ここから本文です
ラ・モートの備忘録
私が、私の為に、私が作った、私の単なる備忘録ですo(^-^)o

書庫全体表示

*CB君のカムチェーンテンショナーの構造について調べてみました。
 
↓図ー1:カムチェーンまわりの構造図(これでは、構造は良く分かりませんね)
イメージ 2
 
↓図ー2:カムチェーンテンショナー構造図
イメージ 1
 
構造説明:
 
1.大きくは、カムチェーンテンショナーA(以下Aとする、黄色)とカムチェーンテンショナーB(以下Bとする、青色)で構成されてます。品番5:テンショナースリッパー端部は、各々このA,Bに挿入されます。
 
2.スプリング(緑色)の上端(○A部)は、Aに、下端(○B部)は、Bに引っ掛けられてます。
 
3.従って、BはAの内側を引っ張られて上方向にスライドします。
 
4.これによって、品番5:テンショナースリッパーは、円弧が膨らんだ状態になり、カムチェーンを押して密着し、チェーンの緩みをとります。
 
5.この状態で、もしエンジンが回ったとすると、Bは激しく上下し、チェーンも踊ることが想像できます。
 
6.そこで、エンジン停止時に、品番5:テンショナースリッパーがチェーンに密着した状態で、アジャストスクリュウ(桃色)を品番11:ロックナット(6mm六角ボルト)で、固定します。
 
7.この状態で、エンジンが回れば安定した、静かな運転音が期待出来ます。
 
メンテメモ:
 
1.カムチェーンの音が気になりだしたら、まず、エンジンクランクシャフトを、1&4番のFマークから90°回転方向にまわし、カムチェーンテンショナー側が緩んだ状態としておきます。次に、ロックナットを緩め、アジャストボルトが、共回りしないように、ドライバーで固定した後、11:ロックナットを締めれば、調整完了になります。
 
2.エンジン分解時は、カムチェーンテンショナーを外し易くするために、事前にロックナットを緩めて、アジャストボルトを右いっぱい(約90°)にドライバーで締めた状態でロックナットを締めつけておきます。
 
 
 ブロガー諸先輩殿へ
 
    以上、実物を見たわけではなく、CD125Tのパーツリストのイラスト等を参考   に、想像してみました。間違っている箇所等、ご指摘願えれば幸いです。
 
                       おわり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じるコメント(19)

  • 顔アイコン

    同じように見える350から750までのOHC4気筒シリーズですが
    まったく方式がちがうんですね!勉強になります♪

    みなぱぱ

    2011/6/26(日) 午後 2:02

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    みなぱぱさんへ
    お役に立てて何よりでした。お手すきの折で結構ですので、350、750についてのご紹介を期待してます。

    ラ・モート

    2011/6/26(日) 午後 5:23

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    わかりやすい図解ですね。
    パッと見ただけでは構造がチンプンカンプンでした。
    参考にさせていただきます。

    [ bassman ]

    2011/6/26(日) 午後 9:32

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    bassmanさんへ
    分かって頂き、何よりでした。カムチェーンテンショナーの構造が明確に説明されてるHP、ブログが見当たらず、実のところ苦労しました。結局手元のCD君のパーツリストが一番分かり易かったです。

    ラ・モート

    2011/6/26(日) 午後 9:48

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    CBはOHCでしたよね。
    この構造は日産スカイラインR30の形状に似ていました。
    といっても一部分ですけど。
    懐かしいです。

    [ 村木じんごろう ]

    2011/6/26(日) 午後 10:03

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    村木じんごろうさんへ
    *4輪もお詳しいようですね。カムチェーンテンショナーまでご存じとは、なかなかですね。

    1971製のCB君と、1994年製のCD君のカムチェーンテンショナーの構造はほぼ同じようです。

    23年の時を隔てても、基本構造は不変でした。

    ラ・モート

    2011/6/27(月) 午前 9:06

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    750はテンショナーはプレートではなく、ローラーになっていますね〜。テンショナーホルダー下にあるアジャスティングボルトを緩め、テンショナープッシュバーを押し込む?感じのものです。文章じゃ〜わからないですよね、すみません m(_ _)m
    後でこの画像だけUPしておきます。
    あっ、お嬢様の表紙絵見ましたよ(#^.^#) 少し祭りの感じもいれた優しい感じの絵でしたね。作品を読んで、その作品の感じを1枚の画にする、感性が問われる大変な仕事ですね。

    [ ローガン ]

    2011/6/27(月) 午前 9:36

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    いつもながら勉強家ですねー!
    その探究心がすばらしい。

