RED PEGASUS

東日本大震災、F1ドライバー全員から激励メッセージ!

全体表示

[ リスト ]

F1第3戦マレーシアGPは、4日、午後4時よりセパン・インターナショナル・サーキットで56周の決勝レースが行なわれ、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが今季初優勝を挙げ、チームメイトのマーク・ウェバーも2位に入り、開幕2戦の不運を払拭する1−2フィニッシュを飾った。

雨の予選から一転、決勝スタート時のコンディションは晴れ、気温32℃、路面温度44℃のドライコンディション。
ザウバーのペドロ・デ・ラ・ロサがグリッドに着く直前にエンジントラブルに見舞われ、23台でのレースとなる。
スタートではほとんどのマシンがソフト側タイヤを選択したが、予選でまさかのQ1敗退に終わったフェラーリの2台、マクラーレンのルイス・ハミルトンなどはハード側タイヤを選んだ。

そのスタートでは3番グリッドのセバスチャン・ベッテルがP.P.スタートのマーク・ウェバーのイン側に飛び込み、1コーナーでトップを奪い、以下、マーク・ウェバー、メルセデスGPのニコ・ロズベルグ、ルノーのロバート・クビサ、フォース・インディアのエイドリアン・スーティル、メルセデスGPのミハエル・シューマッハと続く。

7番グリッドにつけていたウィリアムズのルーベンス・バリチェロはエンジンストールに見舞われるが、無事再スタートを切り、予選で後方に沈んだマクラーレン、フェラーリ勢が徐々に順位を上げてくる。

9番グリッドスタートからの活躍が期待されたザウバーの小林可夢偉だったが、オープニングラップでひとつポジションを落とすと、9周目にマシン後部から白煙を吐き、結局開幕から3戦連続のリタイアに終わる。

10周目にはメルセデスGPのミハエル・シューマッハもマシントラブルに見舞われ、今季初のリタイアを喫した。


ミハエル・シューマッハ

『完走できなくてがっかりしている。
 残念ながら左リヤのホイールナットが脱落したんだ。
 ターン6でマシンが突然すごく不安定になり、ほとんど制御できなくなり、それから駆動力がなくなった。
 最初はサスペンション関係かと思ったけれど、
 マシンを止めて見てみたら、ホイールナットがなくなっているのが分かった。
 めったに起こることではないし、テストでも起こらなかった問題なので、調査する必要がある。
 当然、このレースで完走したかった。
 たぶんとてもうまくいったはずだと思うからね。
 そうはいっても、これもレースなのだということはよく分かっている。
 腹を立ててみても始まらない。
 ゲームの一部として受け入れ、前を見るほかないよ。
 少なくともニコ・ロズベルグが僕らにとって初めての表彰台を獲得したから、
 彼のためにもチームのためにもよかったと思う』


イメージ 1

レース序盤はセバスチャン・ベッテルマーク・ウェーバーのレッドブル勢が早々と1−2態勢を築く。
10周目には3番手ニコ・ロズベルグとの差を5秒近くに広げる。
なおも快調に周回を重ねるレッドブル勢はそのリードをさらに広げていく。
20周目には11秒のマージンを築いて早くもレースの主導権を握った。

レッドブルが1−2でレースを進めるなか、各車1回目のピットインはタイヤ選択が分かれたこともありマクラーレンのジェンソン・バトンが10周目と早めだったのに対し、上位勢は20周を過ぎてからとなる。
4番手ロバート・クビサが22周目、翌周に3番手ニコ・ロズベルグが入る。
先頭のセバスチャン・ベッテルは24周目にピットインしてタイヤをハードタイヤに交換した。
セバスチャン・ベッテルの翌周にピットインした2番手マーク・ウェーバーはタイヤ交換の際に右フロントのジャッキが一瞬外れず数秒をロスしてしまい、コース復帰は、ピットインがまだのルイス・ハミルトンを挟んで3番手となり、セバスチャン・ベッテルとの差も5秒近くまで広がってしまった。

しかしピットイン以降もレッドブル勢の優位は動かず。
30周目を過ぎてもトップ2台と3番手ニコ・ロズベルグとの差は10秒以上。
心配された天候も雨の降る気配はなく、レースの注目は後方のポジション争いに移った。

