日々邁進!

ファイターズ戦は、何とか更新します。

全体表示

[ リスト ]

         1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失 
広島     0 2 1 0 0 0 0 0 0 3  6  0 
日本ハム 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2  6  0 
 
勝利投手 [ 広島 ] ルイス(8勝4敗0S) 
敗戦投手 [ 日本ハム ] ダルビッシュ(6勝2敗0S) 
セーブ [ 広島 ] 永川(2勝0敗8S) 
バッテリー [ 広島 ] ルイス、永川 − 石原
[ 日本ハム ] ダルビッシュ − 鶴岡、小山 

昨日は、グリンの好投で勝利したファイターズ。今日は、ダルビッシュがマウンドに上がる。ダルビッシュは、開幕当初の投球からすると良くない状態が続いているが、この当たりで本調子を戻したい。


試合ポイント
【1回裏】
先頭の村田が内野安打で出塁するも盗塁死。紺田がライト線の二塁打を放つも後続が続けず。

【2回表】
二死2,3塁から赤松にレフトへ2点タイムリーを許し先制されてしまう。

【3回表】
ヒットと暴投などで二死3塁となる。この場面で、栗原には討ち取った当たりだったものの打球が高く跳ねてしまい、サード小谷野の送球も実らず内野安打となり更に1点を追加されてしまう。

【7回裏】
ルイスにいいように抑えられてきたファイターズは、先頭の紺田がバントヒットを決め出塁。田中賢が二塁打で無死2,3塁とすると、稲葉は三打席連続三振に倒れるも、スレッジがセンターへタイムリーを放ち、1点差とする。

その後は、反撃ならず。ダルビッシュは今シーズン札幌ドームで初黒星。

ダルビッシュは、序盤コースが甘くなったところを捉えられ3失点。全体を見れば9回3失点と十分な内容であったが、3回の暴投が悔やまれるところだった。

打線は、ルイスの前に13三振。特に4番の稲葉が4三振と全く振るわなかった。ただ、開幕当初だったらこのまま完封負けを喫していたところだが、西武打線すら1失点に抑えたルイスから7回のみ安打を集中して1点差まで追い上げたところは、良かった点に思う。ただ、1回に打席結果だけだと連続安打が出ただけに、盗塁死が痛かった。ここが成功していれば、先制点を取れただけにまた違った展開になったかと考えられる。

明日の移動日を挟み、金曜日から中日、横浜とビジターで4連戦となる。両チームとも、交流戦は今ひとつの調子だけに、DHが使えないセリーグ球場と言えど、一気に4連勝を狙いたい。


雑感
いえーい、紺田が3割打者だ!ベイベ〜



補足:ルイスに13三振、9回の永川に2三振なので合計は15三振です。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

手羽先食って4連勝!
中華まん食って4連勝!
中継ぎ陣も温存したし頑張れ!!!

2008/6/5(木) 午前 0:19 step by step 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


みんなの更新記事