小田氏治

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

小田氏略史

 藤原北家八田流とされる。関白藤原道兼の三世の孫宗円が宇都宮氏を起し、子宗綱は八田権守と称した。宗綱の子が八田知家である。宇都宮の宗家を継いだ宇都宮朝綱の弟で頼朝に重く用いられ、常陸の守護に任命されている。
 一説に、この知家は頼朝の弟といおう所伝があり、「宍戸系図」などでみると、知家の母は宇都宮朝綱の女で、知家は源義朝の十男として生まれたという。もちろんこうした所伝は後世の創作であろうが、頼朝との濃厚な関係をうかがうのに十分である。
 知家の子が知重で、知重の弟宗家の系統が宍戸氏となる。知重の系統がそれから小田氏を名乗ることになる。知家が常陸守護に任じられて以来、鎌倉次第を通してその職を世襲している。
 ところで、鎌倉期における小田氏の勢力範囲は、筑波・信太の二郡で、新治・茨城・行方・鹿島の諸郡は常陸大掾職を世襲してきた大掾氏の勢力範囲で、那珂・久慈・多賀の諸郡は佐竹氏がおり、常陸守護とはいっても小田氏の威令の届く範囲に限界のあったことはいうまでもない。
 しかし、守護のもつ重みは無視することはできなかった。たとえば、元弘二年(1332)後醍醐天皇の倒幕計画が失敗した時、その計画に参画していた万里小路藤房が常陸に流罪となり、小田城にいた小田治久に預けられるということがあった。このことが、小田治久のその後の行動を決定づけたことは疑問の余地がない。以後、小田治久は南朝方となり、常陸における南朝方の中心にすえられたのである。
 治久は、当時の守護級武士としては珍しく南朝方で、北畠親房が常陸に上陸するや、親房を小田城に迎えている。親房が「神皇正統記」を執筆したのはこの小田城でであったという。
 しかし、暦応四年、興良親王を迎えて攻め寄せる高師冬勢を篭城戦によってもちこたえていたが、ついには降伏した。師冬は小田治久の常陸守護職を奪い、これを佐竹氏に与え、所領を削減してしまった。
 治久の子孝朝の時、下野攻めに軍功を現わして信太庄を与えられ、上杉禅秀の乱に当たっては、孝朝の孫持家が禅秀方に属したが、禅秀没落後、足利持氏に従い本領を確保している。
 小田氏が日本史上重視されたのは、南北朝時代の治久と戦国期の氏治の二人である。氏治はいわば衰退期の当主ということになる。、小戦国大名の常として、有力大名との同盟を策するが、後北条・結城の連合軍に敗れ、小田城を逃げ出している。その後、佐竹義昭と結び、北条氏康と手を組んだ。
 しかし、結局、元亀三年の大晦日、城中で連歌会を催しているところを、太田資正に攻められて落城してしまった。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

小田氏の一族と家臣

【小田氏の一族・家臣団】

・小田守治【おだ・もりはる 1557(弘治3)〜1610(慶長15)】
氏治の嫡子。母は江戸忠通の女。天正十八年(1590)には家督を相続していたと考えられるという。しかし直後に没落し、その後は結城秀康に従って越前に移住した。秀康・忠直代の分限帳に「千石小田彦太郎」と見られるのだが、その後は不明。

・菅谷政貞【すげのや・まささだ 1518(永正15)〜1592(文禄1)】
本姓紀氏。左衛門大夫・摂津守。土浦城主で小田氏の宿老。入道して全久と号す。しばしば他家との交渉にあたった。

・菅谷勝貞【すげのや・かつさだ 1493(明応2)〜1575(天正3)】
摂津守。政貞の父。勝貞の代に土浦城を攻めて攻略し、その後居城としたという。

・菅谷範政【すげのや・のりまさ 1558(永禄1)〜1612(慶長17)】
左衛門大夫。はじめ政光。天正十八年、土浦城を退去するが、徳川家康に父子ともに召されて千石を与えられた。

