メグもぐ日記

ゆっくりぼちぼち更新してます

食い倒れ出張。

金曜の朝から大阪の本社に出張。ピカピカお肌の後輩ちゃんとふたり、なかなかハードな工程を無事終えて昨日戻ってきました。本社に出向くのも、もうかれこれ10年振りくらいかしら。どの部署が何処にあるのやら…ドアを出たら最後、何度も迷って案内をお願いする始末。
すっかり様子が変わってて浦島太郎さん状態だったなー。でもどこでも懐かしい面々が寄って来てくれて昔話に花を咲かせ、なんだかちょっとした同窓会みたいで楽しゅうございました♪
あ、仕事はちゃんとガンバりましたよ(笑)かなりの詰め込みスケジュールのなか、もちろん美味しいものもちゃんと!ね^_^

初日のお昼は社食探検。お客様にもご利用頂けるので雰囲気も内容もゴージャス&ヘルシ〜♪ バイキングで全種類取ると33品目が摂取できるとか。
右のお椀は天丼。ナイショだけど(誰に?)おかわりもしたよ。

イメージ 1

夜は、せっかくだから大阪にしかないであろう居酒屋さんに案内してもらい、ホルモン焼きなんかをバクバクと。季節限定の水ナスの浅漬けは甘くて絶品〜。
なんと、流しのおじさんまで登場!カメラを向けるとソッコーこの笑顔。やるね〜大阪。あ、Daydream Believerも歌ってくれたよ。

イメージ 2

イメージ 9

翌日のお昼は移動の電車の時間がせまってて地下食堂でぶっかけうどん定食。
550円はお得でしょう。かやくご飯はおかわりしたくなるほど美味だったよ。

イメージ 6

夜ご飯はイタリアン。写真はなし。気がつけば3人で2本のワインが空いてた。
その後オープンカフェで締めのジンソニック。これは、ジントニックとジンリッキーの中間のものらしく、甘さと爽やかさがまた絶妙!どんだけ飲むんだ?

イメージ 3

ボンベイサファイアの正規輸入店らしく、飾ってあったミニボトルを買おうとしたら非売品をお土産にくださいました♪ いやいや、ほんとに買おうとしてたのよ〜(笑)

イメージ 4

で、当然ホテルで爆睡。
最終日は「大阪で1番おいしいたこ焼き」と自ら名乗ってるお店で、確かに!とうなづけるたこ焼きを食べ。

イメージ 7

帰る直前には気になってたガード下の串揚げ屋さんにもトライ。やるじゃん!わたし。って威張ってどうする(笑)

イメージ 8

イメージ 5

お店の人たちはとにかく陽気で親切。狭い中に張りのある声が飛び交う。いいなぁ、こういうの。小ジョッキのビールはちょっと持て余したけど、二度漬け禁止の串揚げはしっかり堪能いたしました。うん。満足満足。
また行きたいな。大阪グルメツア〜♪
あ、違ったっけ?(笑)

この記事に

バーディを乗せて

イメージ 1

昨日の山口県、錦町へのお墓参りにはバーディを連れて行った。途中休憩を取りながら6時間の道中だったけど、いい子だったな。成長したよ、バーディくん。
代車だったから、帰り着いてからのキミの抜け毛の掃除は大変でしたがね(笑)

イメージ 2

信号待ちでふと後ろを振り返ると、私のシートの背もたれにアゴを乗せてたり。どアップでびっくりするじゃん(笑)もう可愛いったらないよ。
父も私たち姉弟も子供の頃遊んでた、懐かしの錦川。バーディも入れちゃろーって楽しみにしてたけどね。あまりの灼熱地獄に断念。でも川に入れなくて1番残念がってたのは私かも。仕方ない。夏の終わりに絶対に、1人でも、川遊びにいくぞーっ!

そうそ、錦川の錦橋の真下には、その名の通り、錦鯉がたくさん優雅に泳いでるよ。自宅で飼えなくなった人たちが放していくから年々その数が増えるとか、増えないとか(笑)

今日は私一人がお休み。水場の大掃除やらなにやらであっという間に時間が過ぎる。写真は陽気の袋ラーメン。モヤシとネギで麺が見えませ〜ん。お味?もっちろん美味しく食べたよ。かるかる丼でねっ♪

イメージ 3

江波のお店に食べに行きたいっ。

この記事に

近頃のご飯

暑い。毎日溶けそうに、暑い。

ご飯も当然チャチャっとできるものばっかりになるのだよ。言い訳だけど。

イメージ 6

夏野菜パスタ。お客さまから頂いた朝もぎピーマンやら茄子やらトマトなんかがたっぷり入ってるのだ。シソの香りも爽やか〜。最初のとき、1番嬉しい〜♪ って大喜びしたら、以来、来られる度に袋いっぱいがお約束になったようで。ありがたいねぇ。

