rea*****のブログ

1人のアメカジ好きがブログ始めてみました!

1001XX 糊落とし その2


で乾燥後の姿




イメージ 1

耳部分がボッコンボッコン!!!!!

これは素晴らしい  思わずナデナデしてしまいます





イメージ 2


フラッシュ炊いたらベタッとした印象になってしまった

心配だった乾燥機特有のカミナリ皺も皆無  上手にできました!








イメージ 3


イメージ 4

パッカリングもボッコンボッコン 天日干しだとここまでにはならないような気がします










イメージ 5

熱湯→水を3回ほど繰り返した革パッチ

次回他のパッチと比べる予定ですが、明らかに縮んでいます

ただ牛革などに比べて圧倒的に変化が乏しい

また、この画像で気づいたのですがベルトループ短いな〜






イメージ 9

革パッチのエッジにはインディゴの色移りが










イメージ 6

イメージ 7

洗濯後はホツレが目立たなくなるかな〜と思っていましたが、さらにホツレました

せっかくなのでもっとボロボロになってくれたほうが嬉しいです





イメージ 8

裾もウネウネ











イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

金属パーツは特に変化なし








イメージ 13

イメージ 14

裏側はインディゴの色移りが激しいです








イメージ 15

イメージ 16

改めて耳のボコボコが素晴らしい



乾燥機使っている人は普段からこんなオイシイ思いをしてるのか。。。

天日干しがガチガチ・ザラザラな質感になるのに対して
乾燥機はフワフワ・ポコポコといった印象



結論:乾燥機いいな〜




実寸ですが

ウエスト86→80.5
股下82→72
股上前27.5→26
股上後36→32
ワタリ27.5→26.5
裾幅20.5→19.5


ということでなぜか乾燥機に入れたら股下伸びました。。。

おかげでくるぶし丈は免れたので結果オーライ

ちなみに実寸&穿いた感じは手持ちのワンウォッシュの1001とほぼ同じでした



今回思ったのですが、乾燥機よりもお湯→水で交互にすすぐのが一番しっかり縮むのでは?ということ

むしろ乾燥機は若干膨張したような気がします

次、糊落としする際はその辺調べてみたいです  誰か気になった方は試してください^^




このままだと柔らかすぎるので再度糊付け後履き込む予定です


で、まだ穿き込んでいない理由ですが、実家にワンウォッシュの旧牛パッチ1001XXがあったな〜
と思いせっかくなので比べてみよう、と





イメージ 17

で、先日実家から持ってきました

思った以上に大違いでした

次回、比べてみます

では^^

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

1926 CROSSETT SHOE


花粉が







イメージ 1


CROSSETT SHOE

1926年11月購入

貴重な箱・レシート付きデッドストック







CROSSETT SHOEは1885年、Lewis A. Crossettがマサチューセッツ州ノースアビントンに
Lewis A. Crossett Companyを設立したのがはじまり






1900年代〜1920年代ごろが最盛期だったらしく、多くの広告を見かけます











なくなったのは40年代でしょうか?

見かけたらほぼ確実に戦前でしょう







クロジットシュー 恥ずかしながら女性物を作っているイメージしかなく、今回初めて男性靴を見ました



最近はベイでの購入が困難なので、ご存知アノお店にて15ドルで購入

先日のレッドウイングと一緒に送ってもらい、送料も合わせて50ドルぐらいだったでしょうか。。。

もうこれ以上コレクションが増えても困るので明日売ってこようと思います さようなら〜

町田付近で見かけた方は保護してやってくださいm(_ _)m



この記事に

1001XX 糊落とし その1


Jリーグも始まったし何だかんだでWBCも面白いし

春ですね〜




糊落とし・乾燥機インが終わっているので事後報告です





・バケツにお湯を張ってジーンズをジャブジャブ

・今度は冷水でジャブジャブ

これを一時間ぐらい繰り返したら…



















疲れた










ヘルニア持ちなので腰痛が



ついでに革パッチに熱湯かけてやりました





ジャブジャブしているときにあることに気づく


『なんかこのジーンズ小っちゃくね?』


っていうか


『なんかレングス短くね?』


嫌な予感





絞ってシワを伸ばして干す
(出来るだけ乾燥機の時間を短くしたいのと洗濯機のすすぎのようにしっかり絞れていなかったから)




ついでに股下を測る


70cmしかない…




反対の足は…


69cmしかない…













これは以前試着したリゾルトW28L29のようなくるぶし丈の予感 危険すぎる

糊落とし前82cmから糊落とし後69cm???????