・菅谷範貞【すげのや・のりさだ 1580(天正8)〜1618(元和4)】
範政の嫡子。関ヶ原合戦では大久保忠常に属して上田城を攻めた。大坂の陣では二條城番。戦後は伏見城を守り、その地で死去。

・菅谷政頼【すげのや・まさより 1528(享禄1)〜1559(永禄2)】
政貞の養子。永禄二年(1559)の太田資正との合戦で討死したという。娘は範政の妻となった。

・信太治房【しだ・はるふさ ?〜1570(元亀1)】
掃部助。小田氏の重臣。信太氏の嫡流。永禄中頃、白河結城氏との交渉にあたっていたことが知られる。佐竹氏の圧力を受け、佐竹側に組することもあったらしく、元亀元年に氏治が木田余城に入城した日に土浦城で殺された。

・信太範宗【しだ・のりむね ?〜1573(天正1)】
伊勢守。木田余城主。信太氏庶流で治房の叔父にあたる。小田氏への謀反を疑われて菅谷政貞に殺害された。子孫は津軽氏などに仕えたという。

・福田俊幹【ふくだ・としみき 生没年未詳】
山城守。永禄六年に信太治房とともに寺社に対して連署状を発行している。福田は管見の限りこの文書しか存在が確認されないが、連署の順番から信太より格上となるので、小田氏の重臣である事が考えられる。

・岡見治資【おかみ・はるすけ ?〜1569(永禄12)】
弾正忠。「小田氏治味方地利覚書」(佐竹義昭が存在しているので永禄六年(1563)までのもの)に「おかミのたんちやう」とある人物であろう。永禄四年、岡見左近将監の父、越後入道玄栄の為(菩提供養?)として、東林寺に一貫文を寄進している。永禄十二年の手這坂合戦で討死した。

・岡見治広【おかみ・はるひろ ?〜1617(元和3)】
治部大輔。牛久城主。先述の「小田氏治味方地利覚」には「うしよく(牛久) おかミの山しろ」とある。山城(守)は治広の父か。
 「源姓岡見氏系図抄」(『龍ヶ崎市史』中世史料編所収)では治資の子で、治資戦死後、幼少のため下の岡見宗治の父、越前守頼勝に養育されたとある。多賀谷氏と争い、敗れた岡見主殿(治資の子か、「源姓岡見氏系図抄」では頼勝実子)を保護した。天正八〜十年(1580〜82)頃には小田原に赴いて北条氏に臣従した。天正十五年には実子を人質として差し出している。のち結城秀康家臣となった。子らは紀州徳川家の家臣などになっている。
2001/1/21加筆

・岡見宗治【おかみ・むねはる 生没年未詳】
中務大輔。足高城主。岡見治広の又甥という。天正十年頃には北条氏に従属的な存在であった。天正十五年に治広と同様に「証人」の提出を求められたのに対し、実行しなかったので「治部大輔(治広)同然に小田原の御下知に応ぜられ、この度進上あるべく…」と北条氏照から督促を受けている。子らは井伊家・紀伊徳川家に仕えたとある。
2001/1/21加筆


--------------------------------------------------------------------------------

【追加分】
2000/4/29追加
・茂木治泰【もてぎ・はるやす 生没年未詳】
山城守、のち式部少輔。小田氏の庶流で、住した茂木村(栃木県茂木町)を名字とした。弟の義政は那須氏家臣、千本氏の養子に入ったという。

・茂木治良【もてぎ・はるよし 生没年未詳】
筑前守。治泰の子。天正年中、結城氏と戦いこれを破ったという。のちに佐竹氏に仕え、茂木城を移る。佐竹氏の秋田移封に伴って子、義成とともに従った。
2001/04/14訂正(「もぎ」→「もてぎ」、宮野州様のご指摘による。)


2001/1/21追加
・小田朝治【おだ・ともはる 1529(享禄2)〜天正10(1582)】
氏治の兄。故あって母と共に北条氏を頼って小田原へ逃れ、北条氏の元にあった。子朝家は北条氏照に属し、北条氏滅亡後は松平忠吉に仕え、元和四年(1618)からは水戸徳川家に仕えて水戸藩士となったという。

