲストには、二つ目昇進の快楽亭ブラ坊さん。

笑坊  真田小僧
志ら玉 試し酒
ブラ坊 目黒の秋刀魚
仲入り
志ら玉 鏡ヶ池操松影 ー江島屋ー

16時から打ち上げ。
駅前のさくら水産。

二軒目、かぶら屋。

24時半帰宅。
本日の二席、今後もやれそうな手応え感じられたのは収穫也。

この記事に

開く コメント(0)

晴。
13時起き。

明日の勉強会の持ち物支度あれこれ。
トリ根多中心にさらう。

終日在宅。
会が終わった後にしたいこと色々考えるのが、僅かなストレス解消手段。

この記事に

開く コメント(0)

晴。
14時半起床。

日が落ちると、四階にある自室には風が入ってきて涼しい。

中央公論新社、成毛眞編著「ノンフィクションはこれを読め!2014」読了。
副題「HONZが選んだ100冊」。

入浴剤を入れて風呂に浸かる。
おかげでリラックス。

2時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

山の日。
晴。
14時に起きる。

終日在宅。
落語稽古。

23:10、日本映画専門チャンネル、加藤泰監督「緋牡丹博徒 お竜参上」。
1970、東映。
御存知、藤純子主演。
浅草六区興行街の縄張り争いのストーリー。
菅原文太・嵐寛寿郎・若山富三郎。

6:40就寝。

この記事に

開く コメント(0)

晴。
昨日程の暑さはないが、三十度超え。
13時過ぎに起きる。

勉強会に向けて稽古。

1時、「欅坂46のオールナイトニッポン」。
3時、「新内眞衣のオールナイトニッポン0」。

明け方、ローソンにてチケット購入。

6:20就寝。

この記事に

開く コメント(0)

晴。
猛暑日。
12:45起床。

夜、御徒町。
上野広小路亭「立川流夜席」。
ぜん馬師匠の代バネ。私でいいのかしらん。
トリ「試し酒」。

初の代バネ経験となる。

自分の会が近いので、清く直帰。
21:15帰宅。

宝島SUGOI文庫、夏原武編「極道のすべらない話」読了。

5時就寝。

この記事に

開く コメント(0)

曇。
風強し。
13時起床。

勉強会根多さらう。

講談社、佐野眞一「怪優伝 三國連太郎・死ぬまで演じつづけること」読了。
三國自薦の出演十作品を一緒に鑑賞し、その作品話を中心に、生い立ちや芸談等含んだ著作。
自薦十本は時代順に、「本日休診」・「ビルマの竪琴」・「異母兄弟」・「夜の鼓」・「飢餓海峡」・「にっぽん泥棒物語」・「襤褸の旗」・「復讐するは我にあり」・「利休」・「息子」。

5:20就寝。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事