イメージ 1

なので翌日のお昼は同じ具でカレーチャーハン。ビリ辛チョリソーも入れてスパイシーに。お昼だから、ビールはグッと我慢してノンアルにした。でもこれ、美味しいんだよね♪ オットは汗だくで、再度シャワータ〜イム。これもいつものお約束(笑)

イメージ 2

イメージ 3

休みが続くと変な時間にお腹が空く。さて、何にしよ。田舎でもらった野菜も使わないとだし。
玉ねぎをニンニクオイルでじっくり炒めて甘みを出し、薄くスライスしたジャガイモもゆっくり火を通す。

イメージ 4

イメージ 5

お皿をかぶせては何度もひっくり返し、
ミルフィーユみたいなスパニッシュオムレツの出来上がり〜。さすがに全部は食べ切れなかったけど美味しゅうございました。
ビールもススムしね。休み明け、体重計に乗るのがちょっと怖いけど…。ま、たまにはね。たまに、なのか?(笑)

お盆前のお休みも含め、今日まで連日お墓参り。ふう〜。これでひと安心だわ。明日は家の片づけ、明後日は知人の出演するライブにいくぞーっ!
たまってる本も読まなくちゃだし。

終わらない夏はないかなぁ〜♫

この記事に

おまけ3兄弟♪

さて、楽しい田舎の帰り道。ちょいと寄り道〜。行った先は「佐伯醤油」さん。
仕事で行ったイベントで「広島のこだわり醤油63蔵。」ってマップをもらってまして。びっくりだよ!広島だけで63カ所のつくり醤油の蔵があるんだから。

イベントでは、利き酒ならぬ、利き醤油のブースがたっており、地域の醤油の特性なんかも丁寧に教えてもらった。
で、マップを見ながら佐伯醤油さんに白羽の矢を立てて、行ける日を夢みておりました。

イメージ 1

「団子」ならぬ、「醤油」3兄弟(笑)
あ、楽しい田舎の夏休みの、美味しいおまけ3兄弟かしらん。

昔ながらの製法のお醤油(440円)と、プラス、アミノ酸たっぷりの甘めのお醤油(←山口、九州に多いらしい)(365円)と 、なくてはならない薄口醤油(365円)の3種類を買い求める。手間隙かかってる特選でも440円って、あり得ない安さと思う。良心的だなぁ。

で、偶然イベント当日に丁寧に説明してくれた方だったこともあり、ちと長居してお話ししてましたら。

イメージ 2

こちらをつけてくださいました〜♪ 玉子かけご飯にもいいですよって。大事に、有難く、味わわせてもらいますね。

イベントの日のスーツ姿より、醤油の香りが染みついた土間で見た、汗いっぱいの背中に、職人さんの厳しさとか誇りのようなものを感じたな。いい意味での近寄りがたさもね。ほんと、引き締まったいい表情をされておいででした。(←山口弁?)
また次の田舎訪問のときに、セットでいかなくちゃ。来月くらい?(笑)

帰り着いてのご飯はいつもの通り。

イメージ 3

みんな大好き、小さい煮しめご飯のおにぎり。まさに第二のふるさとの味なんだわ。

この記事に

田舎の夏休み

の、大人編ということで。
母と弟と私の3人で母の里(←超、秘境の地!)に行ってきた。1泊だけだったけどすごく楽しかった〜♪

共働き家庭の私達姉弟は、小学生時代の夏休みはずっと母の里に預けられており。
そのおかげで、それはそれは楽しい夏休みを過ごしておりました。毎日未明からカブト、クワガタを採りにいき、川で唇が紫になるまで従姉妹たちと泳ぎ…。およそ街中ではありえない、貴重なナツを体験させてもらったな。
今でもここに来ると、忙しい日常を忘れてただの無邪気な子どもに戻れる。気がする(笑)

イメージ 1


朝の散歩。空気がおいしいよ。

イメージ 2


子供の頃ゴリを捕まえたりして遊んだ川は、今は草が鬱蒼と生い茂り降りられない。こんなに小さい川だった?
夜は近くに住んでる従姉妹夫婦も一緒にバーベキュー。翌日はもう一人の従姉妹が里帰り出産で帰ってる娘を連れて来てくれて、3ヶ月の赤ん坊から82歳のお爺ちゃんまでの賑やかな集まりに。
バーベキューでは一族温泉旅行の話まで飛び出し、どんどんふくらんでいったな。言い出しっぺは弟。しっかり調整して是非とも実現させてくださいな。

あ、そうそう。ここは未だに携帯も圏外な場所でして。世間のシガラミなんかからも大手をふって逃れられる、まさに現代の桃源郷なのでありますです(笑)

イメージ 3


これは山水。家の中は地下40メートルから掘り出した井戸水。なんと!夏なのに洗い物で手がかじかむという、贅沢さ(笑)

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事