全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

ロシア海軍黒海艦隊ノヴォロシースク海軍基地
(Новороссийская Военно-Морская База)

http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/21984872.htmlでも紹介していますが、
現在、黒海艦隊主要基地セヴァストーポリ(ウクライナ)に代わる海軍基地として整備が進められています。

セヴァストーポリの使用期限は2017年で切れてしまい、黒海艦隊は同基地から撤収しなればならない為
2012年を目処に、インフラ建設を進めているわけです。

今は黒海艦隊の「分家」ですが、10年後には、コチラが「本家」になります。


ノヴォロシースク基地整備の為、ロシア政府は、今年(2007年)から2012年までに123億ルーブル(約4億8000万ドル)を拠出。
その後、2020年までに、総計400億ルーブル(15億ドル)以上が拠出される計画です。


現在、ノヴォロシースク海軍基地を母港とする艦艇は、以下の通りです。

【第184水域警備旅団】
[第181対潜艦大隊]
小型対潜艦:053「ポヴォリノ」、054「エイスク」、055「カシモフ」

[第170掃海艦大隊]
海洋掃海艦:770「ワレンチン・ピクル」、901「ゼレズニャコフ」
基地掃海艦:426「ミネラルニィ・ヴォージ」、438「レイテナント・イリン」


この他、スヴェルドロフ級巡洋艦「ミハイル・クトゥゾフ」が、記念艦として保存されています。


"Google Earth"では、61型(カシン型)警備艦スメトリーヴイが見えますが、
同艦は、2006年8月、ノヴォロシースク海軍基地に回航され、同地の浮きドックでオーバーホールを受けました。


むろん2012年以降は、現在セヴァストーポリに駐留している艦艇(ミサイル巡洋艦モスクワとか)も、ノヴォロシースクに引っ越してくるでしょう。
(それまで在籍していれば、ですが・・・)


1991年12月末のソ連邦解体後、ロシアとウクライナの間で「黒海艦隊帰属問題」が出てきた時にも、
ロシア黒海艦隊はセヴァストーポリを去り、ノヴォロシースクに移転するのではないかという見方も有りました。

しかし、1993年、新任のロシア海軍総司令官第一代理(第一副総司令官)イーゴリ・カサトノフ大将は

「黒海艦隊はセヴァストーポリから移転する事は無い。ノヴォロシースクに移転するのは、"エコロジー的にも有害"である」

などと発言し、ノヴォロシースク移転を否定しました。
カサトノフ大将は、総司令官第一代理に就任する前に黒海艦隊司令官を務めており
ウクライナの圧力を受けてさんざん嫌な思いをしただけに、こういう事を言ったのでしょう。

その後、1997年にはロシアが今後20年間はセヴァストポリを使用できる権利を獲得し
ひとまず「黒海艦隊問題」は決着しましたが、言い換えれば、2017年以降は
セヴァストーポリ港を使用出来るかどうかは分からないわけであり、どのみちロシアは、
黒海艦隊を維持したければ、代替基地を整備する必要が有りました。

カサトノフ氏は、今でも、黒海艦隊がセヴァストーポリから去る事を良く思っていないようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/20124745.html



現在のノヴォロシースク海軍基地司令官は、セルゲイ・イワノヴィッチ・メニャイロ中将です。
(Вице-адмирал"Сергей Иванович Меняйло")

メニャイロ中将は、1960年8月22日生まれで現在47歳。
今年(2007年)6月7日、47歳の誕生日を迎える前に中将へ昇進しました。
ずいぶん若い提督ですが、近い将来、黒海艦隊司令官になるのでしょうか。


ところで、最近、一部で、ロシア海軍は、地中海沿岸のシリアのタルトゥース港に黒海艦隊基地を建設するなどと言われているが・・・
大金を投じてノヴォロシースク基地整備を進めているというのに、これ以上、新基地を建設する費用が何処から出てくるんだよ(笑)



ロシア海軍は、黒海艦隊だけじゃ無いぞ(笑)



[写真解説]
1枚目:ノヴォロシースク海軍基地
2枚目:警備艦スメトリーヴイ
3枚目:巡洋艦ミハイル・クトゥゾフ
4枚目:基地を査閲するノヴォロシースク海軍基地司令部要員
(先頭は、おそらく基地司令官セルゲイ・メニャイロ中将)
5枚目:巡洋艦ミハイル・クトゥゾフ
6枚目:小型対潜艦エイスク
7枚目:浮きドックで整備中の警備艦スメトリーヴイ
8枚目:海洋掃海艦ゼレズニャコフ
9枚目:ノヴォロシースク海軍基地のマーク

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ノヴォロシースク基地整備の為に総額400億ルーブルはすごいですね。これもオイルマネーかな。

黒海艦隊は地理的に見ても重要な艦隊でしょうし、冷戦時代ならいざ知らず、テロなどいろいろな問題を抱えている現在ではシリアのタルトゥース港よりロシア国内に主要な海軍基地があった方が良いのですね。 削除

2007/10/8(月) 午後 9:57 [ ビクター ] 返信する

顔アイコン

>ビクター様、どうも。
新世代戦略原潜「ユーリー・ドルゴルキィ」の建造費が230億ルーブルですから、
ほぼ戦略原潜2隻分に匹敵する費用が、ノヴォロシースク基地整備に投じられる事になります。

当初は、本稿の後に、タルトゥースを取り上げるつもりでしたが、
"Google Earth"でウラジオストクとバルチースクが更新されたので、後回しになります(^^;

2007/10/10(水) 午後 6:28 [ 高町紫亜 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事