すぎのやさんのブログ

リペアの施工事例をアップして行きます
梅雨入りで雨が降れば蒸し暑い、晴れれば晴れたで又暑い。コーティングでの洗車、内装のリペアを行うには非常に辛い時期です。愚痴っても涼しくなりませんので笑顔で仕事を致します(笑)

今回はチンクのハンドルをリペアした記事になります。
表皮が剥がれて浮いて来たものをリペアしました。

イメージ 1

                丁度握る部分でしょうか?浮いてシワになってます。
イメージ 2

                                下の方にもあります。

浮いた所を剥離して下地を整え回りとの段差を埋めて塗装をして完成となります。
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


如何でしょうか?違和感無く仕上がりました。

それでは又次回に(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

日々暑いですね、まだ夏本番では無いのに今年は記録的な暑さになるとか(泣)
外仕事が多いので今から憂鬱です。

さて今回はホンダエレメントのコンソールの枠をリペア致しました。
まぁお約束ですね、ナビを外したらぁ…
的な案件です。

イメージ 1

まーるく塗装も剥けました。

ここは樹脂枠にシルバーメタリックが塗られているのですが直す時に日が当たると結構眩しいので艶を調整して欲しいとの事でしたのでダッシュボードの艶に合わせました。

イメージ 2

こんな感じです。

取り付けると…

イメージ 3


イメージ 4


こんな感じに仕上がりました。
中々の仕上がりです、喜んで頂けました。


では又次回に(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

ヘッドライトが続いたので今回は内装のリペアをアップします。
アメリカンキャンパーのスタークラフト流行りましたね、憧れた時期もありました。(笑)

経年劣化で大分くたびれていましたが、クリーニングからサンディング、下地作り、塗装で見違えました。
容量の関係で写真は掲載出来ませんが助手席も綺麗にリペア致しました。

では又次回に(^_^)/~


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

今回アップするのはベンツのCクラスです、国産車と違い外車のヘッドライトのトップコートはかなり硬く削りづらいのが多いです。
今回のベンツは割合普通に削れました。

イメージ 1

白く濁り透明感がありません

イメージ 2

反対側も同じ感じです

いつも通りに劣化したトップコートを削り落として磨き上げます。

イメージ 3

透明感が戻りました

イメージ 4

反対側も綺麗になりました。

イメージ 5

新しいトップコートを塗布して完了です、年式も若返った感じに変わります。

気になる方はお近くのトータルリペアまでお問い合わせ下さい。

では又次回に(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

今回のヘッドライトはダイハツのエッセ、いつもの通り劣化したトップコートを剥離して磨いて新しいトップコートを塗布して完了です。
イメージ 1

中々の劣化です
イメージ 2

黄ばんで曇った感じ

劣化したトップコートを剥離して磨き上げると…
イメージ 3

パッチリ
イメージ 4

キラ〜ン!
イメージ 5


べっぴんさんになりました(笑)

では又次回に(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事