全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

2006年、浮きドックPD-50でオーバーホール中の重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」
Тяжелый Авианесущий Крейсер
"Адмирал Флота Советского Союза Кузнецов"

場所は、ムルマンスク北東のロスリャコヴォ第82船舶修理工廠です。
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/2898851.html


[撮影時期]
1枚目:2006年5月13日撮影
珍しいスクリュー周りの写真

2枚目:7月1日撮影
飛行甲板のグラニト対艦ミサイル発射筒のハッチを開いた写真

3枚目:8月5日撮影
スクリュー周りの写真

4、5枚目:8月10日撮影
浮きドックを出渠



クズネツォフ機動部隊(艦艇航空グループ)は、昨年12月5日、大西洋・地中海遠征に出発し、
シリアまで行きましたが、現在は、既に地中海を出て大西洋を北上しています。

『ロシア空母「アドミラル・クズネツォフ」特設報道部』
http://rybachii.blog84.fc2.com/

帰港後は、この浮きドックで整備と修理が行なわれるでしょう。
(トルコ寄港中、火事で機械室が1室焼けているし)

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

これはまた、貴重な画像をありがとうございます。水から上がったクズネツォフ、て言うか、空母の画像もレアなら、スクリュー周りもレア。
1枚目が「before」で、3枚目が「after」ですか。どうやら、可変ピッチプロペラではないみたいですね。

しかし、あの馬鹿でかいグラニトのランチャーも、クズネツォフに載っていると小さく見えますね。

2009/2/16(月) 午後 8:29 [ bygzam_ma08s ] 返信する

顔アイコン

確かに珍しいですね、スクリュー周りって・・・

そしてグラニートはやっぱり大きいと実感できますな、ハッチが開いていると。 削除

2009/2/17(火) 午前 1:21 [ MASK ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。ここのブログは興味深くて色々見させて頂いております。
それで今回このページを見て思ったのですが、こうも写真に載っているということは、私聞くに潜水艦などのスクリューは重要機密と聞いておりますが、船の場合スクリューってそんなに機密性ないのでしょうかね?

それとスクリューのすぐ後ろにある4つの装置らしき物(なんとなく表現するとシャワーのノズルみたいに見えます)あれは何なのでしょうかね?

いきなりの質問で大変恐縮ですが、もしご存知であればお教えいただけると幸いです。 削除

2011/11/26(土) 午後 5:51 [ ckkss16 ] 返信する

顔アイコン

スクリューのすぐ後ろの装置については存じませんが、潜水艦のスクリューは静粛性と関わりが有る為に機密事項とされています。
海中に潜っている潜水艦は、音か磁気で探知するしかありません。
従いまして、騒音レベルに関連する事を知られるのは手の内を全てさらけ出すことになる。

しかし水上艦は目でも見えるし、電波で探知できますからね。

2011/11/26(土) 午後 8:09 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

なるほど納得です。有難うございました。 削除

2011/12/8(木) 午前 3:29 [ ckkss16 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
(スクリューのすぐ後ろにある4つの装置らしき物)は防錆のための犠牲陽極の金属片だとおもいます。
普通このようにスクリュー周りと、舵の回りに取り付けます。
普通は取り付けの関係上長方形なのですが、ロシア海軍は円形なのですね。勉強に成りました。貴重な写真ありがとうございます。

2014/8/3(日) 午後 11:22 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事