すぎのやさんのブログ

リペアの施工事例をアップして行きます
物凄い暑さも何時の間にやら肌寒い季節に、此れから寒さも強くなり洗車などは辛い季節になります。

今回アップするのはまだ暑い日に施工したリバティのシートリペアです。

イメージ 1

                                         裂けてます。
イメージ 2

                                          アップで。

本革もそうですが特にビニールレザーは熱の入れ方が難しい素材です。
意識しながら熱で硬化する材料で裂目を埋めて成型します。

今回のシートの色、写真では判り辛いですがメタリック色で調色が難しい色でした。
イメージ 3

                     完成
イメージ 4

                    アップで。

お客様には大変喜んでいただけました

それでは又(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

今回の施工は欧州車に多く見られる内装パネルのベタつきです。
気候の違いの為かドイツ車は特に多く感じられます。

イメージ 1

           センターパネルの枠 触ると手が汚れる程ベタベタです。
イメージ 2

   シフトレバーの枠 下から光が透ける文字が有るので難易度高いです。
イメージ 3

                                      エアコン吹き出し口
イメージ 4

                                            施工終了
イメージ 5

                              文字も綺麗に仕上がりました
イメージ 6

                     ルーバーの組立がまるでパズルです(笑)
イメージ 7

                            粗めに吹いて質感を出しました。

仕上がりは大変気に入って頂きました、ベタつき除去から塗装の流れですが劣化した塗料を除去するのが一苦労でした。

それでは又(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

今回はレクサスのシートリペアをアップ致します。ベージュ系の色合いのシート調色の良し悪しが顕著に出ます。

今回は運転席のシワを目立た無くし、リアシートのシミを綺麗にする施工です。

イメージ 1
 本革はシワになるのが当たり前ですが気になる方もいらっしゃいます。
イメージ 2
                                             仕上がり
イメージ 3
リアシートのシミはクリーニングでも綺麗にならず、軽くサンディングして塗装で仕上げました。
イメージ 4
              色合いも問題無く違和感なしで綺麗に仕上がりました。

それでは又(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

8月も最終週まだまだ暑い日が続きます、台風も多く仕事のスケジュールが建て憎いです。
さて、久し振りのブログとなりますマメにアップしようとは思っているのですが忙しさにかまかけて延び延びになってしまいました。m(__)mその上7月末に左手首を骨折して思いの外長期夏休みを取ってました(笑)
予約以外の仕事は全て断り予約の仕事は仲間の助けを借りて何とかこなしました。

今回の記事は怪我をする前の物です。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



写真がフラッシュで白っぽく写って仕舞いましたが少し赤みのあるホワイト、綺麗に仕上がりました。

それでは又(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

梅雨入りで雨が降れば蒸し暑い、晴れれば晴れたで又暑い。コーティングでの洗車、内装のリペアを行うには非常に辛い時期です。愚痴っても涼しくなりませんので笑顔で仕事を致します(笑)

今回はチンクのハンドルをリペアした記事になります。
表皮が剥がれて浮いて来たものをリペアしました。

イメージ 1

                丁度握る部分でしょうか?浮いてシワになってます。
イメージ 2

                                下の方にもあります。

浮いた所を剥離して下地を整え回りとの段差を埋めて塗装をして完成となります。
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


如何でしょうか?違和感無く仕上がりました。

それでは又次回に(* ̄∇ ̄)ノ

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事