後方スタートからポジションアップを図るマクラーレン勢とフェラーリ勢はルイス・ハミルトンが前述のように一時2番手を走るなど、レース序盤から徐々にポジションを上げ31周目のピットイン以降は暫定6番手を走行。
終盤は5番手のエイドリアン・スーティルを激しくプッシュした。
また、フェリペ・マッサが27周目、フェルナンド・アロンソは37周目と1回目のピットインを遅らせたフェラーリ勢も、終盤は7番手を走るジェンソン・バトンと激しいバトルを繰り広げる。
44周目の1コーナーでフェリペ・マッサジェンソン・バトンをオーバーテイクする。
しかしフェルナンド・アロンソはトラブルを抱えながらバトルを繰り広げた末にマシンから白煙を吹いてストップ。
レース残り2周でのリタイアはランキングトップだったフェルナンド・アロンソにとって悔やまれる結果となった。

開幕2戦はトラブルに泣かされたレッドブル勢だが、この日は危なげない走りでチェッカーを受ける。
セバスチャン・ベッテルが昨年の最終戦アブダビGP以来の通算6勝目を獲得。
マーク・ウェバーも同じくアブダビGP以来の2位表彰台となった。
3位には2008年シンガポールGP以来の表彰台となるメルセデスGPのニコ・ロズベルグが入った。


ニコ・ロズベルグ

『チームにとって初の表彰台をタイトルスポンサーであるペトロナスのホームGPで獲得することができて、
 最高の結果が出せた。
 今週末、そして冬の間ずっと懸命に努力してくれたチームの全員に感謝したい。
 この結果で僕らの努力が報われた。
 ここからが始まりだ。
 表彰台に戻ってこられて、それからマレーシアのファンの人たちからたくさんの応援をもらえて、
 最高の気分だ。
 今日はスタートはあまりよくなかった。
 少しホイールスピンさせすぎて、3位になってしまい、
 前のマシンについていくのは難しいだろうことが分かった。
 ファーストスティントではオプションタイヤで少し苦しみ、
 そのせいでロバート・クビサに接近されてしまったけれど、プライムタイヤに換えてからは、
 すごく快適に走れるようになり、レースをマネージして3位を守った。
 今週末は強力なパフォーマンスを見せてきて、最後を素晴らしい形で締めくくることができた。
 まだ僕らは理想的な位置にいるわけではないので、
 これからもプッシュしていかなければいけないけれど、
 すぐに目標のポジションに立てると確信しているよ』


イメージ 2

4位ロバート・クビサ、5位エイドリアン・スーティル
マクラーレンのルイス・ハミルトンは6位、ジェンソン・バトンは8位。
フェラーリのフェリペ・マッサは7位、フェルナンド・アロンソは12位完走扱い。
9位トロロッソのハイメ・アルグエルスアリ、10位ウィリアムズのニコ・ヒュルケンベルグとなった。

ニコ・ロズベルグがやってくれました!
メルセデスがワークス復帰を決めて初の表彰台獲得です!
スタートでトップを奪えなかったのは痛かったですが・・・
たとえスタートを決めていても、今回のレッドブルのマシン相手ではこれが最高のリザルトだったでしょう!
もう一段階マシンに速さを身につけることが出来れば、悲願の初優勝を今季観られるかもしれません♪
レッドブル勢は信頼性さえあれば、馬鹿っ速ですね〜@@
その中でもスタートをキッチリ決めたセバスチャン・ベッテルは手がつけられません!
逃げさせたら誰も止めることが出来ませんからね〜@@
止められるものがいるのはマシンの自滅のみ!
本来なら開幕3連勝を決めていたことでしょうからね〜
前戦までに獲得していたはずの『50』ポイントはライバル達にハンデをくれてやったようなものですね!
タイトル争いの話をするのは、まだまだ気が早いのはわかっていますが・・・
ポイントリーダーとなったフェリペ・マッサが『39』ポイントでトップに浮上!
『24』ポイントで8位に上がったマーク・ウェーバーまではチャンスがあるでしょうね!
しかし『9』ポイントのままに終わり10位に後退したミハエル・シューマッハは・・・
3戦を終えただけですが、今の感じで行くとほぼ絶望的かな・・・
世間の風当たりもますます強くなりそうで、イタリア紙にはまたボロクソに酷評されることでしょうね><
まぁ〜最後まで何が起きるかわからないのがF1ですから、今後の巻き返しに期待したいと思います!

