ここから本文です
活字は絵空事の足あと
♪愛を信じて生きてみようよ〜夢のなかで聴こえたこんな唄
久々に観た映画の感想でも

ストーリーはこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/スイミング・プール_(映画)

ネタばれというわけでもないけど独自感想

南仏ニースの別荘に出かけたスランプ中の作家と言えば
シャーロット・ランプリングの雰囲気からも
サガンっぽいと思ったのだけれど、ミステリアスに
物語は進みます。



主人公サラの前に現れたジュリーという若い女の子。
この子は、サラに別荘を貸してくれた編集長の娘。
声がハスキーで魅力的。
ですがその登場の仕方があまりにも現実離れしているので
「この子はサラの妄想の産物なのでは?」
と真っ先に思ってしまいます。

作家が主人公といえば、妄想と現実が混ざり合ったネタに
決まってる。かつては自分を殺そうとしている男が
自分の作り出した妄想だったってのも。
(ただの精神病です)

物語の核心はタイトルにあります。
最初は、カバーが掛けられ、ゴミがいっぱい浮いていた
プールが、次第にきれいに整えられ、若い女の子が泳ぎ
サラ自身も泳ぎ、一人の男をめぐって事件に発展。

というふうに、プールはサラの心情風景であり、作り出す
作品でもあるわけです。

サラと編集者はかつてつき合っていましたが
今は彼の心が離れ、初老期の孤独を感じているサラ。
彼との間にジュリーのような娘がいたらなあ
という願望がジュリーの出現となったとすれば切ない女心です。

そんなに込み入ったストーリーじゃないし
なにも考えずに観るのもいい。

南仏の太陽がいっぱいな別荘地を旅したみたいに
楽しめる映画です。




この記事に

とんでもないことが判明しました。
うちから3軒おいた隣りに広〜いお庭のある旧家があるのですが
(親しくお付き合いしている家)
そこの前を車で通った時、一瞬しか見えなかったけど、
ニータそっくりな白黒猫がいました。
うちに帰って(1分もかかりません。30秒ぐらい)
車を停めて玄関に来ると、案の定というか
息せき切って駆けつけたと思しきニータの姿が!

エンジン音でわたしとわかり、急いで帰宅したに
違いありません。
猫は車の通る道を歩くことはなく、家々の庭を通っている
ようです。

それだけならまだしも、そのお家の道路に面した物置の
軒下には、いくつもの土を盛った跡があります。
土を掘るのが好きで、必要以上に大きく盛り上げるのはニータのクセです。

そこの土は、乾いていてさらさらで気持ちいいみたい。
よそのうちまで行って、そんなことをしているなんて。
(もしかして、そのために行っていたりして)
今度おうちの人にあったら、よ〜く謝っておかないと。


 昨日は、以前から気になっていたところの一カ所を
きれいにすることができました。

流し台の下の引き出し式収納
before


イメージ 1

100円ショップで容器を買って

after

イメージ 2

上にも引き出し式の棚があります。
ボウルと角面器。
たくさんありますが、大量調理をする時は必要です。

イメージ 3


たったこれだけのことですが、使いやすくなって
スッキリしました。

次のターゲットは?
たくさんありすぎて、イメージ湧いたらやろうと
思いますが、納戸はいつかはしなくてはね。
ほんとに
「捨てるかわりに置いてある」
みたいなのが多いから。

納戸から今日出したごみ
 もらったけど、誤差が2〜3kgもあって、どうやっても
使用不能だった某T社の体脂肪計
 娘が幼少時にいただいた積み木2種
 娘が買ったししおどしのミニチュア。
水が循環する仕組みでしたが、水漏れして使用不可
 何年も前のカビが生えてしまった加湿器

などなどどうしようもないものがいっぱいです。
これから断捨裏を進めていきたいと思います。









この記事に

普段のお掃除は、雑巾がけとコロコロだけ。
今までの掃除機は使いにくいので、あまり使っていませんでした。

でもうちには猫2匹がいて、わたしには喘息もあります。
なのにろくな掃除機もないとは。
そこで新しい掃除機を購入しました。
買ったのは Dyson V6



わたしの寝室は、我が家唯一のカーペット敷き。

さっそく掃除機を使って見ると

イメージ 1

イメージ 2

いやあ、驚きました。
あっという間にいっぱいになっちゃって。
(数分しか使ってない)

まるで掃除機をいうものを初めて見た人のような気持ちです。

猫の毛や砂埃などもありますが、こんなに取れるってことは
カーペットが劣化していて、本体も吸い込んでいるんじゃ?

充電式なのに驚きのパワーです。

難を言えば、音がうるさくて猫たちがびっくりするので
猫のいない時にしか使えない。
「強モード」だと切れるの早い。(7分)
といったところ。

でもコンセントのないところ(うちにはいっぱいある)
でもお掃除できるので、今まであまり行き届かなかった
場所も楽にお掃除できそうです。

苦手なお掃除が楽しくなりました。



この記事に

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

一度はやってみたかったクラフトテープのかご作り。
100円グッズのキットならお試しにピッタリと思って
買ってあったのをやっと作ることができました。

簡単そうに見えましたが
思いがけず苦戦(最近このパターンが多い。なめてるのか

やりにくいところは自己流でアレンジ。
サイドがスカスカしているみたいなので
布テープを通して一周させました。
そして家にあった造花をプラス。
(母の日にもらった何かに付いていたカーネーション、
捨てられずに何年も取っておいたのをつけてみました。)

この手芸、前からやりたい、やりたいと言っていましたが
もう言わないかも。
すいすい何でも作ってしまう人はすごいなあ。
一度ちゃんと習わないとだめかもね。



この記事に

長崎旅行から中一日で、今度はJA女性部役員お別れ旅行で
房総半島へ行きました。
(5月に総会をしたら、支部長の仕事を終えるので
今までよりも楽になります。ホッとしてます。)

滝マニアの娘がすご〜くうらやましがってた
農溝の滝へ行きました。

イメージ 1

本当の農溝の滝は、すぐそばにある小さな滝で
ここの本当の名前は「亀岩の洞窟」だそうです。
でももう、「農溝の滝」として知れ渡ってしまいました。

トンネルは水路を変えるために人工的に作られたもの。

時刻、角度によって、さまざまな写真が撮れます。
思っていた通りの素敵な場所でした。
(絶対にガッカリしません)

イメージ 2

イメージ 3

階段を降りるとテラスがありますが、
イメージ 4

ここからの眺めは、こんな感じで、洞窟が見えません。
(左側が洞窟)

イメージ 5

木を入れて上から撮ったお気に入りの1枚。
イメージ 6



TVで紹介されたことのある
元小学校で現在は道の駅になっている保田小学校。
二階は宿泊施設になっています。


イメージ 10


お買い物をして、すぐ近くのチースの里へ。

イメージ 7

金魚草、ストック、ポピーを摘みました。

イメージ 8

ストック1本100円なんですが
その1本がすごいボリューム。
金魚草1本80円も茎が太くて立派。
ポピーは蕾を摘むように言われましたが
咲いているのも無事帰宅。
他のお花のボリュームに押されそうですが
蕾が次々に咲いていくのを見るのが楽しい。

温室の外も房総はもう春なんですね。

イメージ 9




この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事