(続) 老人との出会い

理解できない方はご遠慮下さい。でも、こういう世界もあるという事も、御理解下さい。

最新記事

すべて表示

第222章 岐路 

2015/2/15(日) 午後 11:01

純は、今、橋本の叔父の抱擁に、身も心も、舞い上がっていた。 宮内の叔父!・・・そして、西川の叔父! 子供の頃から、純は、この三人の老人を、特に、意識していたからだった。 ・・・・・  【・・・純!・・・気持ちが良いか?・・・ ...すべて表示すべて表示

第221章 岐路 

2015/2/1(日) 午前 11:50

純は、今、橋本叔父を、じっと、見ていた。 ・・・・・    (・・・そんなに、呑むと、身体に悪いよ?・・・もう、酔ってるじゃない?・・・) ・・・・・  【・・・酔わなきゃ、純の顔を、見れないからな?・・・】 ・・・・・ ...すべて表示すべて表示

第220 章 岐路 

2015/1/25(日) 午後 5:47

純は、あくる朝、病院に向かった。 面会時間は、決まっていたが、純は、受付を通り越し、病室に向かった。 そして、大部屋のドアを開けた。 隅のベッドで、祖父が寝ている姿が、純の視界に入った。 ・・・・・  「・・・純!・・・ ...すべて表示すべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事