ここから本文です
Yahoo!ブログに変わりました。 不定期なのは変わりませんが・・・

雑記・・・その34

毎度のことで、今更ではありますが

全くの不定期ぶりに、近頃は拍車がかかり・・・

まぁ何事も無かったかのように“しれっと”更新しときます。





雪国秋田では、果たして雪が降ったりするこの時節

いろいろと岐路に立ったり、お構いなく立たされたりするのも、ここら辺りからだったりもする。



カテゴリ、チーム、地域、意志・・・・・

それぞれの様々な所以により、望むと望まざるに拘わらず総じて訪れる。

そうでない場合も勿論あるが、イメージ出来るタイミングで近づいてきてくれることが唯一の救いな気がする。



未来のことは定かではないので、その時点で選んだ道が正解かどうか

誰にも不明である。

数日後に明らかになるやもしれなければ、数年後かもしれない。

誰にも不確かである。



人間万事塞翁が馬

現在(いま)がすべてであろうと思う。



訪れたり、起こしたりした岐路を眼前に

かつての赤白の彼らに、相変わらずのヘボ監督から

相変わらず無責任なエールである。



では、おのおの・・・抜かりなく。(真田丸より)

旬じゃないけど

この記事に

2017年

新年明けました。


おめでとうございます。





旧年中は多方面の方々に様々大変お世話になりました。

ありがとうございました。





相も変わらず楽しいことや

哀しいことや辛い出来事

心揺さぶられること・・・

毎年のことながら、多くの景色があった一年でした。



いつにも増して更新出来てなかったですが、新たな年は頑張っていこうかと(多分ですが・・・)





2017年

赤白たちに多くの幸せと試練が訪れることを

関わっていただくすべての方々に幸運がもたらされることを願い、新年のご挨拶とさせていただきます。

本年も仁井田レッドスターズ、よろしくお願いいたします。

この記事に

雑記・・・その33

いつものように記事と記事との間がすごく長いです。

要するに、なかなか更新してないってことですけど・・・

すいません。

しかし、何事も無かったかのように淡々と進めてきます。



さて、ホームページやフェイスブックなどでも告知ありましたが、恒例の募集イベント

学区も年代も多彩な、数多くの子供たち、秋田唯一のJチームブラウブリッツのマスコット “ブラウゴン” にも参加していただきました。

ホントありがとうございました。

また、早速入団の申し込みもいただきました。そのスピード感はレアル・マドリーの高速カウンターくらい速いと思います。





3月に旅立った35期の連中はそれぞれの道を歩み出したようだ。

一緒に卒団したはずの『赤白ファミリーズ』の方々は未だに歩み出せてない方も居るようで・・・

まぁ毎年のことのようですが・・・

“リハビリ” 頑張って下さい!!





36期の6年生も、おぼつかない足取りだが、始めの一歩を踏み出した。

全く無知で未知な年代だが、余白が多い分、その可能性も大きいと信じている。

彼らにとって有意義で充実した日々であれるよう、精一杯を尽くしたいと思っている。





相も変わらず不定期すぎる更新ですが、プレミアとかリーガとかCLとかのTV観戦と映画館に行く時間はしっかりととる所存です。

次回はいつになるか不明ですが、あまりプレッシャーをかけずにお待ち下さい。

(特に誰も待ってませんけど・・・)

