六条考古館(縄文と焼き物)

縄文時代の土器・石器やぐい呑などの焼き物と、窯元や旅先での出来事などを紹介します。HPはwww.rokujoh.comです。

全体表示

[ リスト ]

楽焼細川護煕先生

 
 流石、歴史的にも伝統のある先生の作品は違うな〜と思っていました。黒楽茶碗などは現在の作品ながら古格があるようで感心していました。
 最初にぐい呑を購入するときは黒楽のぐい呑をお願いしたのですが、ぐい呑としては価格が不自然(高すぎる)ので楽のぐい呑は作らないと言われました。そこで井戸のぐい呑を購入したのですが、最近楽のぐい呑も作り始めています。
 大名家の末裔だけあって流石と思うのですが、この黒楽ぐい呑は価格と作品の出来具合にギャップがあると思います。イマイチのぐい呑を手にした気分です。ちなみに価格は21万円です。そこまでの価値があると思いますか?オークションに出品したらそれ以上の価格で落札されるか疑問です。
 元首相と言うネームバリューもあって、価格が先走っているのかもしれませんね。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 まずは井戸盃から、こちらは価格相当と考えています。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
 こちらが黒楽ぐい呑。価格に見合うでしょうか?
 
 
 

この記事に

開く コメント(14) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(0) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事