    普通みなさん、見て聞いて覚えるモンですけどねー。

    haryu_pa_pa

    2011/6/27(月) 午前 9:59

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    Haryu papaさんへ
    ありがとうございます。「分からなければ、分かるまで、頭がガンガンするぐらい考えてみろ!」と何かの本で読んだことが身にしみついています。まあ、言わば職業病(現役時代の)なんですけど。分解して見るには、技量がなく、最後は皆さんにお聞きするつもりでした。

    ラ・モート

    2011/6/27(月) 午前 11:22

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ローガンさんへ
    *別途、CB750のテンショナーのイラストをアップして頂き、ありがとうございました。良く分かりましたよ。拙長女のイラストを見て頂きありがとうございました。この世界、感性はあっても、相当の労力を要すようで生活は楽ではなさそうです。でも、好きなことやってるだけが、何よりかと思ってます。

    ラ・モート

    2011/6/27(月) 午前 11:31

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    パーツリストからの画像でした。自動調節のようですが、クランクを回転させて前側のカムチェーンを張った状態にして、そのあとテンショナー側で後ろを張るといった感じのようです。プッシュバーは、1度押すと良いといった記事を見た記憶があります(定かではありませんが…笑)
    好きなことをやっていることは、親にとっても子供にとっても喜ばしいいことですが、やはり生活できているかが心配になりますよね〜
    (-_-;)

    [ ローガン ]

    2011/6/27(月) 午後 0:51

    <<コメントに返信する
  • 図解説など盛り込み、あらためて、再認識できました、以前、作業してみたところ、ほぼテンショナーの動きもなく、少し押し付けぎみでロックナットを締め付けました。かなり運転時間が経過しないと「チェーン伸び」、調整しろが出ないかもしれないですね。

    [ ヨコも ]

    2011/6/27(月) 午後 1:01

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ローガンさんへ
    *そうですね、馴染みをとるといった意味で、プッシュバーを押してやることは良いことだと思われますね。

    ラ・モート

    2011/6/27(月) 午後 5:54

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ヨコもさんへ
    *そうですね、アジャストスクリュウを左右に回して、馴染みをとったり、少し押し気味にして、ロックするのも良いかと思われます。これでしばらくは静かなエンジン音を保てそうです。次回は、音がしだしたら、再調整の合図でしょうか?

    ラ・モート

    2011/6/27(月) 午後 6:03

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    酔っ払い状態で拝見させていただき、理解するまで3日かかりました(涙・・・今もベロベロですが!

    ※複雑な構造が当時を物語っている様に思えました。

    [ 三河 ]

    2011/6/28(火) 午後 9:53

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    動作的にはその通りです。グリーンに塗られたスプリングがアジャスタースクリューを緩めることによりスライダー下部を引き上げ弓なりに曲げてチェーンを張ります。張った状態でアジャスタースクリューをロックするとチェーン張りが完了します。
    ただこの調整をどのタイミングでやるかが私の持っている500のマニュアルには記載されておりません。
    昔のアイドラー方式は上死点でやれとか下死点でやれとか書かれていますが何処が本当なのでしょうね?
    ちなみに同様な構造をしたCB750FやCBX1000ではアイドリング状態でアジャスタースクリューを1/2回緩め直ぐに締め付けるように書かれています。
    私の場合バラしたときどうやったか記憶がありません。いつもバラしているT田氏に意見を聞いて下さい。

    Rust Salvage

    2011/6/28(火) 午後 10:20

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    追加です。アジャスタースクリューのボルトのマイナス切り込みですが、動作は回すことにより張りを弱くする方向にあります。ナットを緩めると勝手にチェーンは張られますのでドライバーで供回りを押さえロックナットを締めれば良いと思います。
    この構造の私の解釈は間違っているかも知れませんが、修理時スリッパーの張りを最低にしてロックし、作業しやすくする機構と思ってます。

    Rust Salvage

    2011/6/28(火) 午後 10:36

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    三河さんへ
    *そうなんです、複雑な構造説明を、きちんとするのは難しいですね。分かっている側と分かろうとする側の葛藤みたいな感じがあります。メカに詳しい方が、3日も要したのは、私の説明が不十分と考え、後日、説明文の見直しをしたいと思います。とあれ、熱心に解読して頂けてうれしく思います。

    ラ・モート

    2011/6/29(水) 午前 9:53

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    RSさんへ
    ”スライダー”という専門用語が出てくるところは、流石ベテランですね。他車との調整の違いも興味深いものがありました。とあれ、拙説明文を、今読み返しましたが、不十分と思える箇所がありますね。RSさんのコメント中の、分かり易くて、良い表現を参考にさせてもらって、後日見直し修正したいとおもいます。
    貴重なコメント、ありがとうございました。

    ラ・モート

    2011/6/29(水) 午前 10:08

    <<コメントに返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事