田中謹也(視力回復法)を子供にですか?ルイママ日記

田中謹也先生の視力回復法は、有名なスポーツ選手もやってるらしく、 2ヶ月くらいでかなり視力が回復するのだそう
田中謹也先生の視力回復法は、有名なスポーツ選手もやってるらしく、
2ヶ月くらいでかなり視力が回復するのだそう。

1日13分分やればいいらしい。
6年で987名の子供の視力を0.8以上に回復させたのだとか。

実際にはどうなることか。うちの子、やってくれるかなぁ...
やってみて思ったことや感じたことなどを書いていきたいと思います。
まずは、ここから







この記事に

1日13分、たった二か月で視力を0.3から1.2までアップさせた方法だ。視力をそのまま維持する方法も公開している。「お茶の水ハカセ」や「エチカの鏡」でも紹介されたトレーニング方法だ。視力回復教材ランキング1位獲得。

遺伝だから仕方ないと思っていても悪くなるのを待つのが嫌という人にかなりお勧めの方法です。高額なお金をかけることなく効果が得られる。9割以上の子供の視力を0.8以上に回復してきた実績がある。

試行錯誤の上たどり着いた答えを形にしたのがアイトレーニングコンプリートパックでNPO「 日本 視覚機能向上 研究所 」の 人体メカニズムに対する研究と、数多くの 実験・検証 を 繰り返した末に完成科学的トレーニングプログラムだ。

アイトレーニングの特徴は「ヒモ」と「ビーズ」を用意するだけで毎日楽しく続けることが出来るという点だ。両目の動きが正常か否かを自己診断することができ、弱い部分を 鍛えることができる。両眼を正しく使うことで距離感を読むことができ、しかも、空間距離を正確に把握することができる。

効果の高さから“ プロ野球選手 ”や“ プロボクサー ”などの プロスポーツ選手もトレーニングに取り入れているほどだ。だが残念ながら弱視、斜視はこのトレーニングの範疇外のようだ。

ステップ1「最大の効果を発揮するための準備」ステップ2「視力をみるみる回復させるトレーニング(就寝前に2分だけ行う)」ステップ3「回復した視力を維持するトレーニング(朝昼晩3回×約3分)」これらのステップを実行していけば二か月後には子供の視力も回復し黒板の文字がはっきりと見えるようになったと実感する。

マニュアルには「効果がみるみる実感出来る視力回復トレーニング方法1種類」と「回復したその視力を維持するためのトレーニング方法3種類」が公開してあり毎日13分費やすことにより子供が無理なく実践出来る内容となっている。一回20〜50万といわれる視力回復手術(レーシック)や視力回復センターに通うことなく視力をあげられるようになる。

子供の視力をより確実に回復するために先着200名に限り特典がついてくる。内容は「視力チェック表、自宅トレーニングチェック表」自宅にいながら簡単に視力がチェックでき毎日のトレーニングの成果の確認と視力低下の早期発見になる。自宅で視力が測れるよう視力チェック表(ダウンロード版)もついている。「トレーニングシート3枚、眼にいい食品表」もついているので参考に出来る。そして視力回復グッズの「ブロックストリングス」トレーニンググッズだがこれを使ってトレーニングすれば視力がみるみるうちによくなる。

他の特典に「よくある質問Q&A」「トレーニングフォローメルマガ」購入した翌日から、より効果的にトレーニングする為にメルマガを3ヶ月間、配信している。途中であきらめたりしないようしっかりフォローする姿勢だ。「三か月の無料メールサポート」わからない事などメールで連絡すればサポートしてくれる。「更新時バージョンアップ版贈呈」新たにマニュアルをバージョンアップした際には、購入者のに無料でマニュアルを贈呈、最新の情報も手に入る。但しダウンロード版となる。

マニュアルの中で紹介している視力回復トレーニングは、どれもお金と時間をかけずにできる、非常に簡単なもので、勉強や読書の合間に数分程度行ったり、寝る前に2分ほど実行するだけだ。指示通りにやってみて全く効果がなかった(視力0.1も上がらなかった)場合は、購入した日から180日以内であれば、 マニュアルの購入代金を返金してくれる。


>> 田中謹也(視力回復法)のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事