左団扇〜PTA奮戦記2009〜

右傾化も×。左に寄り過ぎも危険!丁度良い傾き加減ってきっとあるでしょう。

redpowerstation

すべて表示

Myブログへ、ようこそ!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

まず、自己紹介を


HNをレッドパワーステーションと言います。Red Powerとは・・・〔米国インディアンの文化・政治運動のスローガン〕を意味し、左派的な思考のブログですが、日本共産党の党大会・中央委員会で決定された事項が総てじゃないと思っていますし、最近、共産党の地域活動の一環である“草の根活動”に看板倒れだと思う事件?事実が発覚してからというもの昨今のジリ貧状態から簡単に党勢を伸ばせるなんて思っていません。右傾化した世の中も×だと思われますが、だからといって左に偏ることも危険。例えば、信号機の左は赤ですね。物事は常に左や赤を意識しているといえるんですが、赤は赤でも共産党の赤は、「垢」だと思われます。国政を変える前に党内に清涼感漂う風を起こすことが必至なところ。
かつて、革新の牙城として名高い京都の復活及び市政改革も、生活困窮者や社会福祉切捨ての政策改善も、そう、平和を愛する人呼んでスーパーサヨク人の私が果たす。

ブログタイトル「左団扇」の所以


相撲界では左の横綱のほうが格が上とされ、一般道路など交通でも左方優先とされ社会においては、左の重要性はすでに証明されています。が、しかし政治に関しては、二大右派政党の前で左派勢力は霞んで疎んじられいるようです。

左に属するものとして一言。偏った民主思想・財界癒着の党略のもとでは格差を肥大させるだけです。私は右傾化した世の中に左派の重要性を訴えて行こうと思う次第です。憲法9条が時代の最先端の憲法だと、昭和の世界大戦にも一貫して反戦を唱えてきた唯一の政党である日本共産党は説いてます。ただ、現実社会では世界平和の“羅針盤”のようなものだと美化してきた憲法9条も、「武力の均衡」「核の抑止力」といった核保有国家が、外交戦略上の世界平和のカードとして有効なのが現実です。ただ、自民党にせよ、民主党にせよ憲法9条改定に向けた動きには関心をもって監視を続ける必要はあるでしょう。脆弱な日本共産党が生きる道は清涼感のある開かれた党内改革がまず最初です。

2009年。政治が変わるにあたって
日本共産党は政界で山葵のようピリリッと存在感ある建設的野党としての地位を確立させ、2、3年後の民主党破綻後に頭角を現す準備しなければならない。格差社会の救世主は日本共産党なんです。


左団扇

【読み】 ひだりうちわ
【意味】 のんびりと何の苦労(くろう)もなく暮(く)らすことのたとえ。
【同意語】 左団扇で暮らす
【類語】 左扇(ひだりおおぎ)







.


みんなの更新記事