ラグドールとロハスなエコライフ

ラグドールのアリスと家庭内、レシピや最近ハマっているバイクのプラモの事等を書いている欲張りなブログです。

車のプラモデル

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年の4月にシルバー状態で置いてあったネコワークスさんのスカG

関西AMMに持って行こうと思い、少し手を入れるつもりで点検したら、なんと何箇所か塗装が浮いていました。

塗装面を押してみるとふわふわしていたので、剥がしてみるとペリッと!

二日前だったので、諦めてIPAに浸けておきました。


昨日取り出して部分チェックをし、早速塗装を初めて見ました。


こんな感じになっています。


イメージ 1


う〜ん、どうなんでしょう?


イメージ 2


なんというか!?


イメージ 3


ボディーカラーといい細部といい、なんか納得できませんが〜?


イメージ 4


こりゃもう一度ドボンですね!(爆)

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

昨日書きましたようにレストアが完了しました。

前の記事で5年前と書きましたが、製作自体は6年前でした〜?(笑)

いやいや、歳はとりたくないですね。


さてそのレストア、こんな感じになっていますよ。

イメージ 1


ちなみにレストア前の完成画像です。


イメージ 2


ゴールド系のカラーをメッキベースに変えています。

他にもおもちゃ丸出しだったレバー関係を気持ちディテールアップしています。


イメージ 3


カラーもメッキに変更し、ロッドとスプリングを金属に変えました。


イメージ 4


フロント周りはこんなでしたが?


イメージ 5


こちらも光らせましたよ。


ホイールハブの再塗装はこんな感じに。


イメージ 6


段付き部分へのマスキングですが、タミヤの曲面マスキングテープを引っ張りながら貼るとうまく段差にも馴染みますね。


イメージ 7


ゴールドメッキ系のパーツです。

かなりそれっぽくなったと思うのですが〜?(笑)


イメージ 8


反対側はこんなです。

このキットのデカール、厚みがあるわシルバリングが出るわで、なかなか苦労しました。

レバーのあるあたりのデカールは塗装中に剥がれてしまい、ちょっと汚くなっていますよ。


イメージ 9


ちょっとはミニカーから模型に近づきましたかね〜?


イメージ 10


ホースの金具やストレーナーの穴あけなど、少しだけ修正しましたよ。


イメージ 11


この蒸気ポンプのあたりのメカニカルさがたまりませんね〜!

今月末の関西AMMに展示予定ですよ。

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

5年前の作品ですが?

MPCのクリスティーファイヤエンジン、貸出していた模型店から引き上げてきました。

汚れを落としてレストアしますね。


当時はNEXTも発売されていなくて、旧メッキシルバーとアルクラッドなどで塗装していましたね〜!

ゴールド部分も普通にゴールド。

今回ちょっとディテールアップとともにNEXTベースのゴールドメッキにしましょう。


イメージ 1


再塗装系のパーツを外した状態です。

全体にうっすらとホコリも載っていますよ(笑)


イメージ 2


今回再塗装するパーツの一部です。

フィニsッシャーズのゴールドですね。

ストレーナーの部分も穴が空いていないので、今回開口しました。


イメージ 3


こちらのブレーキやシフトのレバーも動きそうもないモールドなので、少し手を入れます。


イメージ 4


塗装を剥がして開港したところですが、このメッキがとても強固で、いくらシンナーにつけても剥がれてくれなかったのを思い出しました(笑)

レバーはこうなっています。


イメージ 5


スリットを抜いてレバーのストッパーを切り取っています。

塗装後にロッドとスプリングを付けましょう。


イメージ 6


ハンドルにはタコ糸を巻いてみました。

このファイヤエンジン、フロントドライブなのでハンドルが重かったのでしょう、実車の保存されているのにもしっかりとロープが巻かれていました(笑)


イメージ 7


今日1日で下地から初めてゴールドになっています。

この作品はあまり実車館とかいうのではなく、飾って見て楽しいのを目指していますよ。


この後クリアーで表面を整え、パーツを組み付けます。

明日には完成しそうですね。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

朝から探して、すぐに意外なところから返してくれました〜(笑)

いや、前回と同じ棚にあるマスキングテープですが?


