幻のロシア・ソ連艦艇と艦載兵器

すべて表示

幻の前進翼艦上戦闘機Su-27KM(S-37ベルクト原案)

スホーイ試作設計局が1990年代に開発した試作前進翼戦闘機S-37(Su-47)ベルクト
(1997年9月25日初飛行)
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8

ソ連邦解体(1991年)後に登場したベルクトですが、同機の開発は、ソ連邦時代の1980年代初頭に遡ります。

1980年代初頭の計画開始時のベルクト
Su-27KM(Су-27КМ)
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
元々は、ロシア(ソ連)海軍の空母艦載機として計画されました。
スホーイ試作設計局は、この計画に対応してSu-27の艦載機型を計画していました。
 
しかし、1970年代に計画された「原子力空母」計画は、全て国防省やソ連邦軍上層部に「撃沈」され、1980年代初頭に建造が認可されたのは、スキージャンプ台を備えた「重航空巡洋艦」プロジェクト11435/11436(アドミラル・クズネツォフ型)の2隻でした。
 
当然ながら、この「重航空巡洋艦」はアメリカ空母に比して寸法が小さく、これに伴い、搭載機数も少なくなっていました。
しかもSu-27は大型双発戦闘機であり、主翼と水平尾翼を折り畳んでも、格納庫に収容出来る機数は限られていました。
 
Su-27Kと同時期に、より小型の戦闘機であるMiG-29の艦載機型も試作されていましたが、同機だけでは制空・防空能力が不足すると考えられていました。
 
この問題を解決する為には、主翼をコンパクトに折り畳める大型戦闘機を新規に設計する必要があるとスホーイは考えました。
そこでスホーイが目を付けたのが、前進翼でした。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
当時、ソ連でも前進翼機の研究は進められており、これを艦上戦闘機で初採用しようとしたわけです。
 
1980年代初頭、Su-27KMの設計がスタートしました。
名称こそSu-27Kですが、全く新規設計の機体でした。
 
前進翼は、以下のような長所をもたらすと考えられました。
・低速域での空力効率が増加
・揚力の増加
・亜音速での航続距離の増加
・亜音速での良好な操縦性
・着陸距離の短縮
・低速度の失速
・アンチスピン性能の改善
・機体容量の増加

「重航空巡洋艦」アドミラル・クズネツォフ型2隻が起工された後、1980年代後半には、拡大型で蒸気カタパルトを備えた「原子力重航空巡洋艦」プロジェクト11437(
ウリヤノフスク型)の建造が決定され、1988年に1番艦が起工されました。
Su-27KMは、プロジェクト11437の艦載機としても期待されました。
 
Su-27KMのエンジンは、二次元推力偏向ノズル付きのRD-79M(アフターバーナー使用時推力17.500kg)2基となる予定でした。
このエンジンは、一足先に開発が進められていた垂直離着陸艦上戦闘機Yak-141の推進用エンジンと同系列のものです。
 
しかし、1989年5月、ソ連軍事産業委員会は、Su-27KMの開発中止を決定しました。
こうして、ソ連(ロシア)海軍の前進翼艦上戦闘機は幻と消え、Su-27Kが量産される事になりました。
 
その後、ソ連邦は解体され、ソ連海軍の「空母」も幻と消えましたが、スホーイ設計局は、自力で前進翼戦闘機の開発を続行、艦載機としての機能を省き、要撃戦闘機MiG-31のエンジンD-31F6(アフターバーナー使用時推力15.500kg)を搭載した試作機が完成し、1997年9月25日に初飛行しました。
艦上戦闘機Su-27KMとして計画がスタートしてから約15年が経過していました。
 
これが、S-37「ベルクト」です。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
『軍事研究』1998年5月号ミリタリー・ニュース
「ロシア海軍-S37先進機は単なる実証機か」より抜粋。
 
・ロシア人は同機に言及するのをためらったが、S37、またの名ベルクートの派生型が初めて、そしておそらくロシア海軍の作戦主体となるという西側の見方を崩せなかった。

・スホイ設計局長ミハイル・シーモノフも同機は海軍の要求に合わせたものとすることに反対したものの、結局はロシア空母における役割を果たすことを認めた。
・ロシア空軍関係者は、1997年10月のモスクワ郊外ジューコフスキー飛行テストセンターにおけるS37特別実証デモ飛行に臨席しなかった。しかしロシア防空軍と海軍の両代表は出席した。
・1980年代初期に空母との適合性をテストされたMiG-23変型機、その他の航空機に対して、FSW(前進翼)タイプの機をロシア海軍が評価したものと、JDW(ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー)は見ている。

 
もともとは海軍の艦上戦闘機として計画された機体ですから、海軍関係者がデモフライトに臨席したのは当然でしょう。
 
なお、安彦良和氏のコミック『韃靼タイフーン』において、S-37ベルクトが空母に着艦するシーンが有ります。
 
これが、ベルクトの本来の姿だったのです。
 
 
日本では、Su-27KMは、Su-27K(Su-33)の派生型だと思われているようです。
 
>Su-27KM Su-33Mの別名称。
>Su-33M TVCを装備する筈だったが、実現していない。

『日本周辺国の軍事兵器』
[Su-33艦上戦闘機(フランカーD)]
>Su-27KM(Su-33M) スホーイが提案したSu-33の能力向上型。
>レーダーやアビオニクスを一新。エンジンには推力偏向装置を採用。
>本格的な対地・対艦攻撃能力が付与された多用途戦闘機となる予定であったが、不採用に終わった。
 
むろん、これは間違いです。

その他の最新記事

すべて表示

2020年代のロシア太平洋艦隊

2012/3/4(日) 午後 1:57

現在、 ロシア連邦海軍太平洋艦隊 が保有する主な戦闘艦艇は以下の通りです。 【カムチャツカ方面】 <潜水艦> 戦略原子力潜水艦プロジェクト667BDR(デルタIII級) ×3隻(1979-1982年就役) ...すべて表示すべて表示

現在、 ロシア海軍 向けの新世代フリゲート・ プロジェクト22350(アドミラル・ゴルシコフ型) の建造が進められています。 アドミラル・ゴルシコフ型フリゲート の構想は、ソ連邦時代の1977年にまで遡り ...すべて表示すべて表示

現在、 アデン湾 において海賊対処任務に就いている ロシア太平洋艦隊第7次海賊対処部隊 は、 インド洋 の セーシェル を訪問しました。 『ロシア通信社ノーボスチ』 英語版 より。 【ロシア軍艦はセ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事