ここから本文です
活字は絵空事の足あと
♪愛を信じて生きてみようよ〜夢のなかで聴こえたこんな唄

バブーシュ新作など

インフルエンザは治りましたが、持病の喘息が悪化
もう3週間も治療しているのに、治りません。
咳とたんがひどくて、「におい」に異常なまでに
敏感です。

たとえば、夜郵便物を出しに出かけ、整髪料の匂いをさせた
若い(比較的ですが)男性とすれ違った時、
帰り道には、その人の通った道を通るのですが
ありありと匂いが残っていて
ああ、さっきの人はうちの前の道を通って、もっと
先まで行ったんだな、と。
まるで警察犬のようにわかってしまう。

また、ある時には、
「いっちゃんの匂いがする」
と部屋を見渡せば本当にいた。
(いつもはいない部屋)

今日は、薄い布団を洗ったのだけれど、
洗剤の残り香が強過ぎてむせてしまう。

匂いの残らない洗剤ってないのかしら。


特にだめなのが、化粧品や洗剤などの匂いで
過敏になっている状態の時は、
ハンドクリームの匂いが強過ぎて咳き込むので
手がゴソゴソでひびわれても何もつけられません。


そんなわけで、疲れるので、必要最低限のことをして
なるべくじっとしていますが、なんか虚しい。。。

調子のいいときにちょこっと手作りをすると
少しは充足感があります。


クラフトパークで買ったかわいい布で

イメージ 1


裏は、要らなくなったジーンズで

イメージ 2

もう1足はローラアシュレイの布で

イメージ 3



1枚仕立てのコースター

イメージ 4

隅は額縁仕立てになっています。

イメージ 5

このやり方はこちらのサイトで


簡単そうに見えましたが意外にも難しくて
何度もやり直しました。(技量が足りないだけ?)


この布は、小物に向いていて、かわいいので
グッズが増殖中。
メガネ入れが加わったお出かけ三点セット。

イメージ 6

運転中はメガネをかけるので、片手で取り出せて
かさばらないので便利。


早く普通に呼吸できるようになりたい。
金曜日にまた病院に行きます。


この記事に

あかりアート

イメージ 1

イメージ 2

講習会で作りました。
これは何かと言うと
照明器具です。

ステンドグラス風の絵が描いてあるところに、和紙を切って貼ります。
(色のついている部分)

1時間半ほどで完成。
良くできたキットで楽しく作りました。

この記事に

病気で寝込んでいた時に
治ったらこれ作ろう〜
と構想を練っていたのを
やっと形にできました。

取りいだしましたのは
着古したフリースの上着。

イメージ 1

このようにカットします。
(背中から大きな円を取り、袖と襟と続けて断つ)


イメージ 2

円形に裏地を付け、返し口を残して縫います。

イメージ 3

袖と襟を丸めて円形にします。

イメージ 4

乗っけて見ると
あ〜ら不思議?
ちょうどいい大きさです。

イメージ 5


縁を円形の底に縫い付けて
返し口から綿を薄く入れます。
(縫い方がヘタでちょっとねじれてしまった)

イメージ 6
 気に入ってくれたようです。


イメージ 7

イメージ 8

この記事に

お久しぶり〜な顛末

あんなに楽しみにしていた結婚披露宴の数日前に
夫婦とも高熱を出してしまい、たいへんなピンチに陥りました。
娘に、「もしわたしが行けなかったら、代わりに行ってね」
と囁いていたのですが、夫も同じことを考えていて
結論から言うと、わたしと娘が出席しました。
今考えると、よく務まったなと。

披露宴当日の早朝、トイレに起きて、用を済ませると
なんともいいようが無いほど気分が悪くなりました。
どうしよう、立っていられないから、洗面台の縁に掴まろう。。。

と思ったところまでは覚えているのですが、そのまま失神して
しまったらしいのです。気づいた時には、トイレの床に体育座り
をして、壁にもたれていました。
以前にもデパートの催事場で倒れたことがあるから、
失神は生涯2度目です。

今回はずいぶんと上手に倒れたものです。
どこも怪我することはありませんでした。
水分を取っていなかったので、脱水症状を起こしたらしい。

その後は、身支度をすると意外なほどしゃきっとしました。
いつもと違うのは、会場に着くと、ジュースを駆けつけ3杯ぐらい
飲んでしまったこと。
いつもは、ジュースはほとんど飲まないのですが。


出席者の幼児がウエディングケーキを運んでくれます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


もう1品お魚のお皿がありましたが、撮り忘れ。


これは素敵な演出なの。
各人の席に小さな瓶に入った砂が置いてあって
新郎新婦がテーブルをまわってその砂を砂時計に入れます。
今日出席者と過ごした楽しかった時間を一生砂時計のなかに閉じ込めて
忘れないようにするためですって。

イメージ 6


披露宴が終わって、次の日は税理士さんと打ち合わせで
やっとヒマになったので、病院に行きました。
最初は出ていなかったのだけれど
しばらく置くと
「うっすらA型のところにピンクの筋があるでしょ」
「あるでしょ、あるでしょ」と言われても、あるような
ないような微妙。

病院行くのが遅過ぎた。
もう熱も下がって、治っているはずなのに
倦怠感と食欲不振とやる気のなさがいっこうに改善しません。

明日はお客さんなのでがんばろうと思います。



この記事に

結婚式用サブバッグ

喪中のお正月ではありますが。。。。

2週間後に結婚式の披露宴に出なければなりません。
挙式は宮古島で済ませているので披露宴のみです。

わたしは、新婦の「本家のおばさん」というやや重要な役どころ。
ちょうど頃合いのいい衣裳がなかったので
思いきって新調しました。

パーティーバッグは、ほんの少ししか入らないので
サブバッグがあると便利です。
結婚式用には、それにふさわしい改まった感じのものがいい。
光沢があって華やかさもあるもの。

そこでユザワヤで布を買ってきて作ってみました。

イメージ 1


ちょうど思い描いていた感じの生地を見つけました。
舞台衣裳用の生地で、厚みがあるので1枚仕立てで。
イメージ 2

入れ口のところは見返しで始末
生地代は、40cm買って800円ぐらい。

イメージ 3

イメージ 4


コサージュはこっちがいいかな

イメージ 5


最近は、きちんと披露宴をするカップルが少なくなり
招かれることも稀になりました。
それはそれで世の流れなんでしょうが
久々の披露宴は楽しみです。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事