イメージ 1


三つ重ねの一番下、16mmテープの裏側にくっついていました。

見つから無いですって!(笑)


このクズを開きますと。


イメージ 2


中に入っていましたね〜。

いつも小人さんにはネタを作ってもらっているようですが、正直もういいです!(笑)


早速塗装を済まして取り付け、ダッシュボードの完成ですね。

バスタブに取り付けるとこうなります。


イメージ 3


ホーンボタンはインレットを使わずに自作デカールで仕上げました。


イメージ 4


ボディの方はドアを取り付けました。

前回紹介したようにスプリングで寄せていますよ。


イメージ 5


外側はこんなです。

いろいろいじった甲斐があってうまくチリがあっていますね〜。


これにバスタブを入れ、フレームをインストール!


イメージ 6


結構タイトでしたが、なんとか部品のはずれもなくインストールできました。

あとはタイヤを接着。


イメージ 7


ワイパーとか細かい部品を取り付け、とりあえず完成!


イメージ 8


マフラーカッターは出てこなかったので、とりあえず完成速報です。

背景にはグッドウッドの写真を。


イメージ 12



愛用していたカメラが故障し、買い替えまでの間はiPhoneでの撮影です。

自由が利きませんので見難いところはお許しを。


イメージ 9


オープン状態。

ボンネットとドア、ともに支えのパーツが付いていますので、きちっと開くことができます。


イメージ 10


室内の感じもGOODですね!


イメージ 11


キットのパーツと自作の製作お助けキットでいい感じに仕上がりました。

ちょっと家の買い物で時間を取られてしまい、お助けキットの取説が書けませんでした。

明日は朝から書き、夜までにはリリース予定です。


最初のシートデカールだけの構想から色々と増えてしまい、予定価格は定形郵便の送料込みで¥1,500になりそうです。


値打ちはあると思いますので、よろしくお願いしますね〜。

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

え〜、いつものように行方不明のパーツが3つほど(爆)


ダッシュボードのアシストハンドルが一組、マフラーカッター、デスビですね。

デスビは早くから行方不明でしたが、あまり目立たないのでまあいいかと思っていましたら、昨日時点ではあったはずのアシストグリップが見当たりません!

気がつけばマフラーカッターも!!!!

あちこち探したのですが未だ発見できず(泣)


また明日じっくりと探すことにします。


とりあえずここまで進みました。

まずはシャシー。


イメージ 1


バスタブは乗せてあるだけですし、ホイールもポリキャップの外側で止まっています。

インマニのシルバーが目立ちますね。


イメージ 2


ハンドルも塗り分けて取り付けました。

このハンドル、実車では上側がパタンと90度たためるようになっています。

ガルウイングゆえの乗りにくさをこの辺りで助けているのですね。

今のフォーミュラのハンドルがはずれるのと同じ発想でしょうね。


イメージ 3


横から見るとホイールキャップのスリーポインティッドスターがいい感じです。


そしてボディー。


イメージ 4


研ぎ出しと窓枠のクロームを塗り終わりました。

細かな部品も取り付けて、ますますアゲアゲです!(笑)

もちろんメッキパーツは全てNEXTのクリアーコートですよ。


正面。


イメージ 5

こちらはノーズエンブレムを見てください。

キット付属よりもずっとメリハリがありますよ。

グリルのスリーポインティッドスターは、周りがガンメタかグレーのようですね。

角度がついて見た時に、スリーポインティッドスターがくっきりと見えるようになっているのでしょうかね?

メルセさん如何でしょうか??


ウインカーはクリアーホワイトを軽くかけました。



今回はちょっとドア周りに手を入れています。

仮組時にドア上側のガタつきが気になったので、こんな方法で止めるように考えてみました。


イメージ 6


内装の塗り分けがグダグダですが、見ない事にして下さいね〜(笑)

ヒンジに通してある金属線ですよ。

これをバネにしてヒンジを内側に寄せようとしています。

ちなみに0.3mmのステンレスバネ線です。


ヒンジ受けにセットしますと?


イメージ 7


こんな風に少しだけ突っ張ってくれるのですよ。

ヒンジの部分に穴を開けるのが大変でしたが?


もう一つ、ガルウイングのドアをきっちりと閉めるために今回はネオジムマグネットを仕込みました。


イメージ 8


見にくいですが、ストライカーの部分に1mm角のマグネットを埋め込みました。


イメージ 9


相手もストライカーの部分です。

フレームがかぶりますし、アンダーカバーも付きますから見えなくなります。


バスタブにドアをつけますと。


イメージ 10


こんな風に自立してくれますよ。

これで完成時にはぴったりとチリが合ったドアになるはずなんですがね〜?(笑)


この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事