全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

ロシアの新型ミサイル艇
プロジェクト12300「スコルピオン」
(Проект 12300 "Скорпион")

タランタル型ミサイル艇やナヌチュカ型ミサイルコルベットの後継という位置付けになりますが、設計のベースは、タランタル型です。

1番艇は、2001年6月5日にサンクトペテルブルク市のアルマーズ造船所で起工されました。

【プロジェクト12300「スコーピオン」】
満載排水量:465t
全長:56.7m
幅:10.8m
吃水:5.2m
主機:CODAG、3軸
(GTU-12ガスタービン×1基、M530ディーゼル×2基)
出力:25,000馬力
発電機:DGF2A 20(1,500kW)×2基
   DGF2A 100(1,500kW)×1基
速力:40ノット
航続距離:12ノットで1,500海里
連続行動日数:10日
兵装:オーニクス(ヤーホント)対艦ミサイル×4基
    A-190 100mm単装砲×1基
    コールチク(カシターン)近接防御複合体×1基
乗員:37名

主兵装である対艦ミサイルは、オーニクス(ヤーホント)の他、クラブやウランを装備する事も出来ます。


海外へも売り込まれていますが、現在のところ、何処からも発注は来ていません。

ロシア海軍も、2000トン級コルベット「ステレグーシチー」型は多数を調達する予定ですが、この「スコルピオン」の調達予定は有りません。

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

画像の模型ではミサイル発射基が見えないような気がしますが、
これは模型では発射基が乗ってないのか、それとも艦内に隠れてる設計でしょうか?
…単に自分が見逃してるのか?

スコーピオンと言えば、133計画艦のアンタレスとか
言う水中翼ミサイル艇も昔あった気がしますが、
あれっていつの間にか退役してたんでしょうか

2009/1/10(土) 午後 6:09 [ ふかきもの ] 返信する

顔アイコン

>ふかきもの様、どうも。
これは説明不足でした。申し訳ありません。

ミサイル発射筒は、艦橋の後ろに内蔵されるようです。

133計画艦は、これですね。
Патрульный катер(パトロール艇)
пр. 133 «Антарес»
http://legion.wplus.net/guide/navy/nk/tka/index.shtml
http://legion.wplus.net/guide/navy/nk/tka/133-1.jpg

これを見ると、ウクライナの国境警備隊に残っているようです。
http://forums.airbase.ru/2007/12/t58961,3--proekt-133-Antares-Muravej.html

2009/1/10(土) 午後 7:36 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

>シア・クァンファ様
対艦ミサイルは艦橋の後ろに内蔵ですか。
ありがとうございます。
道理で判らなかったわけです。

133計画艦は…ミサイル艇じゃなくてパトロール艇でしたか。
それにまだウクライナに残っていたんですか。
詳しい情報有り難うございます。

2009/1/10(土) 午後 10:10 [ ふかきもの ] 返信する

顔アイコン

>ふかきもの様、どうも。
水中翼ミサイル艇と言えば、こんなのが有りました。

プロジェクト1240小型ロケット艦MRK-5
http://flot.sevastopol.info/ship/mrk/mrk5.htm

1990年に除籍、1992年に解体されたとの事です。

2009/1/11(日) 午後 7:36 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

>シア・クァンファ様
なるほど、ミサイル艇はミサイル艇であったのですか。
有り難うございます

2009/1/12(月) 午前 11:23 [ ふかきもの ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事