全体表示

[ リスト ]

 名古屋市美術館の「ピカソとクレーの生きた時代」展に行って来ました。

 いつもながら、閉館間近に行ったので、さらっと観てきただけですが・・・なかなか見ごたえがありました。ピカソとクレー以外に、シャガールやカンディンスキー、ドイツ表現主義のフランツ・マルク、マックス・ベックマン、最後のコーナーにはミロやマックス・エルンストまで、中々多岐にわたっています。

 ピカソは、実は余り得意ではありません。この超有名画家の作品の良さが、いまいち体感できないんです。キュビズムのブラックやピカソ、彼らに大きな影響を与えたセザンヌ。こういった画家の目指す姿がどうもしっくり私の中に入って来ない。
 
 勿論、誰もが名前を知っているピカソですから、皆さんしげしげと作品を眺めているわけですが・・・本当に心から良いと思ってます?と意地悪な質問を投げかけたくなるくらい、私はイマイチ。勿論、その中で良いなと思う作品は幾つかあります。造形的に感覚的に素直に美しい作品もたくさんありますし、「ゲルニカ」の表現力とかが、類稀なものであることは理解できます。今回も、「ギター」や「鏡の前の女」など、色調の美しい作品は、何とも言えない味わいがありました。
イメージ 1
存在感と美しさのある「鏡の前の女」


 しかし、そもそもセザンヌの「自然を円錐と、円筒と、球体で捉えること」とか、キュビズムが目指した「風景も、人物も、家も、すべてのものを幾何学的図形に、立方体に還元する」とか・・・
正直、何を言ってるかわかりまへん・・・

 いやいや、言葉の意味がわからないわけではないんです。しかし、感覚的に理解ができない。三次元の現実世界を、絵画の二次元世界に再現しようということを究極的に追い求めた結果、そういう姿に行き着いていく、ということが。ものすごく体質的・感覚的に、自分とは遠く隔たったものを感じてしまうのです。

 非常に男性的だなーとも思います。(別に私が女性的な人間でもないけど)物事の真の姿を、理知的に分析的に積み上げていこうとする、そしてそれを偏執的にまで突き詰めていくやり方が。私だったら、彼らの一万歩手前で「もういいじゃん」と言ってしまうでしょう、、、しかも、はっきり言って、余りに理屈を積み上げて積み上げて、結局こんなにも現実からかけ離れた形態に辿りついてしまうのも男性的という気がします。でもそれが、新しい想像力を生み出す源でもあるわけですよね。

 そんなこんなで、超文系でいいかげんな私は、今回もやっぱり、ピカソやブラックの絵の前で「なんでそこまでしちゃうかなー」という気持にさせられてしまったのでした・・・何となく気圧された感じで通り過ぎて歩いていくと、パウル・クレーのコーナーが始まり、ほっとしました。

 クレーは嫌いではなかったけど、まとめて作品をちゃんと観たことがありませんでした。今回ちゃんと作品を観て、ほんとに素晴らしかった!!この色調は、実物を観ないと中々良さが伝わらないな、と思いました。「ピランブ近くの風景」や「リズミカルな森のラクダ」など、淡い色調はほんとに美しい。
一人の人間の心だけで、こんなに美しいとりあわせがつくられるなんてと、ため息が出ます。
イメージ 2
まさに音楽的なコンポジション「リズミカルな森のラクダ」

 それから、今回初めて知ったのは、クレーの作品に意外とエキゾチックな要素が濃いということ。何でも、クレーがこの豊麗な色彩の使い方に目覚めたのは、チュニジアに旅行に行った時からだそうです。だからでしょうか、直接それらの風景から触発された「赤と白の丸屋根」などのほかにも、「黒い領主」や「異国風の響き」「短形と半円」など、どこか色彩や雰囲気が北部アフリカや中東風のエキゾチックさがありました。
イメージ 3
「赤と白の丸屋根」
イメージ 4
抽象画なのに叙情的な「短形と半円」