この記事に

閉じる コメント(12)

>止められるものがいるのはマシンの自滅のみ!
まさに、その通りですねw
フェラーリの予選結果は・・・何となく「あ、また・・・?」と思えてしまうのが悲しいです↓
そして、何となくポイントリーダーになっているマッサですが、そろそろ優勝が見たいです!

2010/4/5(月) 午後 2:40 [ ハルカ ] 返信する

アバター

なんだろうねあの速さは。ドライもウエットも速い。弱点は信頼性って一番痛い弱点かな^^;
マクラーレンはストレートが速いですよね。フェラーリは何が売りなんですかね。タイヤに優しいマシンってだけですかね?特筆するとこがないのも寂しいけど・・・・・
アロンソの追い上げもあったからそれなりに速いマシンではあるのかな。

2010/4/5(月) 午後 4:08 なみキミ 返信する

レッドブルのニューウェイマシンがブッちぎるのを見ると、かつてのウィリアムズ時代を彷彿とさせてくれます。
フェラーリも去年よりは良くなってるけど、もう一つパンチがほしいですね。

2010/4/5(月) 午後 9:43 のぶひこ 返信する

顔アイコン

ハルカさん > コメントありがとうございます。
レッドブルは信頼性だけが敵になっていますからね〜
壊れなければ誰も止められませんね〜@@
フェラーリの失態を観て、私も『あ〜またか』と思ってしまいます・・・
そう思ってしまうのは悲しいですよね・・・
マッサは安定感が出てきましたね!
そろそろ優勝するところを見せて貰いたいですね!
優勝することに一番飢えているのはマッサでしょうからね♪

2010/4/6(火) 午前 0:15 Dino 返信する

顔アイコン

なみキミさん > コメント並びにTBありがとうございます。
ドライでもウエットでもレッドブルのマシンは速いですよね〜@@
ただ信頼性が低いのはね〜
マクラーレンとフェラーリはドングリの背比べ状態ですね〜
速さはそこそこ有るのですがレッドブルのマシンと比べると霞んでしまいますね〜
本来の力関係がわかるのはヨーロッパラウンドが始まってからでしょうけどね!

2010/4/6(火) 午前 0:20 Dino 返信する

顔アイコン

のぶひこさん > コメント並びにTBありがとうございます。
どんなに技術が発達しても空力は大事と言うことですね〜
フェラーリのマシンに足りないのはやはりこれでしょうね〜

2010/4/6(火) 午前 0:30 Dino 返信する

レッドブル2台はホントにF2004を彷彿させるような速さでしたね。予選で前を獲られると簡単に逃げられるし・・・
マッサがポイントリーダーは嬉しいですが、優勝25Pですから1度リタイヤすると一気に逆転されるんで怖いです。

ミハエルはみんな期待しすぎですよね〜積み上げてきたものが大きすぎるのが彼の辛いところで、そんなミハエルを常に上回るニコは見事ですね!

2010/4/6(火) 午前 8:16 [ はかせ ] 返信する

スタート時点である意味終わってしまった(>_<)
レッドブルは速すぎですよ。特にベッテルの速さは別世界になりつつあるのは凄いです。でも、このままブッチギリで走ってしまいそうで怖いです。

2010/4/6(火) 午後 9:03 アスカ 返信する

顔アイコン

はかせさん > コメントありがとうございます。
レッドブルのマシンは敵は自信の信頼性のみですからね〜@@
壊れなければ誰にも止められませんね><
確かに今の段階でのポイントリーダーにはあまり意味がありませんからね〜
マッサがタイトルを獲るためには・・・
今後も1戦残らずポイントを拾っていくしかないでしょうね!
シューマッハの復活はこれからですよ!
ロズベルグは今が最大のチャンスですね!
ここでアピールしておくことはとても大事だと思います!

2010/4/7(水) 午前 0:10 Dino 返信する

顔アイコン

アスカさん > コメント並びにTBありがとうございます。
バリチェロがやっちゃいましたね^^;;
レッドブルが信頼性を確保してきたらもうお手上げですね〜@@
そうなる前にライバル勢の奮起を期待したいですね!

2010/4/7(水) 午前 0:15 Dino 返信する

顔アイコン

今更ではありますがロズベルグがもたらしたメルセデス復帰初表彰台に傑作ポチ☆

2010/7/23(金) 午後 9:12 マスターHIGE 返信する

顔アイコン

コメント並びにTBさらには傑作ポチまでありがとうございます。
ロズベルグの初優勝を早く見たいものです^^;;

2010/7/24(土) 午前 0:05 Dino 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事