BMIを使用した日本の闇の支配者達について

この数年間BMI兵器や集団ストーカーの被害にあい続けています。その体験や首謀者である日本に潜む闇の支配者達に対する考察など。

全体表示

[ リスト ]

 
 BMI(Brain Machine Interface)とは、脳と機械やコンピューターをつなぐことのできる装置です。信じられないことに、この装置を使えば、例えばアメリカ大統領なの国家元首の脳を乗っ取る(Brain Jack)することができるようになり、戦争などを起こさずに秘密裏に敵国を占領することができるようになります。こういう意味で、BMIとは最終兵器の一形態ということができます。
 私は数年前から、このBMI兵器による攻撃を受けており、インターネット上にもおびただしい数の被害報告が掲載されています。以下、私が感じたBMI兵器による症状を列挙します。
 
 記憶が消される、思ってもいないことを言わされる、幻聴のように音声・肉声が送信される、創造的な発想など脳の活動が低下させられる、生きる意欲が失わされる、思考が盗み取られる
、記憶力が低下する、奇妙な夢を見せられてたりする、夢を使って深層心理を探ろうとする、訳もないのに急に興奮してたとえば怒りがこみ上げたりする、愉快な気分にさせられ、その気分が急に消失する、未来の展望が消え失せ、自殺をしたくなるような気分にさせられる、どうしようもない睡魔に襲われる、寝ていると突然目が覚め、一瞬のうちに完全な覚醒状態になる
 
 眼球が小刻みに動かされる、キーンというまるで深夜放送の後の放送電波のような人工的な音が聞こえる、その音が非常に大きくなり聴覚を失うことがある、1日程度の発熱をさせられる、鼻水が垂れる、歯に激痛が走る、歯茎がうずく、歯ぎしり、身体のいたるところで針で刺すような痛みが走る、よだれを垂れさせられる、首を絞められるような感覚が1分間ぐらい続く、この間、息がしにくくなる、横隔膜を弛緩させられるようにして不自然で気持ちの悪いため息をつかされる、発熱させられる、喉の奥に以外が虫のような違和感を感じ咳き込まされる、手の指が震えさせられる 例えば「ドカーン」など幻聴に合わせて自分が言っているように口や舌が動かされる、急に動悸に見舞われすぐに治まる、おそらく直腸に激痛が走りこむら返りのような症状が現れる
 
 突然(数秒もたたないうちに)の下痢が襲い掛かってきて、糞を漏らされる、数時間トイレにいないと出せないような便秘になる、腸液がそのまま出てきたような下痢、性欲の異常な増進、性欲の異常な低下
 
 異常にタバコを吸いたくなる、その欲求が急に失せる、目がくらむほど(血糖値が低下いたような)空腹に襲われる、食欲の減退、急に動悸が起き、1分ぐらいで収まる、異様な睡眠欲が生じる
 
 このほか最近、歩いていると急に足の方向を変えさせられ思っていたのとは違う道を通ったことがあった。
 
 当たり前のことだが、これらは精神疾患ではない。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事