・小田友治【おだ・ともはる 生没年未詳】
左京亮。氏治の長男。守治の同母兄。理由は不明ながら北条氏政・氏直に仕えていた。北条氏滅亡後豊臣秀吉に、その後は慶長三年(1598)に徳川家康に拝謁し、松平定勝に仕えたという。二男友重は初め宇都宮某の養子となっていたが、兄義治の早世後家督を継ぎ、松平家に仕えたらしい。


--------------------------------------------------------------------------------

【参考文献】

『土浦市史』 1975
『寛政重修諸家譜』 1980
『茨城県史料 中世編5・6』 1994・1996
『龍ヶ崎市史』中世史料編 1992
石川豊『中世常総家譜 下巻』 1992
信田汎二『常陸国信太郡に足跡を残した人達』 1998
黒田基樹「常陸小田氏治の基礎的研究−発給文書の検討を中心として−」(『国史学』166、1998)
市村高男「戦国期常陸南部における地域権力と北条氏−土岐・岡見・菅谷氏の消長−」(『地方史研究』231(1991)、のち同氏『戦国期東国の都市と権力』(1994)所収)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

小田氏治の家紋

イメージ 1

イメージ 2

 
小田氏治の家紋

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

小田氏治

小田氏治

1.経歴

父が天文17年(1548年)に死去し、家督を相続した。河越夜戦での敗北、北条・佐竹両氏の拡大により、父の晩年からすでに小田氏の衰退は始まっていた。まずは南進を目指す佐竹氏の侵攻を受けた。
弘治元年(1555年)、関東に出兵してきた長尾景虎に呼応して、結城政勝領へ兵を進めるも、敗退。さらに翌年には、政勝の反攻を受けて居城・小田城を奪われた。弘治3年(1557年)には佐竹義昭に攻められて海老島城を失い、永禄元年(1558年)も佐竹・多賀谷連合軍との合戦に敗れた。このため、永禄5年(1562年)頃、庶長子友治を人質に差し出し、北条氏康と手を結んで体勢を挽回しようとしたが、佐竹義昭の侵攻は激しく、またも敗れた。永禄7年(1564年)にも上杉氏・佐竹氏・宇都宮氏らの連合軍に敗れる。何度追われても地元では人望があったらしく、地元民の協力を得つつ、土浦城の菅谷政貞・範政親子らの家臣団に支えられながらその後も何度か小田城を奪い返すも、永禄12年(1569年)には佐竹義重と手這坂の戦いで敗れて居城の小田城を再び失い、藤沢城に逃れた。以後、小田城が氏治の居城となることは無かったという。
その後も佐竹氏と抗争を繰り返すが、天正11年(1583年)、佐竹軍の攻勢に孫・金寿丸を人質に差し出して降伏。以降は、佐竹氏配下の勢力として、一定の地位や権力を保障されたようだが、完全な臣従ではなく修築した手子生城を拠点に以降も数度に渡り、北条氏を利用したりしながらも佐竹氏に対して旧領奪還の戦を仕掛けている。この頃出家し、「天庵」と号している。天正18年(1590年)の豊臣秀吉の小田原征伐に際し、「小田原攻めの秀吉軍に参陣せず、豊臣方の佐竹氏に反旗を翻し、小田城奪還の兵を起こした」ことを理由に所領を全て没収され、大名としての小田氏はここに滅亡した。秀吉の直臣となることを願うが、却下された。
氏治は娘が側室であった縁を頼って結城秀康の客分となって300石を与えられた。秀康の転封に従い、嫡男守治と共に越前浅羽に移った。同時期に庶長子友治も結城家に仕えている。慶長7年(1602年)11月13日に死去した。享年69とも71とも。法名は南江道薫天菴大居士のちに巣月院殿南江道薫大居士。遺体は一旦越前国の永平寺に葬られたが、後に常陸国の新善光寺に改葬された。氏治は死してのち、故郷に安住したことになる。


〔写真〕両方 小田氏治の肖像画です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.

Yahoo! Choctle
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事