日々邁進!

ファイターズ戦は、何とか更新します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

昨日は、3本の本塁打が飛び出しての大勝。今日も旭川スタルヒン球場で、楽天との対戦となる。先発はケッペルと、楽天が川井。

試合ポイント
【1回裏】
先頭のスケールズが投手強襲内野安打、更に1塁への悪送球で2塁に進むと、陽が犠打、糸井が四球で一死1,3塁。ここで中田がセンターへ犠牲フライを放ち1点を先制した。

【3回表】
一死から、横川、嶋に連続安打を許し一死1,3塁。この場面で鉄平のショートゴロ併殺崩れの間に、走者が帰り同点となってしまう。

3回裏、4回裏は走者が出るものの無得点。

【5回表】
一死から横川にレフトへ本塁打を打たれてしまい、2-1と勝ち越されてしまう。

【6回裏】
先頭の小谷野がセンターへの安打、稲葉が犠打、鵜久森がレフトフライで二死2塁となったところで、何故か楽天は好投の川井から山村に継投。この山村から金子がセンター前に安打を放ち、走者の小谷野が帰って同点に追いつく。

【7回裏】
安打、四球などで二死満塁と勝ち越しのチャンスを作るものの、稲葉がセカンドゴロで得点ならず。

【8回表】
一死2塁から、ルイーズ、草野に連続四球を出してしまい満塁とされるも、内村をショートゴロに打ち取ってピンチを脱出する。

8回裏も得点ならず。9回から宮西が登板し、3人で抑える。

【9回裏】
楽天は5人目の青山に継投すると、この青山から先頭のスケールズがライト前安打、陽が犠打を決めて一死2塁。糸井が敬遠の後に、中田がレフト前安打で一死満塁とサヨナラのチャンスを作ると、ここで小谷野ががセンター前に安打を放ち、今シーズン2度目のサヨナラ勝ちとなった。

チャンスを作るものの、後一本が出ず乗り切れなかったが、同点で迎えた9回に打線が繋がり今シーズン2度目のサヨナラ勝ちとなった。

先発ケッペルは、逆転は許し、勝敗はつかなかったものの、8回2失点と好投。

打線は、チャンスを作るものの、後一本が出ない重苦しい展開だったが、最後9回にサヨナラ勝ちとなる試合となった。


雑感
後一本が出ていれば、ケッペルに勝ちがついたんだけどね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


みんなの更新記事