 クレーは音楽をこよなく愛したそうですが、きっと茶目っ気のある、粋なセンスをもった人だったのではないでしょうか。作品のタイトルの面白さが、それを忍ばせます。今回、誰もが足を止めてくすりと笑っていたのが、「直角になろうとする、茶色の△」「頭と手と足と心がある」などの作品。どちらも、「まさにそのとおり!」という感じ。タイトルの言葉の響きが、絵の中にさらにリズムや生き生きとした感じを与える、なかなか心憎い演出ではありませんか。
イメージ 5
真ん中のハートがニクい「頭と手と足と心がある」

 ピカソとクレー以外の作品で印象的だったのは、ドイツ表現主義のフランツ・マルク「3匹の猫」とシャガールの「祝祭日」という作品。前者は、独特の暗い色調と強い赤や緑のコントラストが美しく、不気味さとスタイリッシュさと力強さが同居している感じが素晴らしかった。後者は、シャガールにしては珍しく単調な灰色っぽい色調の絵で、シャガールっぽい幻想的な感じと、他の彼の絵よりもシュールな感じが見事にマッチしていて面白かったです。
イメージ 6
色も形も面白い「3匹の猫」

 とにかく、鑑賞するときには余り考えず、論理的なことも抜きにして、自分の感覚で作品を好きなように観る。観終わってから、色々な印象や雰囲気を自分の中で咀嚼してみる、、、最近そんな自分なりの鑑賞方法ができてきて、前よりも美術館に行くのが楽しくなって来ました。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

私もピカソはよくわからないんです。スペインに住んでいながら諸事情で行動範囲が極端に限定されているのでマラガのピカソ美術館も行ってみたいけれどいつになるか。バルセロナのピカソ美術館でピカソの幼少のころのスケッチとか油絵の作品を見ました。

すごい才能の持ち主ではある。でも彼の絵からなんの音楽も聞こえてこない。クレーやシャガールが心のときめきを色や線で表現したのと違って、いつも自己否定しているようで。わたしは超感覚人間なので、彼の芸術的哲学がわからないのでしょうが。

2008/11/2(日) 午前 1:48 Maximiliano 返信する

美術館に行くと時間が止まったような、異次元の世界に迷い込んだような感覚になります。
最近では知り合いが入選したと言うので、二科展を見に行ったくらいかな〜

2008/11/2(日) 午前 6:02 トムたんmama 返信する

Maxiさん
そうなんですよ〜
私も超感覚人間なので、ピカソとか思考体系が違い過ぎて・・・
西欧合理主義の根幹は「自己否定を繰り返すことだ」と
何かの本で読みましたが・・・合理的でない私には
ついていけないのかも。
それにしても、日本人の趣向とも大分違う気がするのに、
日本でピカソが人気があるのはどうしてなんでしょう?

2008/11/2(日) 午前 11:56 [ るみ ] 返信する

トムたんママさん
知り合いの方の絵を観に行くっていうのも素敵ですね〜
美術館は苦手だったんですが、最近楽しくなってきました☆

2008/11/2(日) 午後 1:29 [ るみ ] 返信する

るみさん、クレー、私も好きなんです。
「クレーの贈り物」っていうタイトルの画集も持ってるんです。(吉行淳之介やヘッセ、リルケの文章付き、お得でしょ^^?)
「リズミカルな〜」「頭と手〜」は始めてみました。美しい・・。
ピカソは確かに「私はその良さが分かりますよ」って顔しないとマズイんじゃないかって思わせるものがありますよね(笑)

2008/11/2(日) 午後 9:43 [ reona678 ] 返信する

reonaさん
「クレーの贈り物」、早速今AMAZONで探してみたんですが
見つからず・・・すごく素敵そうな本ですね。
ピカソは「分かりますよって思わなきゃ」とゆう先入観も
自分の中にあるのかもしれません。そのせいで楽しめてないのかも。
何事も素直な気持で向かわないとだめですね(笑)

2008/11/2(日) 午後 11:17 [ るみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事