(続) 老人との出会い

理解できない方はご遠慮下さい。でも、こういう世界もあるという事も、御理解下さい。

最新記事

すべて表示

第228章 藤間老人

西条は、純の、楽しそうな顔を、じっと、見つめていた。 ・・・・・    『・・・西条のじいさん!・・・気が済んだか?・・・』 ・・・・・  【・・・気が済んだとは、何だよ?・・・   ・・・お前さんだって、今日は、一役、 ...すべて表示すべて表示

第227章 中村老人

2016/7/1(金) 午前 11:53

新田の社長が店を出て、暫くして、西条たち、3人の老人は、再び、果琳のドアを開けた。 店には、数人の客と、藤間老人も、顔を見せていた。 ・・・・・    ≪・・・あら、お帰りなさい!・・・ 純さんは、どうでした?・・・≫ ・・ ...すべて表示すべて表示

第226章 思いやり

2016/6/25(土) 午後 9:19

藤間老人と別れた後、純は、マンションに戻った。 そして、何をすることもなく、眠りに落ちた。 そして、月も変わり、厳しい寒さも和らぎだした、ある日の午後だった。 ・・・・・  ≪・・・純さん!・・・もう、冬も終わりね?・・・≫ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事