全体表示

[ リスト ]

2012年2月1日、フランスのサン・ナゼール造船所でロシア海軍向けのヘリコプター空母「ミストラル」型の1番艦が起工されました。

同日、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将から「ミストラル」型の最初の2隻の艦名が発表されました。


この事は、ツイッターの「軍事クラスタ」とかいう方々の間でも少し話題になっているようです。

1番艦の名前が直球過ぎてヤバいですね…

ミストラル級強襲揚陸艦「ウラジオストク」「セヴァストポリ」

見える!産経新聞が「これは、地名ではなく、文字通り東方を支配するために太平洋艦隊に送り込まれた」とか無用に大騒ぎする未来がw

象徴的な艦にストレートな名前を付けて来た感じですが、伝統的な艦名ですしおすし。



新たなミストラル型の「ウラジオストク」を除き、これまでに、ソ連/ロシア海軍で「ウラジオストク」と命名された軍艦は2隻存在します。
意外に少なかったりします。
しかも、初めて命名されたのは、1960年代になってからでした。


<初代「ウラジオストク」>
プロジェクト1134ロケット巡洋艦(クレスタI級)

イメージ 3

1964年12月24日、レニングラード(現サンクトペテルブルク)市のジダーノフ名称記念造船工場(現セーヴェルナヤ・ヴェルフィ)で起工
1969年8月1日進水
1969年9月11日就役、赤旗2度授与バルト艦隊編入
1969年10月1日、赤旗北方艦隊転属
1970年、赤旗太平洋艦隊転属

1988年9月28日から1990年4月23日までウラジオストク市ダーリ・ザヴォートでオーバーホール。

1990年4月19日、海軍総司令官は本艦の除籍を決定。
1991年1月1日、兵装撤去開始
1991年6月1日、スクラップとしてオーストラリアに売却

というわけで、約20年ほど在籍しました。

<2代目「ウラジオストク」>
プロジェクト1134B大型対潜艦(カーラ級)

イメージ 4

当初の艦名は「タリン」
1975年11月5日、ウクライナの61コムーナ造船工場(ニコラーエフ北造船所)で起工
1976年11月5日進水
1979年12月31日就役
1980年3月28日、赤旗太平洋艦隊編入
1990年8月9日、「ウラジオストク」と改名
1994年7月5日除籍
1997年6月、スクラップとしてインドへ売却

2代目は短命でした。
(「ウラジオストク」としては1990年8月9日から1994年7月5日までの4年弱しかない)
しかも、「ウラジオストク」と改名されて以降は外洋に出る事もなく、ウラジオストク港内に係留され、錆び付き、傾斜したまま放置されました。

イメージ 5

「タリン」改め「ウラジオストク」は、日本の軍事評論家とも関わりが有ります。

1989年8月、田岡俊次氏は、西側の報道陣への公開演習を行なった「タリン」に乗りました。

1991年8月、『世界の艦船』編集長・木津徹氏は、ウラジオストク港内で係留されたまま錆び付き、傾斜した「ウラジオストク」を見ました。
(この時、木津徹氏は同型艦の「ペトロパブロフスク」に乗って取材した)



そして3代目「ウラジオストク」は、フランスのミストラル型指揮・戦力投射艦になります。
ロシア海軍向けのミストラル型1番艦は2012年2月1日に起工され、2014年就役予定です。

イメージ 2


なお、日本では、ウラジオストクは「東方を征服せよ」という意味だと思われていますが、全くのデタラメです。

イメージ 1


ウラジオストクという名は,「東方を征服せよ」という意味

姉妹都市に対し、これは失礼でしょう。

・・・・少し、頭冷やそうか・・・・


ウラジオストク(ウラジヴォストーク)Владивосто́кの「ヴォストーク」(восто́)кは「東方」という意味ですが、「ウラジ」(владеть)は「所有する」「支配する」「領有する」「上手である」「堪能である」といった意味であり、「征服」などという意味は有りません。
ついでに書くと、「〜せよ」といったニュアンスの言葉でもありません。

ちなみに、「征服」はзовоевать(征服する、侵略する、獲得する)です。
「支配」にしても、владеть以外に、господствоватьという単語もあります。
というか、むしろгосподствоватьの方が「支配する」「統治する」という意味合いが強いですね。


ですから「ウラジオストク」は、直訳すれば「東方の所有地」といった意味しかないのです。

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

>「ウラジオストク」は、直訳すれば「東方の所有地」といった意味しかないのです。

勉強になります!傑作!

2012/2/5(日) 午後 9:04 [ 小窪兼新 ] 返信する

顔アイコン

>見える!産経新聞が「これは、地名ではなく、文字通り東方を支配するために太平洋艦隊に送り込まれた」とか無用に大騒ぎする未来がw

まあ、どっかの国の揚陸艦みたく『イトゥルップ(択捉島のロシア側呼称)』とか、『クリリスク(現在の択捉島最大の都市)』なんて命名されたら、シャレにならんでしょうけど(^^;。

2012/2/6(月) 午後 9:33 [ bygzam_ma08s ] 返信する

顔アイコン

ロシア海軍には都市名(地方自治体名)を付けた艦が多いですが、艦名の元となった地方自治体は、その艦に対して何らかの支援を行なうのが慣例です。
言い換えれば、ロシア海軍の艦艇(或いは潜水艦)を支援できる程度の財政的な余裕が必要という事になります。

人口1700人弱のクリリスク町に、そこまでの余裕があるかどうか・・・

2012/2/7(火) 午後 6:44 [ 高町紫亜 ] 返信する

顔アイコン

調べてみたところ、人口1700人というと、東京都では神津島くらいですね。23区にさえ遠く及ばない……。
さすがにこれでは、排水量2万トン超のヘリ空母の支援なんて難しいでしょうね。

連邦崩壊後に『リガ』や『トビリシ』といった艦名が変更になったのも、支援が見込めなくなったからなんでしょうか。
ソビエト時代は、各都市からの支援の慣わしはなかったかもしれませんが。

2012/2/8(水) 午後 7:35 [ bygzam_ma08s ] 返信する

顔アイコン

「リガ」と「トビリシ」に関しては、ソ連邦からの分離独立運動が盛んになっていた共和国の首都名だった事から、「ソ連邦海軍」の艦名としては不適当であると当時のソ連国防相(反ゴルバチョフのクーデターにも参加したヤゾフ元帥)が判断したらしく、国防相命令により改名されました。
「バクー」「タリン」も同時期に改名されています。

2012/2/8(水) 午後 8:44 [ 高町紫亜 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事