この記事に

35期の皆さまへ

35期旅立ちの日

今日のこの日を堂々と、誇りに感じて迎えたい

そう願って乗り越えた、様々なこと・・・



淡い春の光が差し込んでいたAコート

いつも支えてもらってた。

託してくれてありがとう。

勇気をくれてありがとう・・・。



夏に立った大きな舞台

たどり着いた約束の場所

圧倒的な力にも目をそらさずに挑んだあの日・・・。



あの秋の空。   守るのはゴールではなくPRIDE

スタイルは赤と白の情熱。

胸に輝く金色は、16人の絆の証・・・。



あの日もまた雨だった

もう一度このチームで

あの夏の日のように

もっと、ずっとこのチームで・・・





紡いできた日々

晴々とした心持ちで、今日のこの日を迎えるはずなのに

今日のこの日は、やはり切ない・・・





数え切れない想い出と、かけがえのない多くを残し

チームに様々なものをもたらして

彼らは巣立って行きました・・・



とても子供で、生意気で

すごく仲間で、とりとめなくて

だけど、頼りにしてました・・・



彼らと過ごした日々たちが

それが過去に変わることなどないような

そんな感覚すら、憶えてました・・・。





“人を想う”という情熱


“人に想われる”ことの喜び


彼らは皆さんから学びました。




“感謝”のこころ


“信じる”という言葉のほんとうの意味


それも皆さんの背中が教えてくれました・・・。



ありがとうございました。





これからも彼らのこと、よろしくお願いします。

面倒くさいし頑固だし、たまに煩わしいこともあると思います。

何かとややこしい連中ですが、

みな、男気溢れる“いいヤツら”です。



どうか、よろしくお願いします。





皆さんの親子の絆は

共に歩んだ道のりの分だけ

共に過ごした時間の分だけ

深く、強いはずです。



どんな試練もきっと、乗り越えて行けるはずです。

でももし、道を迷ってしまったり、何かを見失いそうになったときは

はじまりのこの場所を、また、訪れてみて下さい。





ゴール横に佇む背の低い桜の木のように、いつまでたっても子供で

常に行き当たりばったり。


無作法で不器用な監督ゆえ、

皆さんに様々ご難儀をおかけしました。



こんなろくでもない自分を信じていただき、支えていただきましたこと


そして幾度も救っていただきましたこと


いつも感謝していました。



ありがとうございました。



いつの日か皆さんに報いたいと

そう思っています。

きっと相変わらずですので

いつになるかは分りませんが、気長にお待ちください。





彼らは巣立って行きました・・・

これからの彼らのことをよろしくお願いします。





ご卒団おめでとうございます。



やり遂げた戦友たちへ

支え続けてくれた皆さんへ



精一杯を込めて、心から



『 ありがとうございました。 』



『 愛していただき、ありがとうございました。 』 

この記事に

今日は雪と遊んだ。



大会終わりの会場近く。どこかを見つけては勝手に遊ぶ。

海だったり、坂道だったり、池だったりもする。

予定は特にしていない。  だから準備も何もしていない。



Footballのスタイルそのままに、赤白はいつも即興的だ。





今日も皆でバカなことやって、皆で笑った・・・。





35期(現6年生)は4人だった。

冬を越えるたび、季節が変わるたびに、

やがてほんとうの仲間となるであろう戦友たちは、数を増していった。

最後に隣県から、いつも感情を言葉にするあいつが加わってくれた。



少しだけ時間がかかってしまったが、彼らが5年生だった当時の、あの夏の日

35期は、はじまりを迎えた・・・。





努力をしたり、不安だったり、目指したりした。

栄光も掴み取り、挫折も味わった・・・。



自分を信じられなかったとき、背中を押してもらった。

あのとき仲間たちからもらったのは勇気だったのだと、あの人が暫くしてから教えてくれた。



悲しくて途方に暮れたあの雨の日

乗り越えて、次に向かうことが出来たのは、あの日皆で泣いたからだと思う。

自分一人じゃなく、皆で泣いたから・・・





いつも皆一緒だった。

誰かが多くても、誰かが欠けてもダメだったと思う。唯一無二の16名だった。



紡いできた日々。

そのすべては一瞬の出来事だったように今はそう感じている。

劇的で、日常で、すべてがきっと必然だったと

宿命ではなく運命だったと、今はやはりそう感じている・・・。





今日が最後だった。

トレセンや他のカテゴリの大会が重なったりもして “35期赤白の10” と一緒にやれるのは今日の大会が最後だった。

『お前は訳分からんこと(プレー)するし、ミスばっかりだし、ホント困ったヤツだ

 けど、何か奇跡的なことしたり、チームを何度も助けてくれた。

 今度の大会が赤白としては、お前の最後の大会だから、

 俺はベンチ居ねぇけど、優勝しなくていいから、優勝カップは持って来い。』

と、互いの右手を握った。

あいつはいつものように “ニコッ” として、少し照れて微笑んだ・・・。



皆でかなり遅めの昼食を摂ったあと、抜け出して、二人で外のベンチに座ったりした。

特に何も話しとかはしてはいないのだが、それで事足りていた。

もう皆、そんな間柄なのだ・・・。




今日は雪と遊んだ。

間もなく訪れる春の季節に、彼らはもう居ない・・・。

もう皆、そんな間柄だ。

どうやらもう、そんな季節らしい・・・。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事