日々邁進!

ファイターズ戦は、何とか更新します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ここまで、交流戦は全て1勝1敗の五割。パリーグ首位のソフトバンクが交流戦負けなしだけに、何とか喰らいつきたい。今日の先発は、二軍から上がった吉川と広島は大竹。

試合ポイント
【1回裏】
一死2塁のチャンスを作るものの、糸井、中田が続けず。

2回裏に先頭の稲葉の打球が大竹に直撃し、大竹は降板となる。

【4回表】
二死1,2塁のピンチを招くが、何とか丸をレフトフライに討ち取る。

【5回表】
ここも二死1,2塁のピンチを迎えるものの、東出を三振に討ち取る。

【5回裏】
先頭のホフパワーが二塁打で出塁し、今日先発の今浪が犠打を決めるものの、鶴岡、飯山が続けず、またも得点の好機を逃す。

【6回裏】
先頭の田中賢がライトへの安打で出塁、更に陽が死球を受けて無死1,2塁。糸井が犠打を決めて一死2,3塁と、またも好機を作る。中田が敬遠で満塁となるも、稲葉、ホフパワーが連続三振で、またもや好機を逃す。

【7回表】
吉川は6回2/3を無失点と好投。残った走者も、変わった榊原が梵を三振に討ち取ってピンチを脱する。

8回、9回登板した宮西、増井は走者を出すものの、無失点に切り抜ける。

ファイターズは、盗塁死もあり、三者凡退。

10回から武田久が登板。三者凡退。初の2イニング跨ぎの11回も三人で切り抜け、この試合の負けは無くなる。

【11回裏】
この回から、広島は抑えのサファテに。先頭の田中賢がこの試合4本目となる安打で出塁。陽が犠打を決め、更に糸井も四球で一死1,2塁。サヨナラの好機を作ると、中田はキャッチャーファールフライも、最後に稲葉がセンターオーバーのサヨナラタイムリーを放ち、熱戦に終止符を打った。

互いに、好機を逃す試合は、投手陣が踏ん張ったファイターズが、最後稲葉のサヨナラ安打で終止符を売った。

先発の吉川は、援護に恵まれなかったものの7回途中まで無失点に切り抜ける好投だった。
また、その後を継いだ投手陣も広島の攻撃を無得点に抑えた。

攻撃陣は、相変わらず繋がらずだったが、何とか延長戦に久々の得点を挙げ、今シーズン初のサヨナラ勝利を導いた。


雑感
引き分けだったら、かなり大荒れでしたねw

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


みんなの更新記事