ここから本文です
『港と船と汽笛と、そしてボク』
あの船に乗ったらどこに行けるの?…ふと少年のボクが顔を出す「銅羅、汽笛、歓送演奏、人々の歓声」これは港と船の風景音、画像のブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事