クロの昆虫図鑑

日々出会えた虫達の昆虫図鑑です。

鱗翅目タテハチョウ科マダラチョウ

すべて表示

アサギマダラ(タテハチョウ科マダラチョウ亜科)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 Parantica sita

 <分布> 北海道・本州・四国・九州・南西諸島に分布する。北海道ではまれ。関東地方より北の地域では数は少ない。また、南西諸島より南でも個体数は多くない。
 国外ではアフガニスタン・ヒマラヤ・ビルマ・タイ・インドシナ・中国大陸・マレー半島・スマトラ・台湾・朝鮮半島にかけて分布し、原名亜種は西ヒマラヤ・カシミール産。
 日本産は分布の東・北限にあたり、ssp. niphonica Moore とされ、この亜種のタイプ産地は栃木県日光。

 <生態> 多化性。本州中部以北では2〜3回、それより南の地域では4〜5回の発生と考えられる。南西諸島では1〜2月にも成虫がみられ、さらに発生回数は多いと思われる。
 九州以北では越冬態は幼虫で、幼虫は休眠せず、暖かい日には摂食する。
 成虫は樹林周辺に棲息する。春・秋には低地に、夏には高地で数多くみかける。飛翔はゆるやかで、ネズミモチ・アザミ類・ヒヨドリバナ・オカトラノオなどの花で吸蜜する。

 <食草> ガガイモ科のキジョラン・イケマ・オオカモメズル・サクラランなど。

 <雌雄の区別> ♂の後翅肛角付近に大きく黒い性斑があり、♀はこれがない。

 <近似種との区別> 次種タイワンアサギマダラに似るが、(1)本種は大型で、前翅が細長く、前翅中央付近で大きくくびれること。(2)後翅表外縁の地色が赤味を帯びること(次種では暗茶褐色)、(3)腹部の色が暗褐色(次種では濃黄褐色)などの点で区別できる。

 保育社「原色日本蝶類図鑑」(全改定新版)(4刷) 第39図版1 191頁


.


みんなの更新記事