-13cm???????



何度測っても70cmぐらいしかない

干してる間考える…


乾燥機入れたら65cmくらいになるんじゃね?

だったらこのまま干したほうがダメージ少ないんじゃね?




半泣き・半ギレで20分ほど考えた結果、コインランドリー行こう

さらに縮んだらネタにもなるし^^







で、準備







イメージ 1

・要らないズボン×2(寝間着・部屋着・作業着として着用  どうなってもいいヤツ)

・要らないTシャツ×4(ボロボロなので靴磨きにでも使おうかな〜と思って取っておいたヤツ)


を用意します


よーく見るとインディゴが色移りしているのがわかりますね  事後報告なので(^_^;)






イメージ 2

ズボンにTシャツを着せます

脚に対してTシャツ一枚

もう一つのズボンにも同様に着せたら…








イメージ 3

ジーンズを穿かせます

既に乾燥機に入れているので裾はウネウネです (;^◇^;)ゝ

申し訳ない… ホントは糊落とし前に撮影すればよかったんですが色々あって面倒でした…











イメージ 4

ズボンどうしを結んで…










イメージ 5

ハイ完成!


なかなかいいアイディアだったと思います!

とりあえず、ジーンズに折り目ができてそこが擦れるのを防げばいい、と

しっかり立体的になり、まるで人が穿いているかのよう

(実際はジーンズを裏返して乾燥機インしました)














イメージ 10

まだできたばかりのコインランドリーへ

2月まで開店割引していたみたいです 残念




↑いつも福袋や面白い実験でお世話になっているさめーさんのサイト  フムフム


ということで大きい乾燥機8分/100円を選び、とりあえず400円(32分)・高温でスタート



下見に行ったときは誰も人がいなかったので撮影チャンスあるかな〜と思っていたのですが、
残念なことに数人先客がいたのでコソコソ撮影しました


20分ほど回したらズボン同士の結び目が解けて、ただのジーンズ・ズボン・Tシャツになっていました

ほとんど乾いていましたが、試しにジーンズを表にして残りの時間グルングルン

32分後、コインポケットなどの生地が重なるところは少し湿っていましたが十分と判断し帰宅

(他の人から絶対変な目で見られていたと思います






その結果…





イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

激しい戦いだった…




結果はその2で


花粉症で発熱がヒドイのといろいろ忙しいので2週間ぐらい空くと思いますm(_ _)m

では



この記事に

6年後&最近見た映画



2011年3月11日から6年です

毎年思うことがあり、毎年それが少しずつ変化しているのを感じます






5年以上前、Joel Greenblattさん(投資家…と言っていいのでしょうか?)の記事を読んでいるとき2つのドキュメンタリー映画を知りました


・waiting for superman

・the lottery


最近ごにょごにょしてやっと見ることができました(*^^*)






waiting for superman (2010)


イメージ 1





イメージ 2
(シンプソンズ面白いですよね^^)


劇中で突然流れたグリーンデイのアメリカンイディオットがツボでした

最後まで見ると「waiting for superman」のタイトルに納得









the lottery (2010)


イメージ 3

waiting for supermanが社会問題に切り込んでいるのに対し、こちらは複数の家族の密着ドキュメントのような内容

waiting for supermanのほうが面白かったです







どちらもアメリカの教育制度とその問題点を扱ったドキュメンタリー

教育とはこうも残酷なものなのか…



問題があることそのものよりも、問題に対して明確で完全な答えがないというのが一番の問題なのでは?
と感じました

普段は見ないような映画でした




とりあえず花粉症がひどくて発熱が


この記事に

赤タブをごにょごにょ




イメージ 1

↑このレーヨンカンヌキを…








イメージ 2

↑ピンセットと鼻毛ハサミ(笑)で抜き取っていく…









イメージ 3

↑おっけー

肝心の表側は…









イメージ 4

↑ お見事!!!!!   上手にできました!!!!!










イメージ 5

↑赤タブは片面タブでした










イメージ 6

穿き込んでいくうちに目立たなくなっていくハズ




参考にしたサイト:




この場をお借りしてお礼申し上げます 

どうもありがとうございました m(_ _)m




この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事