身の丈に合った、ちょうど良いのが、ぴったり。

自由と、寂しさは、同じ顔をしている双子だったの・・・♪♪。

全体表示

[ リスト ]

 
    親父さんは、今年の10月で88歳になった。
 
        かなり体力も衰えた。
        歩いたり、トイレなどの不自由は無いが、
        仕事は、出来なくなった。   ・・・やむ終えない。
 
 
       ↓親父さんが植えた杉の木は、
 
イメージ 1
     
 
    40−50年の年月で、見事に成長。 
         でも、・・・市場が安くて、売れない。
         HCの木材は、高いのに・・・?。
 
イメージ 2
 
   
     ↓ 根本が、 ・・・・太い。
           樹皮が、ムクムクと、皮を脱いでいる。元気な証拠。
 
イメージ 3
 
 
     ↓まっすぐだ。  無駄な枝が無い、先には四方に枝がある。
        間伐(まびき切り)時に、残した木の
        枝打ちをしてやると、陽が入りいい木に成る。
 
イメージ 4
 
 
     ↓ ご近所さんの木は、細い。中には立ち枯れの木も・・。
      互いに邪魔をし、モヤシ状態である。
      継承者が居なかったり、技能者が居なかったり、引越ししたり・・、
      植えるだけ植えて、手入れ(間伐・枝打ち)をしなかったから。
        
      枝が残り、柱にした時の節を考えると、利用価値が無い木である。
      それでも、植物は南の太陽の側にのみ、枝を出し野生化している。
      曲がった木になり、日光も地面に届かず、下草さえ生えていない。
      荒れた山は、死んでいるも同じだ。
        
イメージ 5
 
    親父さんのお陰で・・・、
        我家の山林は、大きく成るを待つだけに、手入れを終わり、
        他の家の山林とは、一目瞭然、木の価値が違うまでに育った。
 
    親父は、自分が植えた木を切るに立ち会うことは、無いだろうな・・。
        可愛そうだが、杉やヒノキとは、次の世代にしか切れない。
           売れない現状では、放置しているものと、
        変わらないのかも知れないが・・・。
 
    手入れが出来ている、元気な木や山は、水分を蓄え、
        自然の生業をうまく循環させている。
        災害も少なくなる。  ・・・大切にしたい。

この記事に

開く コメント(8) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事