ある大学教員のたわごと

大学教員のたわごと。研究、教育にいそしみつつ、日々思うことを書き綴る。

最新記事

すべて表示

日本の論文投稿数の世界ランキングが悲惨なことになっている。 http://blogos.com/article/111779/ 少子化という名目のもと、過剰なまでの予算削減と重点配分で 大学の研究者は悲鳴を上げ ...すべて表示すべて表示

博士課程の本来の役割

2015/1/4(日) 午後 1:34

博士課程の本来の役割は、アカデミックといわれる学問の体系を 担う人材の育成である。ある意味、”学問オタク”を育成する機関である。 ”学問オタク”だからといって公金の無駄遣いではない。世界のオタクと 学問という共通言語で切磋 ...すべて表示すべて表示

STAP細胞の騒ぎはとりあえず、年を越して時がたてば 忘れ去れるのであろう。 しかし、その根幹にあるねつ造をなぜしたのか?ということに 深く掘り下げて考察しないと、事の大小の差はあれ、 同じ事が繰り返し行われることに ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

ある地方大学長のつぼやき

心配される日本の科学技術の衰退をブログで訴え続けます〜"つぼやき"ブログの管理を個人管理に移します〜

  “つぼやき”ブログの読者の皆さん、新年あけましておめでとうございます。旧年中は政権交代を含めていろいろなことがありましたね...

アメリカプロフェッサー生活

空気を読むアメリカ人

妻が泊りがけでテキサス出張に行くので,空港まで送ってあげることにした.心配していた雷雨もあがり,爽やかなライトブルーがのぞき始めてきた.家を出てしばら...


.


みんなの更新記事